水漏れ修理・トイレつまり工事

水漏れ修理・トイレつまり工事業者比較 目安料金について 台所にある蛇口の水が止まらない時の修理にかかる目安料金となります。

検索結果
207社のうち201 - 207件を表示

▼特徴で絞り込む

アリスプランニング

明るい・楽しい・元気が当社のモットーでございます!

【責任を持って施工いたします】 当社は大きなお店で電気工事を携わってきました。おかげで、色んな工事を完了させることが出来ています。もちろん、水回り工事もOKです。例えば、お使いの蛇口に不調を感じている方もいらっしゃると思います。蛇口は、寿命年数によって故障してしまうことがありますが、見た目ではなかなか判断出来ないものです。使ってみて、初めて蛇口が故... 続きを読む

関連リンク
雨漏り修理
水漏れ修理・トイレつまり工事

クリーン・サービス・SPR

水のトラブルが発生したらクリーン・サービス・SPRにお任せください!

【トイレトラブルの一つの汚れを解決】 トイレトラブルの一つである臭いは溜まった汚れによって引き起こされていると考えられます。日々の生活で溜まった汚れはちょっと掃除したくらいでは簡単に落ちません。また、徹底的に掃除をしたつもりでも、実は取り除けていなかったということもありえます。そんなしつこい汚れをクリーン・サービス・SPRではしっかりと除去いたしま... 続きを読む

関連リンク
水漏れ修理・トイレつまり工事

カワムラ商事

猫の手も借りたい方に私たちが力になります!

大人も子供も忙しい昨今、多くの人々が毎日せわしなく頑張っていることと思います。そんな皆様をサポートさせていただきたく、私たち「カワムラ商事」も粉骨砕身の覚悟で、日々の業務に励んでおります。 【創業35年の積み重ね】 お陰様で、カワムラ商事は創業35年を迎えることができました。これもひとえに、お客様の応援の賜物だと存じます。しかし私たちは慢心せず、これ... 続きを読む

関連リンク
水漏れ修理・トイレつまり工事

有限会社アールアイコーポレーション

水道修理から遺品整理まで心を込めてやらせていただきます!

私たち有限会社アールアイコーポレーションはお客様の心に寄り添い、トラブルを迅速に解決し、お客様の心の負担を最小限にとどめることを目指していきます。 【蛇口交換の必要性】 水漏れトラブルによくある蛇口からちょろちょろと出る水。あれも立派な水漏れです。被害が小さなうちはいいのですが、漏れ続ける水は止まらず被害を見には見えない所で拡大していきます。そう... 続きを読む

関連リンク
水漏れ修理・トイレつまり工事

株式会社三洋テック住設

水のトラブルからお客様をお守りいたします

株式会社三洋テック住設では、24時間365日年中無休で水のトラブル対応させていただいております。水道水漏れ、トイレ詰まりなど、水のトラブルというものは、日中に限らず深夜・早朝でも突然おとずれるもので、一度そのトラブルにみまわれてしまうと、大変な不便を強いられます。一刻も早い水道修理をしないと、その後の生活はとても不便なものとなってしまうことでしょう。... 続きを読む

関連リンク
水漏れ修理・トイレつまり工事

建都コーポレーション有限会社

住宅だけでなくお店といった場所もお任せください!

【色んな場所でトラブル解決】 業者にとって大切なことは、修理を行う場所を限定しないこと。住宅のお住まいの方のお悩みを解決するのは当然ですが、お店など他の場所のお悩みも解決しなければなりません。対応出来る場所が広ければ、それだけ色んなお客様が頼りにしてくれますし、信頼感も違ってくるというものです。 【場所を問わず起きる水トラブル】 水道水漏れ・... 続きを読む

関連リンク
水漏れ修理・トイレつまり工事

トータルハウジング総建

お客様に取っての最適な施工をご提案させていただきます!

