監視カメラ設置

監視カメラ設置業者比較 目安料金について 防犯カメラ(モニター込み)☓2台の設置依頼をいただいた時の目安料金となります。

検索結果
1社のうち1 - 1件を表示

▲特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

カメラ一台付きコミコミ基本プランがあります!

最適な防犯カメラの選定から設置工事まで、防犯カメラ・監視カメラ設置ならお任せください 続きを読む

監視カメラ設置業者をエリアから探す

監視カメラ設置に関する、みんなの暮らしの知恵袋

監視カメラ設置について

  • 監視カメラの効果について

    近年の日本では監視カメラは広く普及しています。さまざまな場所で使用・設置されていますよね。防犯カメラといっても様々なタイプがあります。では、監視カメラを設置することによってどんな効果があるのでしょうか。監視カメラの効果というのは、まず死角が無いということにメリットがあります。次に、24時間休むことなく監視が出来るということ。次に、映像を記録できるということにメリットがあります。監視カメラの主な用途は犯罪を記録されるということが多く、監視カメラがあることによって犯罪を未然に防いだり、犯行をやめさせる、という効果があるのです。よって、監視カメラには「抑止効果」があるのです。では、監視カメラでどのような犯罪を防ぐことができるのでしょうか。夜、閉まっているお店への侵入、盗難。夜、閉まっているお店への外壁のラクガキ。昼間、人がいない家への侵入、盗難、万引き、ひったくり、放火、強盗、置き引き、通り魔、子供の連れ去り・誘拐、などです。監視カメラはこれらの犯罪を防ぐのはもちろん、発生してしまった場合の犯人探しにも役に立つのです。監視カメラの設置は実は防犯以外にも次のような効果があります。街の場合だと、飲み屋街でのもめごと防止。立ち小便などのモラル監視。駅の場合だと、ホームから線路に転落した場合の安全保守の目的。監視カメラを一番嫌がるのは、空き巣犯ではないでしょうか。空き巣犯というのは、空き巣で侵入を行う家の下見を入念に行います。ベランダ・部屋の窓が防犯ガラスになっていないか。割りやすいガラスかどうか。玄関のドアの鍵がピッキングしやすいカギであるかどうか。近所の住民からの死角が少ない場所から侵入できるかどうか。監視カメラが設置されていないかどうかなどを事前に下見をするのです。空き巣犯は、自分の姿が監視カメラに映るのをとても嫌がります。例え、犯行を行っているところが撮影されていなくても、何もしていないところが映ってその映像が原因で自分が捕まってしまうおそれがあるからです。監視カメラにはこのような効果があるのです。ですので、家の玄関付近に監視カメラを設置しておくことをおススメします。空き巣防止じゃなくても、犯罪現場を映していたというメリットもあります。例えば近所で通り魔事件やひったくりの犯罪が起きたとしましょう。その犯罪が起きた場所付近には監視カメラが設置されていなくても、その犯罪を起こした犯人が監視カメラが設置してある家の前を通ったら監視カメラにその犯人が映って映像として記録されますよね。その映像が手掛かりとなって犯人が捕まるということもあるのです。監視カメラにはこのような効果があるのです。

  • 防犯カメラの種類について

    今やどこにでも設置されている監視カメラ。マンション、コンビニ、飲食店、会社のオフィス、学校、駐車場、駅、スーパー、駐車場、デパート、家。設置されていない場所なんか無いのではないかと思うほどです。監視カメラが設置される理由としては、マンションの場合だと車に対する盗難防止といたずら防止、ゴミを出す際のマナー向上、人の出入りの監視、侵入者や訪問販売の防止。コンビニやスーパーの場合は、万引き防止と強盗防止。学校は不審者の防止等があります。監視カメラの値段は、安い物だと1万円程から、高い物だと15万円ほどするものもあります。夜間や暗い場所を撮影したいのであれば赤外線機能つきの監視カメラを設置しましょう。このタイプは、オーソドックスな形の監視カメラが多いです。圧迫感を減らしたいのであれば、ドーム型のカメラを設置しましょう。明るい朝〜夕方にしか撮れないタイプのものあれば、夜でも撮れるタイプのものもあります。防水加工、赤外線タイプのものもあります。箱型カメラというものもあり、箱型の監視カメラは性能が良い物が多くレンズを付け替えることによってどのような角度にも自由に変えることが出来るのです。夜に強いカメラや、逆光でもクッキリと映してくれるカメラ、100メートル先でも映してくれるものもあります。ですので、箱型カメラは駐車場やスーパーなどに多く設置されています。LANケーブルでつながる監視カメラもあり、パソコンから遠隔操作でカメラを制御することができます。これを「ネットワークカメラ」といいます。録画はもちろんのこと、パソコンで上下左右に向けたい方向に操作できるのです。特殊な監視カメラもあり、カメラにセンサーやライトの機能が付いている監視カメラもあります。このカメラの近くを人が通ると、その人にセンサーが反応してライトが点く仕組みです。小型の監視カメラもあり、これは人に気付かれたくないように設置するタイプのものです。犯行を繰り返す犯人を特定するのに主に使われています。下着泥棒や車にイタズラする犯人を特定するのに最適な監視カメラです。小さい監視カメラで気付きにくいからといって、盗撮に使うのはやめましょう。変わった形の監視カメラもあり、ペン型、置時計型、壁掛け時計型といったものがあります。なぜ、こんな形の監視カメラがあるのかというと、人に監視カメラで撮られているのではないかと疑われることなく堂々と撮影できるからです。人に気付かれにくいからといってイタズラで使うのはやめましょう。

