盗聴器調査

盗聴器調査業者比較 目安料金について 40平米のお部屋で盗聴器調査をご依頼いただいた際にかかる費用の目安となります。

検索結果
7社のうち1 - 7件を表示

▼特徴で絞り込み

生活110番おすすめサービス

あなたの不安を私たちが解消します!

盗聴器・盗聴発見器共に電気屋街に行きますと1万円程度で購入できますが、周波数や10cm以上近づいても作動しないものもあり、あまりおすすめではありません。是非プロの盗聴器発見サービスをご利用ください。 続きを読む

SDI探偵事務所

年間300件解決の豊富な経験と圧倒的調査力で対応いたします!

初めまして。SDI探偵事務所グループです。皆さんの中で日常生活を過ごしていて、何か不安に感じたことはありませんか?例えば「家族でしか知らない内容なのに、あの人は知っていた」といったケースなど。もしかしたら、室内に盗聴器が仕掛けられているかもしれませんよ! 盗聴器はその名のとおり、室内の音を盗み聞きする機械。テレビドラマなどで知った方は多いかもしれま... 続きを読む

関連リンク
盗聴器調査

総合探偵社ヴェリテ

盗聴器・盗撮器の調査は実績豊富な弊社へお任せください

盗聴・盗撮の可能性、何か思い当たる事はありませんか?誰かに見られているような気がする。何故か自分しか知りえない事を、第三者が知っている。家(部屋)の近くに不審な人や車を見かける様になった。金銭や人間関係でトラブルを抱えている。最近いたずら電話が頻繁にかかってくる様になった。電話中やテレビを見ている時に、雑音やノイズが入る。最近引越しをしてきた。... 続きを読む

関連リンク
盗聴器調査

北海道リサーチサービス

有資格者が対応いたします!盗聴器調査はおまかせください!

【盗聴器の入手は困難ではありません】 北海道リサーチサービスは探偵として幅広く調査を行ってきました。その中で盗聴器調査の経歴も長くあります。皆さまも被害を受けているかもしれませんのでお気を付けください。「自分は被害に遭わないだろう」と思っている方ほど、盗聴器の被害を受けてしまいます。意外かもしれませんが盗聴器の入手は難しくありません。1年間に数十... 続きを読む

関連リンク
盗聴器調査

株式会社シップ

対応エリア:
北海道 / 東北 / 関東 / 北陸 / 東海 / 関西 / 中国・四国 / 九州  
所在地:
東京都中央区八丁堀4-11-7アライビル6F

盗聴・盗撮にお悩みなら盗聴バスターズへご相談ください

「もしかしたら盗聴されているかもしれない」こんな気持ちで、貴方のストレスは溜まってませんか?元々「日本は治安が良い」という声がありましたが、近年、日本でも一歩外に出ればその陰りが出始めていますので、せめて家の中くらい、安心して何も考えず過ごせる居場所が必要です。 しかし、もし盗聴・盗撮をされていると、安心して暮らすことは出来なくなってしまいます... 続きを読む

関連リンク
盗聴器調査

ガルエージェンシー株式会社 栃木中央

弊社の調査スタッフが徹底した盗聴器調査で探しますのでご安心ください!

【もしかしたら仕掛けられているかも?】 盗聴器は他人事ではなく、もしかすると自宅に仕掛けられているかもしれません。理由は色々とあります。ただの面白半分であったり、何かしらの犯罪のためであったりするかもしれません。しかし、どちらも皆さまの生活音が相手に伝わっていることに変わりはないのです。こうした被害を防ぐためにも、おかしいなと思うことがありまし... 続きを読む

関連リンク
盗聴器調査

株式会社オブザーバー 人探しネット

盗聴器調査は『株式会社オブザーバー 人探しネット』に任せてください!

当社は、上野駅で一番古い探偵事務所になります。料金表を明示し、お電話で十分に事情を聴取させて頂き、お見積り書を作成致します。 追加料金が一切かからない契約形態だけでなく、事情と情報量によっては、完全成功報酬制(所在が判明後、代金が発生)といった契約形態も可能としております。これは、調査力に相当な自信が無ければできることではありません。 【盗聴器... 続きを読む

関連リンク
盗聴器調査

生活110番おすすめサービス

あなたの不安を私たちが解消します!