トータルハウジング総建は、住宅業界に参入して20年を迎える年に独立し、無事11年目を迎えることができました。お客様のお声を聞き取る工務店としてこれからもお客様密着型の会社として経営をしていきたいと考えております。 人は水がなければ生きていけません。水回りが故障してしまった場合、早急に水道修理を行うことをおすすめいたします。トータルハウジング総建はい... 続きを読む

関連リンク
水漏れ修理・トイレつまり工事

水漏れ修理・トイレつまり工事業者をエリアから探す

水漏れ修理・トイレつまり工事に関する、みんなの暮らしの知恵袋

水漏れ修理・トイレつまり工事について

  • 水漏れを放置することで起こる被害とは

    水漏れを放置しておくことは、様々な被害を引き起こします。建物の構造別、被害は様々ですが、まずは場所に関係なく、どこでも起きる水漏れ放置による被害についてご紹介します。
    まず、意図せず水が出しっぱなしになるということは、それだけ無駄に水を流していることになり、水道料金が予想以上に高くなってしまうことが挙げられます。大量に水が漏れているのなら直ぐに気がつくことができますが、お風呂場やトイレのように、普段から水をよく使う場所で、少しずつ少しずつ水が漏れていると、意外に気が付かないものです。少量の水漏れでもそれが24時間、1ヶ月続くと膨大な量の水を流していることになりますから、水道料金が普段の数倍にまで膨れ上がり、そこでようやく変だと気がついて、水道水漏れを疑うことも多いようです。ただし、水漏れが目に見える部分で進行しているのならそれで気が付きますが、例えば床下や壁の中など、目に見えない部分で進んでいると、偶然何か水を使いすぎたと思い込んでしまって、水道修理に取り掛かるタイミングを逃してしまうこともあります。マンションや一戸建てに限らず、給水管は目に見えないように壁の裏などに通されていることが多いので、こういった場所の継ぎ目からの水漏れはどうしても発見が遅れます。もし、水道料金が直近数ヶ月と比べて著しく高ければ、水道業者に床下や壁の裏側などを調査してもらうことを検討しておくのもおすすめです。もちろん、水漏れは少量のものだけでなく、突然大量に起こることがあります。自分で蛇口交換をしようとして、水漏れさせてしまう事例も少なくないようです。これは住宅内への水の入り口である水道メーターの止水栓を締めないまま蛇口を取り外したことが原因です。意外と多いのが、洗濯機の給水パイプに繋がる蛇口の破損です。特に古い蛇口をお使いの場合、蛇口に繋がれたホースの継ぎ目からの水漏れが始まると、何も止めるものが無いので水が流れ続けてしまうことになります。洗濯機自体が排水パンに設置してあれば、被害は最小限ですみますが、そういった設備がない状態で水漏れが始まると、床はびしょ濡れで大騒ぎということも考えられます。一戸建てならともかく、集合住宅の場合は、床に大量に水をこぼすと、それが階下の住宅に浸入することもあるため、被害が自分の部屋だけにとどまらないのも大きな特徴です。もし万が一、階下の住人の方の家財を濡らして汚損してしまえば、その損害を保証する責任も生じます。でも、自己所有の戸建てならともかく、賃貸住宅なら管理会社や大家がその責任を負うのではと思われるかもしれませんが、賃貸物件に契約中は、そこに居住している人が物件を管理する責任がある場合も多く、善管注意義務といって、物件を綺麗に使うとともに、異常があれば損傷を修理したり、自分で出来なければ早期に業者へ依頼して水道修理をしなければならないとされています。つまり、物件内で水漏れが起きた場合、それは住んでいる方の注意がなされていなかったとみなされるかもしれないのです。とはいえ、大抵の場合、火災保険などでこれらの損害を補填できることも多いのですが、無用のトラブルを避けるためにも、少しでも異常があれば水漏れ修理を依頼するべきでしょう。蛇口が硬い、締めても少しの間水が滴る、お風呂場やシンクの場合、使っていないにもかかわらずシンクの中や浴槽や洗い場が濡れていると、既に蛇口の故障が始まっている恐れがあります。洗濯機の場合は、特に水を流したまま、洗濯機側の止水栓で水を止めていることが多いため、万が一の時に被害が大きくなりやすいものです。最近は蛇口側に、水を非常停止できる弁が内蔵されたものも発売されているので、それらに付け替えてもらうこともお考えになってはいかがでしょうか。

