地盤調査

地盤調査業者比較 目安料金について スウェーデン式調査を3箇所行った時にかかる費用の目安となります。

検索結果
59社のうち11 - 20件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

地盤調査:
30,000円
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

地盤調査・地質調査・地盤解析承ります!

状況に合わせた最適な調査方法をご提案いたします。お見積り後の追加料金はいただいておりません。 ※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。 続きを読む

サーベイサービス

目安料金:
~¥30,000
対応エリア:
関西  
所在地:
兵庫県西宮市甲陽園東山町6-15
  • 低価格で丁寧な仕事

地震大国日本で安全に暮らす為にも地盤調査を行いましょう!

【地震の恐怖】 日本では、現在までに強い揺れの地震が何度も発生しており、その都度多くの方々は命を落とされてしまいました。主な原因は家の倒壊や津波被害などであり、地震対策が施された家でも絶対に安全という訳ではありません。地盤が弱いと、どの様な立派な家でも倒壊してしまう危険があります。地震の多い日本では災害対策が必須ですが、今のお住まいの地盤調査を... 続きを読む

他対応カテゴリ
地盤調査

合同会社トラスト

目安料金:
¥30,000~¥40,000
対応エリア:
関東 / 北陸 / 東海  
所在地:
長野県松本市蟻ケ崎5-1-22
  • 低価格で丁寧な仕事

合同会社トラストは幅広い都道府県で地盤調査をしています!

合同会社トラストは、長野県の松本市に本社を置き、地盤調査に対応している会社です。松本市を含めた長野県はもちろん、岐阜県や富山県などさまざまな都道府県へと出張して作業ができる体制が整えられています。また年中無休・24時間営業を行なっているので、緊急なご依頼にも迅速に対応することが可能です。 【地盤調査をしませんか】 地震の被害というと、建物の倒壊... 続きを読む

他対応カテゴリ
地盤調査

大同貨物自動車株式会社

目安料金:
~¥30,000
対応エリア:
関東  
所在地:
埼玉県行田市佐間1-26-45
  • 低価格で丁寧な仕事

北関東エリアの地盤調査は大同貨物自動車株式会社におまかせ!

大同貨物自動車株式会社は、埼玉県の行田市に本社を置き、地盤調査を行なっている会社です。古代蓮で有名な行田市内を含めた埼玉県内に加え、群馬県や栃木県の一部市町村まで駆けつけることができます。 【地盤調査をしましょう】 そもそも地盤調査とは何か、知らない人も多いのではないでしょうか?地盤調査とは、普段皆さんが住んでいるお家の下にある地質がどのような... 続きを読む

他対応カテゴリ
地盤調査

日本基礎地盤株式会社

目安料金:
~¥30,000
対応エリア:
関東  
所在地:
埼玉県さいたま市見沼区深作2-23-6 エムエム大宮ビル101
  • 低価格で丁寧な仕事

地盤調査と地盤改良なら当社におまかせください

当社「日本基礎地盤株式会社」は埼玉県を拠点とし、地盤調査を行っている会社です。埼玉県はもちろんですが、群馬県・茨城県・栃木県・東京都・千葉県にも対応しております!地盤調査なら是非、当社におまかください! 【地盤調査をおススメします】 地震大国と呼ばれる日本ですが、大昔から各地で大きな地震が発生してきた歴史があります。大地震が発生すると建物の崩... 続きを読む

他対応カテゴリ
地盤調査

木暮建設株式会社

目安料金:
~¥30,000
対応エリア:
関東  
所在地:
群馬県吾妻郡東吾妻町郷原590
  • 低価格で丁寧な仕事

安心できる毎日の為にも地盤調査を忘れてはいけません!

【地盤調査で安全確認】 地盤が緩いと、大地震が発生した際に建築物の倒壊の可能性が高くなってしまうなどの危険があるので、現在の地盤を調査する事は日々の生活を安心して送る為にも、大切な事なのです。特に日本は世界的に見ても地震が多く発生する国ですので、あらかじめ地盤調査をしておく事も災害対策の一つとなります。保存食や水の確保、薬品の準備も大切ですが、... 続きを読む

他対応カテゴリ
地盤調査

株式会社リファイン

目安料金:
¥30,000~¥40,000
対応エリア:
東海  
所在地:
静岡県富士市松岡1169-6
  • 低価格で丁寧な仕事

大切なマイホームを支えるために地盤調査が必要です!

地盤は目には見えないところですが、実は建物にとって非常に大切なのです。当社株式会社リファインでは、静岡県富士市で建設業者として、外壁・屋根塗装、住宅リフォーム、増改築、新築工事、耐震工事などを主に請け負っている会社でございます。大切な住宅を造る際に、お客様のご希望に合わせて素敵に完成する事はもちろん、安心で安全なものとするため、地盤調査を確実に... 続きを読む

他対応カテゴリ
地盤調査

株式会社地盤研究所

目安料金:
~¥30,000
対応エリア:
九州  
所在地:
熊本県八代市田中西町10-14-1
  • 低価格で丁寧な仕事

サウンディング試験に対応しております!ぜひ地盤調査のご依頼を!