盗聴器・盗聴発見器共に電気屋街に行きますと1万円程度で購入できますが、周波数や10cm以上近づいても作動しないものもあり、あまりおすすめではありません。是非プロの盗聴器発見サービスをご利用ください。 続きを読む

盗聴器調査業者をエリアから探す

盗聴器調査に関する、みんなの暮らしの知恵袋

盗聴器調査について

  • 盗聴器の設置件数は増加傾向にあります

    一昔前のミステリーなどでは定番であった盗聴器、どうしてもその存在を架空のものとして考えてしまいがちですが、近年ではそれがフィクションの境界を越えて私たちの日常へと入り込んできてしまっています。その数は年々増加傾向にあり、値段も安価な物が多く流通しだしているようです。インターネットの普及で時と場所を超えた商いが可能となり、その簡略化されたスタイルは盗聴器のような特殊な品さえも安易に入手できるようになってしまいました。技術革新の普及というメリットは同時にどのような人物でもそれを利用可能ということですから、裏側でこのようなデメリットが発生してしまうことは仕方のないことなのかもしれませんね。その危険性は年々上昇傾向にあって、ある盗聴器調査の結果、警察署にて盗聴器が発見されたという事実が確認されているようです。平和の象徴である警察署の包囲網を掻い潜り、そこに盗聴器を設置するということは生半可なことではありません。それがどのような人物であるかは執筆段階では明らかになっていませんが、それにしても国内で最も安全であると言えそうな警察署内での盗聴器の発見はとても恐ろしいものですね。守ってくれる警察官が多数在中している環境でそのような事態ですから、それがない私たちの住まいはそれ以上に危険なはずです。万が一目をつけられてしまったら、容易に設置されてしまうかもしれませんね。女性の方ですと、ぬいぐるみがお好きだという方も多くいらっしゃると思いますが、そこでの盗聴器発見は可能性として十分にあり得ます。不安な方は一度盗聴器調査を依頼してみるといいかもしれませんね。個人宅以上に、企業内部に設置された場合はその機密が漏洩してしまうリスクも孕んでいます。ここ最近はアメリカ、政府機関、大手企業での盗聴被害が多く話題に取り上げられ出していますが、むしろ今まで報道されていなかっただけで昔から被害は多数出ていたという説もあります。みなさんの周りでも話題に挙がっていないだけで、実は盗聴被害が起きていたなんてこともありえるかもしれません。現代社会において情報の漏洩が命取りになることは周知の事実だと思います。その一方で、情報漏洩のリスクに比例した対策が行われているかというと疑問が沸きます。起こってしまったら大変なことになるというのはみなさんご存知のはずなのに、どうしてその警戒を怠ってしまっているのでしょうか。どこかで、自分は大丈夫という安易な安心感を抱いてしまっていることが理由なのかもしれません。平和で素晴らしい日本ですが、ここらで気を引き締め直す必要があるでしょう。認識について、改めてみてください。

  • 盗聴器が仕掛けられやすい物・場所とは

    技術革新は多くの恩恵を私たちにもたらしてくれましたが、一方で犯罪に対する助長効果も存在し、より高度な手口によって私たちの生活を脅かすことになりました。その例の一つが盗聴器で、近年では小型で高性能という非常に厄介な代物がインターネットによって簡単に手に入るようになってしまいました。代表的な技術革新による助長は携帯、PHSの普及で、これは盗聴界では革新的な意味を持ち合わせたようです。情報伝達の種類が豊富になり、手軽に行えるようになった背景の代表的な犠牲と言えますね。また、盗聴器のほとんどは驚くことに電池を使わないタイプが多いらしく、不都合で故障しない限りは半永久的に稼働し続けるようです。賃貸の場合は前の住民に設置された盗聴器が発見されることもあるようで、思わぬところからとばっちりを受けるリスクが懸念されます。大別すると電話保安箱に設置されるタイプ、コンセントの偽装品として設置されるものが多いようで、容易な設置が可能なことから思わぬ瞬間での被害が生まれます。電話線にコードとして挿入するタイプも存在し、これは通話内容を盗聴者に筒抜けにする役割を持ちます。ドラマのようなことですが、ぬいぐるみの内部、机の裏側なども盗聴器が多く発見されるポイントで、侵入する必要のない郵便受けもその対象となりやすいようです。一方でそのような場所ですと、電力を拝借することができないために電池の必要な時限タイプと呼ばれる場合がほとんどです。盗聴者が取り換えない限りは一定の期間後にその効力を失いますから、電池不要な半永久発信タイプと比べると長期的な危険性は低いと言えます。ただ、その分盗聴を行うリスクが軽いというメリットがありますから、何か違和感をもった場合には盗聴器調査を考えてみるといいかもしれません。傾向としては、どこかに隠されるか、あるいは何かに偽装しているということが多いように思えます。隠されている場合は思わぬ状況で盗聴器を発見できるかもしれませんが、偽装の場合は個人ですと判別が難しいかもしれませんね。だからといって諦めることは得策ではありませんから、ある程度の知識を学んでできる限りの対策を講じていきましょう。きっとそれはご利用者様の身を守るのに役立ちますし、有事の際に業者へと依頼する場合に円滑な依頼が可能となることでしょう。今や情報を制する者が有利な社会ですから、特に企業関係の情報については強固に守れるようにしたいですね。個人での盗聴器調査もいいですが、意外な箇所に設置されていることがほとんどですので、やはり念には念を込めて業者へと依頼することが推奨されます。