  • 監視カメラのメンテナンスについて

    今や、監視カメラは日本のどこにでも設置されています。設置されたままでそのままという監視カメラも多いでしょう。しかし、監視カメラは「機械」なのでいずれかは劣化・故障して壊れてしまいます。監視カメラのほとんどは防水になっていると思いますが、雨・雪・風・砂に何年もさらされると故障で壊れてしまうでしょう。壊れたまま設置されていて、その監視カメラ付近で何かしらの犯罪が起きてもその監視カメラに映像が映っていなければ犯罪解決の糸口になりません。そんなことがないように、定期的なメンテナンスをしておきましょう。メンテナンスはとても大切なのではないでしょうか。監視カメラには虫の死骸やホコリがこびりついているため、それがレンズ付近に付着していると撮影の妨げにもなってしまいます。監視カメラを向けたい方向からズレていることもありますし、取り付け器具部分のネジが劣化して錆びて振動で監視カメラが真下に向いてしまうこともあります。デジタルレコーダーといった映像録画機器、監視カメラ映像を映すためのテレビモニター、電源供給システムのメンテナンスも行っておきましょう。特に、デジタルレコーダーのファンにはホコリが溜まりやすいので、定期的に掃除をしましょう。監視カメラの内蔵の時計というのは、数か月に数秒ごとズレていってしまいます。それを放置しておくと実際の時間より数分早い・遅くなっているということもあります。こうなってしまっては、犯罪が起きたときの正確な時間を記録することが出来ません。これも定期的な確認が欠かせないのではないでしょうか。テレビモニターで監視カメラの映像を確認した際に、映像が乱れていたりノイズが入っていたらちゃんとした情報を得ることが出来ません。これについても定期的な点検が欠かせないのではないでしょうか。監視カメラというのは現代の日本にとってとても重要なものになっています。監視カメラによって犯罪が減っていればいいのですが、現実はそうではありません。ですが、監視カメラのおかげで解決したという事件・犯罪はいくつもあります。監視カメラが犯行現場・犯人の顔を映していたからですね。もし、今の日本に監視カメラが設置されていなかったら事件・犯罪はもっと増えているでしょうし、未解決の事件・犯罪はいくつもあるでしょう。監視カメラが壊れていて何も映していなくても同じことでしょう。そうならないためにも、監視カメラの定期的なメンテナンスというのは重要なのです。

  • 監視カメラの効果を上げる方法

    現代の日本ではどこにでも監視カメラが設置されています。監視カメラによって人間の行動が制限されているといっても過言ではないかもしれません。では、その監視カメラはどういったところに設置しておくと効果が上がるのでしょうか。まず、監視カメラは何の為に設置するのでしょうか。監視カメラを設置する理由を再確認しましょう。不審者の確認、犯罪現場の証拠の撮影、監視カメラであなたを撮っていますよ、というアピール、といったところでしょうか。何に備えたいから、監視カメラを設置するという目的もハッキリさせたほうが良いです。家に設置する場合だと、玄関先にいる不審者、空き巣犯などの侵入者、車を傷付けたりするイタズラなど。お店の場合だと、店内の状況確認、万引き、駐車場でトラブルが発生した場合の確認。よって、何かしらの犯罪が起きる前の対策、起こっているトラブルの対処が目的で監視カメラを設置することがわかります。その監視カメラをどこに取り付けるのかということも大事になってきます。設置場所でおススメするのは、家の場合だと玄関先、勝手口、窓、駐車場といったところでしょうか。お店の場合だと、店内全体が見渡せるように天井の隅、駐車場、店員が物を盗まないように内引き防止のための倉庫、お店の出入り口、金庫。記載したのはあくまでも例なので、これを参考にして他の場所にも設置しましょう。では、どうすれば犯罪を防ぐ効果を発揮出来るのでしょうか。監視カメラというのは、犯罪者が自分は監視カメラに撮られているということがわかるように設置することが大事です。「防犯カメラを設置していますよ」というアピールをしているステッカーシールを人の目につきやすい場所に貼っておきましょう。そうすることで犯罪者に監視カメラで撮影されているというリスクと、既に犯行現場を撮影されたかもしれないというリスクを与えることが出来ます。よって、犯罪を諦めさせるということが出来ます。次に、監視カメラと共にセンサーライトも設置しましょう。最近は監視カメラにセンサーライトが搭載されているタイプのものが多くあります。家やお店に対する犯罪行為というのは、夕方から夜にかけての6時から10時、夜中から明け方の2時から6時が多いのです。その時間に犯罪を行おうとしている犯罪者にセンサーライトで威嚇することができるのです。監視カメラはただどこにでも設置すえばいいというわけではありません。設置する場所によってまったく効果が発揮できない場所と効果を発揮できる場所というのがあるのです。

0120-949-986