私たち株式会社地盤研究所は、社名の通り地盤調査を取り扱っている企業です。正確な調査を的確に素早く行い、皆さまにとってより良きアドバイスができるように努力を続けております。何故なら地盤調査は、現在の建設では必須となっているからです。これをやらなければ安全な土地とは断言できず、しっかり地盤調査を行って足元を固めないといけません。この会社を立ち上げる... 続きを読む

他対応カテゴリ
地盤調査

萩原ボーリング

目安料金:
~¥30,000
対応エリア:
関東  
所在地:
山梨県甲府市上今井町740-4
  • 低価格で丁寧な仕事

安心して暮らせる毎日を萩原ボーリングが提供します。

【地盤調査が重要な理由】 地面の下には地盤があり、私達や全ての物を地面の下から支えてくれています。しかし地盤はいつまでも強力なわけでは無く、地下水や雨の影響で徐々に軟化していくのです。緩くなった地盤は建物などの重量に耐えきれず、建物が沈んでしまったり傾いてしまう可能性が発生するのです。地震が発生した場合ですと、緩くなった地盤が崩壊して上の建物も... 続きを読む

他対応カテゴリ
地盤調査

BRC高知

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
高知県高知市薊野西町1-1-10
  • 低価格で丁寧な仕事

地盤調査は建築を取り扱うBRC高知にご依頼ください!

建物を建てる前には、必ず地盤調査をしないといけないことはご存じでしたでしょうか。これをやらないと今では法律違反であり、何かあって家の基礎や家に損傷が発生した場合には、施工した業者がその負担をしないといけません。そのために地盤調査は正確にやる必要性があります。私たちBRC高知は新築からリフォームまで取り扱う建築業者であり、もちろん地盤調査も行っている... 続きを読む

他対応カテゴリ
地盤調査

K's工房

対応エリア:
東北  
所在地:
岩手県滝沢市巣子202-43
  • 低価格で丁寧な仕事

東北地方の地盤調査ならK's工房が行ないます!

K's工房は、岩手県の滝沢市に本社を置き、地盤調査を行なっている会社です。滝沢市を含めた岩手県内はもちろん、秋田県や宮城県などの近隣都道府県までも出張できることが当社の自慢です。 【地盤調査をしましょう】 大地震はいつまた発生するかわからないもの、皆さんでも水や食料を蓄えて備えにしているということも多いでしょう。家具を固定するなどして、強い揺れへ... 続きを読む

他対応カテゴリ
地盤調査

生活110番おすすめサービス

地盤調査:
30,000円
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

地盤調査・地質調査・地盤解析承ります!

状況に合わせた最適な調査方法をご提案いたします。お見積り後の追加料金はいただいておりません。 ※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。 続きを読む

地盤調査業者をエリアから探す

地盤調査に関する、みんなの暮らしの知恵袋

地盤調査について

  • 地盤調査の方法について

    そもそも地盤調査は、建物を建てる際にその土地の状態がどのようになっているのか、調べるものです。日本は人口に対して国土が狭く、山が多いため宅地を確保するために山を切り開き、海を埋め立てて土地を作り出してきました。結果として人の手が加えられた土地は地盤がやわらかくなってしまっていたり、地盤沈下が起きやすくなってしまっていたりします。しかし、そのような場合でも土地の表面を整備してしまうと見た目には分からないことが多いため、地盤調査を行うことが大切になってきます。
    また、もともと地盤が良い土地に建物を建てることができていたなら、家の基礎工事は簡単に済みますが、実際にはそのように地盤が堅固な土地は早期に売れてしまってなかなか手に入らないのが現状です。そのため、「これまで家が建っていたから」「土地の整備をしたと聞いたから」という情報を過信せず、信頼のできる第三者機関に依頼して調査してもらうのがおすすめです。
    そこで扱う方法についてですが、大きく分けて2つの方法があります。一つは表面波探査法、もう一つはスウェーデン式サウンディング試験です。表面波探査法は地面に微小な人工地震を作り出し、地表面への震動によって地盤の固さややわらかさを計測する方法です。スウェーデン式サウンディング試験は槍状になっているロッドを回転させて掘り進めていくことで地盤の固さを推定する方法です。
    表面波探査法では深度に対して1センチメートル刻みで結果が出てくるので地盤の硬軟や傾斜層か平行層か、土地の上に建設される建造物の重みに対し、どの程度まで耐えられるのかなど詳しく結果を知ることができます。
    スウェーデン式サウンディング試験では試験装置や試験方法が容易なため、すぐに取り掛かり、時間を掛けずに調査をすることができるという特徴があります。これらそれぞれの長所を活かして良い方法を利用し、適正な地盤調査を行っていきましょう。
    他にもハンドオーガーボーリングや、平板載荷試験、オートマチックラウサウンディング試験、ポータブルコーン貫入試験、レイリー波探査など、さまざまな地盤調査方法があります。それぞれの土地やニーズに合ったものを利用して行うことが大切です。
    いづれにしても、これから活用していく土地の状態を把握することは大切です。信頼できる地盤調査会社で計測した結果を基に、客観的な視点から今度の土地利用をどのようにして進めていく必要があるのか計画していきましょう。