  • 盗聴器の目的、動機について

    今や情報が資源と同じくらいの価値を持ち、それの機能によって回っている高度情報社会の日本ですから、それを奪うために盗聴が行われるのは当然と言えば当然の流れです。構造としては万引きやスリと全く同じですね。価値の向上によって強奪の対象が変わっただけで、行われていることは繰り返されているのです。ですが、媒介や対象が変わっているということですから、その強奪方法、対処法、動機や目的に関しては若干の違いが出てきています。特に最近多いのが個人的な恨みや興味で、安易な考えのもとで行われる盗聴が増えているようです。万引きに関しても商品の奪取以上に個人的な興味での犯行は昔から多く発生していましたが、相手が個人ということで恨みでも行われるようになったということは注目に値します。対人関係に関してはどうしても盗聴器調査の業者では判断しづらく、ご利用者様の普段の行動から推測したいものですから日々誰かに恨みを買っていないかなどを確認しておくといいかもしれませんね。厄介なのが企業に対して個人が盗聴器を設置することです。因果関係が希薄していることが多いために対象の特定が困難で、厄介な事例と言えるでしょう。もちろん、対立派閥やライバル会社などが企業機密を狙ってくることも考えられ、顧客情報や新製品の情報がそれらのメインターゲットとなってくると思われます。承知の上だとは思いますが、盗聴器は皆様が思っている以上に安易に入手が可能で、設置も安易に行うことが可能です。誕生から現在までの過程で大きな進化を遂げているためにその性能も非常に高いです。決して軽視することがないよう、入念な警戒を行ってください。先述の通りちょっとした興味によるマニアの盗聴もあり、インターネットという晒し場がある点からも考えて認識を改めるべきと言えるでしょう。ストーカーや恋人間でのトラブルによる盗聴はリベンジポルノとして使用される恐れもあり、特に女性の警戒が求められます。既婚者の場合は浮気調査などで盗聴器を仕掛ける方もいて、早期の盗聴器の発見ができなかった場合には重要な情報を奪われたことによって裁判で不利な状況に追いやられてしまうかもしれません。いずれにせよ、実感がわきにくい分どうしても行動しづらいですが、ご利用者様の不利な方向へと働いていくことは間違いありません。違和感を覚えたら、あるいは絶対に漏洩したくない機密を保持している場合には、石橋を叩くつもりで盗聴器調査を依頼してみてはいかがでしょうか。早期での発見はダメージを最小限に抑えてくれますから、ぜひ一度検討されてみてはいかがでしょうか。

  • 盗聴器が設置されている兆候について

    大体の現象において、物事にはその兆候とも言える現象が私たちに異常を知らせてくれることがあります。例えば病気であったなら頭痛や吐き気などの些細な体の異常で、天気であるのなら燕が低空飛行を行う、地震前であったならナマズの異常行動、といったシグナルともいうべき警報が次に発生する事象を予告しているのです。何か一つ変化が起これば、それに影響を受けていた何かが通常とは異なった動きを見せることは至極当然のことであって、むしろそのポイントさえ押さえておけばその事象をあらかじめ対処するといった芸当も十分に可能でしょう。それは盗聴器も同じことが言えて、事前に知識を蓄えておけば大いに早期での盗聴器発見の役に立ってくれるはずです。最近では盗聴による被害も増え、決して他人事とは言えない被害数を記録しているようですから、ぜひこの機会に覚えておくことをお勧めします。盗聴の兆候として、視覚化されているものの代表としてノイズがあります。テレビやラジオ、電話にノイズが走っている場合は盗聴の兆候と考えられるようです。また、自宅なのに見たことのない物がある、覚えのない箇所に接触の形成が確認できる、色がちょっと違う壁がある場合なども盗聴の可能性が考えられます。個人での簡易的な盗聴器調査に繋がりますから、一度確認してみるといいかもしれませんね。人間関係がうまくいっていなく、誰かから恨まれているかもしれないと感じることも、ある意味では兆候と言えます。精神面での理由になってしまいますから、どうしても物理面での兆候に比べると盗聴に直結はしづらいのですが、万が一ということがあります。盗聴器を仕掛けるのは基本的に人間ですから、その元にまで対象をあてるというのは盗聴による被害の可能性を減らしてくれます。この方法は、特にご利用者様が他人に知られたくない事情を秘めている時に有効でしょう。誰かがその情報を狙っているかもしれませんから、怪しい人物に目星をつけておくのは対策になります。ただ、理想はそのような火種を発生させないことですから、人間関係でのトラブルにはお気を付けください。以上のように、盗聴器調査に移る前段階として、その兆候を理解しておくことが重要ということを記してきました。高度情報社会におけるデータの扱いはとても繊細なもので、早期での盗聴器発見は年々その需要を高めていると言われています。多くの機密を抱える企業はもちろん、それは個人様でも同様と言えますから、そのことを自覚した上で盗聴器調査を考え直す必要があるかもしれませんね。

0120-949-986