  • 水漏れのセルフチェックについて

    毎日使う水の量は、余程のことがない限りそこまで違いはありません。時折ご親戚が泊まられたり、車を洗車したりして水を大量に使った時に、一時的に使用量が跳ね上がることがあります。そういったことがないときに水道使用量が多い場合、どこかで水漏れしていることが考えられます。うちは大丈夫、と思っていても、ひょっとすると既に水漏れは始まっているかもしれません。
    水道水漏れが発生しているかどうかの見分け方で一番簡単なのは、締めた蛇口をじっと見ておくことです。トイレの場合は、一旦水を流して、タンクに水が溜まった後も水が流れ続けている場合、常にタンクの中に水が流れ込んでいるということになりますので、それで見分けることが出来ます。本来トイレのタンクへの水の流入は自動で停止するようになっており、これをボールタップと言いますが、これが壊れると、水が流れっぱなしになってしまいます。また、地下の給水管が破裂したり、亀裂が入っている場合は、地表のごく浅いところを水道管が通っている場合、地面がいつも濡れている事で気がつける場合があります。壁の裏側でもそこだけ湿っていたり、カビがよく生えるという場合には、水道水漏れを疑うのも良いかもしれません。ご自宅位のお庭の、特に日の当たらない北側などに水道管が走っている時はこの方法が有効な場合もあります。しかし、家の中にある蛇口を全て見て回るのは面倒ですし、壁の中や床下、地面の不覚にある水道の給水管で水道水漏れが起きている場合はこの方法で気がつくことが出来ません。そこでお勧めなのが、締めることが出来る蛇口を手当たり次第に締め、その状態で水道メーターを見るというもの。この方法なら、水道本管から家の中に入る水が流れていればメーターが回るので、水漏れしているかどうかの大きな手がかりになります。ただし、この方法は建物内のどこかで水漏れが起きている、という大雑把なことしか分かりません。これを行った後、水漏れをしている箇所を見つけるには、やはり実際にその場を見ることが重要です。ただし、気温によっては水道管についている結露と間違えてしまうこともありますので、どこかで水道水漏れが起きていると分かった段階で、早目に水道修理を依頼するのもご検討されてはいかがでしょうか。ある程度水道の知識がある業者であれば、よく水漏れを起こす箇所も熟知しているでしょうから、スムーズに水漏れ箇所を見つけ出し、対処を行うことが出来るかもしれません。自分で対処をしようとして、余計に水漏れを悪化させてしまうこともありますが、水漏れに気がついてそのままにしておくというのは、あまり気持ちの良いものではありません。そこで、応急的処置として、止水栓を締めるという操作が効果的です。止水栓は、蛇口の手前に付いている、いわば給水管の大本のようなもので、各蛇口の直ぐ近くに取り付けられているもののほかに、家に入る水道給水管の流れを止めることが出来るものがあります。特に水道本管から引き込まれ、水道メーターを通ってきた給水管に付いている止水栓を閉めれば、住宅内全ての水を一括で止めることができるので、修理が来るまでの時間稼ぎという点でも効果的です。ただし、水道メーターの止水栓を締めた場合、全ての水道が止まるため、家の中で水を使うことが一切できなくなります。もし、各水道の止水栓の場所と、水漏れ箇所が分かるのなら、各蛇口で止水栓を閉めれば、ほかの蛇口は使うことができるので、生活に与えるダメージが最小限で済みます。
    ちなみに、水道使用量が一気に増えた場合、各地域の水道局によりますが、使用量が急増していることを知らせるはがきなどが来ることがあるそうです。もしそういうものが来た場合は、早目に業者に来てもらうチャンスですから、一度調査なり、修理を依頼されると良いでしょう。