  • 地盤調査が必要になる土地や地盤について

    地盤調査で分かることは地盤の強度だけではありません。地盤調査を行い、その土地が堅いのか、やわらかいのか、調査し確認することで、他にも温泉や緯度の発掘や遺跡の発見、液状化や地すべりなどの災害予防、土壌汚染の食い止め、石油などの地下資源の発掘、地層の分布状況の調査、自身の活断層調査、地盤の強度などさまざまなことがデータとして分かるのです。
    実は地盤調査はしなくてはならないものだと決まっている訳ではありません。現に、建築基準法の中では地盤調査の必要性は特段定められているものではありません。しかし、住宅品質確保促進法という法律では、家を建てる工務店は傾かない家を建設し、販売する責任があると定められています。「傾かない家を建設する」ためには、まず地盤の安全性を確保することが非常に重要です。そのため、現在は土地活用をする際には地盤調査を行うということが切っても切り離せないものとなっています。
    その土地がどのような地盤であるのか基礎形状を把握して、建設を行っていく必要があります。それでは日本の地盤には具体的にどのような種類のものがあるのでしょうか。
    日本の一般的な地盤は表面から「表土」、「表層地盤」、「砂礫」、「沖積」、「洪積」となっています。表土は地表である地盤の最も一番上の層で、表土とその下層を含めた表層地盤は、これ以降の地盤と比較すると最もやわらかい層であり、地域によって「(地域名)ローム層」という名前がつけられています。砂礫が多く含まれ固められている砂礫層は支持地盤にもなると言われており、非常に堅固な層であることが特徴です。沖積層はおよそ2万年前の最終氷河期最盛期以降に作られた比較的新しい地層です。その当時に発達した河川などによって運ばれた腐植土や泥土が堆積し形成されているため、軟弱で沈下しやすい層だと言われています。洪積層は2万年以上前の堆積物などにより構成されている層です。堅固な層であるため、建物の基盤を支持するのに適した良好な地盤であるとされています。
    日本では、これら以上で説明したような地層が、場所によってそれぞれの層の厚みが変化したりしながらて折り重なっています。このような地層は地盤調査をしてみなければ分からないため、地盤調査をすることによって、どのような地層が重なっているのか分かります。
    建物を建てたり、土地活用をする際には、なるべく必要とされるのが地盤調査ですが、地名に洲、芦、沼、沢、窪などもともと川や海だったことが伺える土地や、崖地や丘などの土が盛られている部分は、地震動が大きくなったり、脆弱な地盤であったりするため、他の平地と比較すると特に地盤調査を行う必要性が大きいと言えるでしょう。
    地盤調査を行っている会社をお探しでしたらぜひ当サイトの「生活110番」をご利用ください。

  • 液状化現象について

    液状化現象はそもそもどのようにして起こるのでしょうか。液状化現象が起こってしまう主な要因としては、ゆるくなってしまった砂地盤、地下水の水位、大きな地震による震動の三点に集約されています。液状化現象のメカニズムとしては、地下層にゆるい地盤があり、そのゆるい地盤が地震などで震動が起こった際に、砂地自体の体積が大きく収縮されます。この振動によって地下で満たされていた水が溢れ出て地表に溢れ出てきてしまう現象を液状化現象と言います。もともと、液状化現象がしやすいぬかるんだ砂地盤は砂と砂の間を水が満たしているので、地震が起こり、大きく地中で変動が起きてから組み合っていた地層のバランスが崩れ、間から水が漏れだしてくるのです。つまり、地震時には震動によって地盤が全体的に変形し、砂粒どうしの結束が弱まるため、泥水のような状態となります。その後、時間を経て砂粒が沈殿していくに従い、水が地表に溢れ出し、地盤沈下など地表の変化が起こります。
    液状化してしまった地盤はその後再び液状化することはあるのでしょうか。実はこのように液状化した地盤が再び液状化する現象を再液状化と言います。一度液状化した場所は再び液状化する可能性が高いと言われています。何故かと言うと、それは地盤の締固めの強さと関係しているのです。地盤の締固めとは、地盤を圧縮し、強固にすることで、砂粒の間に水などが入り込む余地を無くし、砂粒が動かないようにされている状況をいいます。一度液状化した地盤は地盤が締固められ、以前より砂粒間の隙間や水は地表に押し出されるのですが、一度液状化し、地盤沈下を起こしても、液状化が発生しないために必要な締固め率の半分にも満たない、と言われているのです。つまり、記録に残っている限りで過去に液状化現象を起こした場合には将来、再び液状化現象を起こしてしまうという恐れがあるのです。
    このようなことは記録を探って見なければ分からないことでもありますし、もし液状化現象を起こしたという記録が無かったとしても、地震を免れている液状化しやすい土地であったという場合もあるのです。このように、私たちが地表を見る限りはこのような地下層の構造は想像するしかありません。しかし、これでは有効な土地活用をすることが難しくなってしまいます。そうならないために、地盤調査を行い、事前にその土地がどのような土地なのか調べておく必要があるのです。
    地盤調査には、土地を活用していく上で必要な調査であると同時に地盤調査を行うことでその土地の安全性を測ることができるのです。このように地盤調査を行うことはその土地のみならず、有事の際に液状化現象や地盤沈下などで二次災害が起こらないように対策を建てるためにも、欠かせないことなのです。地盤調査を行う会社をお探しの際には、当サイト生活110番をぜひご利用ください。皆さんがお住まいの地域で地盤調査を行っている会社に依頼することができます。

  • 地盤調査の後に行われること

    そもそも、地盤調査とは、その土地の状態を調べ、今後どのようにして活用していくことができるのか、または今後の予定する土地活用の方途に対して滞りなく進めて行ける土地なのか、などということを調べる目的で行われています。
    そのため、その土地に対してどのようなビジョンを持っているのか、どのようにして活用していこうと考えているのかが重要です。主にはマンションやアパート、宅地として利用するために、地盤沈下しない土地か、地震が起こった際に液状化が起こったり、二次災害が起きにくい土地であるか、そもそも地震の恐れが少ない土地であるかどうかという調査のために地盤調査を行う場合が多いです。
    その他にも、温泉の開発や井戸の発掘、遺跡などが残存している古い地層の発掘、地下資源の発見、そして地盤の強度など、さまざまなことが結果として地盤調査により調べることができるのです。これらは地盤調査を行った後で、計測された結果からどのような活用方法があるか、また予定通りの活用方法でいいのか検討し進めていく上で大切なことです。
    このような特殊な遺跡や井戸、石油などの資源の発掘の他にも地質自体の調査を行うこともできます。例えば土壌汚染が起こっていないか、地盤調査を行うことでその土地の健康状態を調べたりすることも可能です。他にも、地震が起こる際に動く活断層であるかどうか、どのような層に当たるのか、地盤調査によって調べたり、地質を調査することで、液状化現象が起こりやすいのか、地滑りが起こりやすいのか、地盤沈下が起こる恐れがあるか、地盤調査して、土地を整備することで災害を未然に防ぐことに繋がります。
    このように地盤調査を行うことで、その後にできる可能なことがまとまり、確固とした客観的な数値があるため、安心して計画を立てていくことができるようになります。
    そして、地盤調査を行った結果として、地盤改良工事が必要であるとされた場合、柱状改良工法、表層改良工法、銅管杭工法などの地盤改良工事が行われます。柱状改良工法は一般的に工期が1〜2日程度と短く、施工後に養生期間が設けられます。内容としてはゆるくなってしまっている地盤が2メートル以上、8メートル以下である際に、地中にコンクリートの柱を挿して柔らかい地盤の下の良好地盤と連結する方法です。表層改良工法は、地盤がゆるみやすいなどの問題がある地層が地表から計測して2メートル以内にある場合に行うことができる工法です。内容としては、ゆるみやすい地層の強度をあげて、更に下方にある良好な地層と一体化させる工法です。はじめにやわらかい土地層の土を鋤取り、強度の高い土と固化材を混ぜて軟弱地盤のあった層を埋めていきます。その上を重機やローラーで押し固めて、完了です。鋼管杭工法とは、地盤がゆるみやすい軟弱な地盤である場合、地中に鋼材の杭を打ち込み、それを利用して固めていく工事です。この銅管杭工法では深度30メートルまで施工することが可能です。工期は通常の場合、1〜2日ほどで行われ、狭い土地でも対応することができます。
    このように、地盤調査によって「調査した土地が軟弱地盤だった」ということがあっても、地盤改良工事によって、強固な土地づくりをしていくことは可能です。地盤調査と合わせて地盤改良工事も請け負っている会社もあるので、ニーズに合った形で対応してくれる所に依頼しましょう。

0120-949-986