  • 蛇口部分での水トラブルについて

    蛇口は私達が普段から使っている水を自由に出したり止めたりするために無くてはならない装置です。簡単にいえば、給水管の出口にバルブを取り付けて、先端部に細い管をつけて使い勝手を増しているものですが、近年は様々な機能が付加されており、シャワーヘッドだったり、内部に浄水器を内蔵していたり、お湯と水を自由に出すことが出来るものなど様々です。
    しかし、日常生活に密接に関与して使われている部品なだけに、故障する恐れが高いのもまた蛇口の宿命と言えるでしょう。水道修理においても、この蛇口修理や蛇口交換は、比較的事例の多い工事です。
    蛇口のトラブルで良く起きるのは、水が出ない、あるいは止まらないというものです。本来なら、蛇口についているハンドルやバルブにより、流量は自由自在になるのですが、長い間使っていると、蛇口の中のパッキンが劣化して、締めても水が出っぱなしになる、あるいは切れたパッキンが引っかかって、水が出なくなるということが考えられます。これは古いタイプの蛇口のみならず、レバー式の混合水栓などにも起きうることで、比較的ポピュラーな水道トラブルといえるでしょう。経年劣化という点では、蛇口の先端部や、シンクなどとの接続部のパッキンやシールが劣化してしまうことによって水道水漏れが発生することがあるので、バルブの故障か接合部のシールが切れているのかという点で分からないこともあるかもしれません。基本的に、接合部の水漏れであれば、水を流している間だけ水漏れすることが多いのですが、中にはバルブの水漏れと接合部の水漏れが同時に起きていることもあるので、わからないかもしれません。
    また、近年増えている混合水栓はトラブルが起きやすいものです。混合水栓は、一方は給水管から、もう一方は給湯器などから伸びている給水管に接続された2本の水道管がつながっており、冷水用、温水用の2つのバルブ、もしくは左右に振れるレバーがあり、これにより温度と流量を調節することが出来るのです。特にレバー式混合水栓は、手が不自由な人にも使いやすいので、バリアフリー工事の一環として取り付けられることが多く、多くのご家庭や施設で利用されています。しかし、便利な混合水栓ですが、こちらも長い間使用しているとトラブルが起きやすいものです。バルブが二箇所、レバー式の場合は内部構造がほかの蛇口と異なるので、トラブル起きやすい部分もあります。また、浴室などに多いサーモスタット内臓の混合栓の場合、温度調整が効かなくなって蛇口交換に至るということも良くあります。また、日常的に起きやすいトラブルとしては、シャワーへの水の流路と、蛇口への水の切り替えを行う為のバルブが壊れて、水の切り替えが出なくなったり、シャワーにも蛇口にも水が流れてしまうということもあります。浴室のように普段から水を使う場所は、パッキンの劣化も早くなる傾向にありますから、定期的な検査が必要かもしれません。普段から使う蛇口だからこそ、早目に水道修理が可能な業者に依頼して蛇口交換を行うことが必要です。しかし、蛇口の交換というのは簡単そうに見えても、水道の元栓を止めなければならなかったり、パッキンを入れる順番があったり、専用の道具が必要になることもあるなど、意外と難しいと感じるかもしれません。蛇口の配管口径も、同じ住宅内でも違うということも考えられるため、結構面倒なものです。業者に頼むと大げさではないかと思われるかもしれませんが、例えば今までバルブ式の混合水栓だったものを、シングルレバー混合水栓に交換してもらうという、グレードアップなら業者に依頼するだけの価値もあるのではないでしょうか?また、何よりも安全性、確実性を求めるのであれば、やはり業者に任せるのが一番でしょう。

  • 排水口・排水管など、目に見えない水トラブルについて

    水道修理が必要になる水のトラブルには様々な種類のものが存在しますが、その中でも最も気を付けなければならないのは排水口や排水管などの目に見えない部分のトラブルです。このような部分は目に見えないことが多いのでその異常に気付くことが遅れてしまうのに加えて、多くの人が見て見ぬふりをしてしまいがちな場所だからということもあります。排水管はともかく、排水口は定期的に清掃を行わなければいけません。排水口は、キッチン部分であれば食べ物のカスや油などが排水口に多くたまってしまいますし、洗面所やお風呂場であれば髪の毛や皮脂などが多くたまって堆積していくことになるでしょう。そのまま放置しておけばこれは害虫発生の原因にもなりますし、悪臭の原因にもなります。そういった汚れやごみが排水管まで侵食していくことによって排水管その物にもダメージを与えてしまうことになります。排水管のような目に見えない部分は要注意です。排水管は目につかない分その汚れや傷み具合などの状況が把握しづらくなります。普通に生活を行っているだけであればまだ問題はないでしょうが、台所などであまりに多量の食べカスや、本来流すべきではない油を流してしまったり、トイレトラブルにおいてはトイレットペーパーなどの紙以外の物、たばこやガムやその他の物を流してしまったりすることでトイレの詰まりを引き起こしてしまいます。下手をしてしまうと、最悪の場合トイレなどでは逆流の危険性も出てくるでしょう。排水管に汚れがつまって水が流れなくなってしまうということも十分に考えられることです。汚い物には蓋をという言葉通り、排水管の内部は非常に汚いものです。そのような場所であるからこそ目をつむってしまいがちになってしまうことでしょう。しかし、そのような場所をしっかりときれいにしておかなければ蓋を開けてしまった瞬間には様々な問題が発生してしまうことでしょう。水回りのトラブルは目に見えないことが多いです。早めの対応をに加え、定期的なメンテナンスを行うことが必要になってきます。排水管洗浄や排水管の取り換え工事が必要になってくる場合も多くあることでしょう。そのような場合になったときには個人では対処が難しくなってくるかと思います。しっかりと専門家による診断と対応が肝要になってくることでしょう。悪臭の原因であった場合は個人宅だけの話ではなく、近所迷惑に関わる部分の問題にもなってきます。水道修理には特に注意を払いましょう。

0120-949-986