データ復旧

データ復旧業者比較 目安料金について HDDのデータ復旧調査にかかる費用の目安となります。

検索結果
2社のうち1 - 2件を表示

▲特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

USB、HD、SSD、スマートフォンなどデータ復旧ならなんでも任せください!

パソコン周辺機器からスマートフォンまで、データ復旧ならお任せください!復旧できなかったという場合は代金をいただきません。 続きを読む

株式会社ECOMAX

大切なデータの復旧は私達株式会社ECOMAXにお任せください!

【突然消えることがあります】 私達が記録を残す手段には様々なものがあります。紙に書いたりテープに録音するという方式は更に進化をして、現在では磁気を使ってデジタル信号化したデータを保存するハードディスクという装置が一般的です。他の方式に比べると大量のデータを簡単に、小さなスペースで保管できることから様々な場所で利用されています。しかしこのハードデ... 続きを読む

関連リンク
パソコン修理
データ復旧
スマホデータ復旧

生活110番おすすめサービス

USB、HD、SSD、スマートフォンなどデータ復旧ならなんでも任せください!

パソコン周辺機器からスマートフォンまで、データ復旧ならお任せください!復旧できなかったという場合は代金をいただきません。 続きを読む

データ復旧業者をエリアから探す

データ復旧に関する、みんなの暮らしの知恵袋

データ復旧について

  • データ復旧が必要になる原因

    ハードディスクのヘッド部分は非常にデリケートな作りをしていて、稼働時にはプラッターから離れている状況です。これは力のバランスをとるための構造で、常にプラッターから一定の高さでの走行をしてくれています。この走行速度はハードディスク毎に異なるのですが、一般的な3.5インチハードディスク7200rpmの場合は時速100km/hを超えることもあるようです。高回転モデルでは200km/hを超える場合もあるようですから、その繊細さを伺うことができるのではないでしょうか。ヘッドの浮上距離に関しても本当にごく僅かで、髪の毛の100万分の1程度しかないようです。当然、これだけ繊細で高速な動きを展開してくれているわけですから、些細な問題や異物によって簡単にクラッシュしてしまうでしょう。そのため、データ復旧は重要な事項と言えるのです。もちろん、そんな簡単にはデータが失われないように様々な工夫が施されていますが、それでも使用していく中では、何が起こっても不思議ではないです。保険を掛けるという意味でも、データ復旧についての知識を蓄えておくことは、有事の際にきっと役に立ってくれるはずです。そのため、ぜひこの機会にデータ復旧について学んでおくことを推奨します。また、データ復旧が必要になる原因には様々な要因が考えられ、経験者が多いということが数字として出ています。今までにパソコンのデータを紛失したことがあるかという統計では、あると答えた人が73.5%にも及んでいたのです。その時期に関しては1年以上昔という方が69.1%だったので、頻度的にはそこまで多くはないようですが、それにしても驚異的な数字ですね。原因としてはハードウェア障害が42.4%と一番高く、やはりハードディスクの繊細さは諸刃の剣といえるのかもしれません。次点が不注意による削除で、27%という数値が記録されています。IT化が進み、多忙な勤務状態では、どうしてもこのようなうっかりミスが増えてしまうのかもしれませんね。適度に休憩を取ることは、作業効率の向上にもつながりますから、頑張りすぎないようにしましょう。データ復旧が必要となる事態で、どうしようもないと思えるのが自然災害です。急な落雷などの影響で電源が落ちてしまったという経験をしたことのある方も、少なくないのではないでしょうか。これに備えて雨天時などの天候が悪い時はマメな保存が推奨されます。Ctrl+S等のショートカットキーを用いることで少ない手間での保存が可能ですから、今まで使ったことのなかった人は一度使ってみるといいかもしれません。以上のように、データ復旧が必要となるトラブルは多岐にわたって存在します。便利な存在であるがためにその繊細さは高く、慎重な扱いが必要と言えるでしょう。ハードディスクの問題が軽微であったとしても、そこから稼働を続ければ悪化することは容易に想像がつきます。考えられる可能性をなるべく多く視野に入れ、それを一つずつ潰していくことが重要と言えます。

  • 大切なデータの保管方法

    大切なデータの保管方法として、完全に安全な媒体というものは残念ながら現段階では存在しないようです。特に長期保存となると難しく、フラッシュメモリーではデータが蒸発する危険性があるようです。このフラッシュメモリーというものは電子を記録し、些細なセルとチップの集合体です。記録の際には電子の出し入れが行われ、チップがそれを制御することで機能を発揮しています。ただ、出し入れという書き換え作業には寿命があり、普通に使っている状態では問題となりませんが、万が一の状況がありえますので注意しましょう。一方、光ディスクは化学反応によって記録を行う構造をしていて、その面にトラブルが起きると働きにエラーが生じるようです。若干のエラーなら内臓のエラー補正機能によって通常通り動いてくれると言われていて、劣化によってそのエラー数が増加することで寿命を迎えます。劣化は光や熱、湿気等の要因によって進行していくようです。両者ともにメリットデメリットがあり、寿命もあるわけですが、フラッシュメモリーは5年、光ディスクは10年ほどが寿命と言われています。それ以降でも使用し続ける場合は、データ復旧の可能性を考えておいたほうがいいでしょう。また、安全面以外でも注目しておきたい要素は存在し、コスト、使いやすさといった点も考慮することで、ご利用の皆様にとって最適な方法は異なってくると思います。例えば、使いやすさとしては、フラッシュメモリーと外付けのHDDが人気です。USBを始めとするフラッシュメモリーは挿入口に差し込むだけで手軽に使え、幅広い人気を誇っています。一方でデータ紛失の頻度が高いというデメリットも存在し、あくまで一時的な保存方法と考えておいたほうが無難でしょう。USBメモリによるデータ復旧依頼は多く報告されているようです。使いやすさ、安全面という両社のバランスを求めるのであれば外付けHDDがいいかもしれませんね。コスト面ではCD-R等の光ディスクが優秀です。そもそもの単価が安いという特徴がありますが、その中でも特に安い製品ですと不具合も多くなるようなので注意しましょう。このように、安全面以外の要素も考えると選択肢は幅広く、悩んでしまうお客様が多いと思います。そのため、用途ごとに媒介を使い分けると合理的なデータ保管が実現するかもしれません。データは繊細なものですから、思わぬ事態でデータ復旧の必要性は浮上します。媒介の性能に依存するのではなく、日々の自己管理が重要といえるでしょう。ただ、どれだけ対策をとってもITという特性上紛失してしまうときは紛失してしまいますので、データ復旧まで考えた保管が最も安全なのかもしれませんね。今の段階からデータ紛失時の対策を講じておくことが推奨されます。

  • SDカードやUSBメモリのデータ復旧について

    SDカードやUSBメモリを介してのデータ保存が主流となってきている近年ですが、これは長期保存には適していないという事実をご存知でしょうか。メモリーカードなどの媒介はどうしても些細な衝撃でデータを消失してしまう恐れがあり、便利さの代償として新しい問題が浮き上がってきたといえるかもしれません。特に冬にその危険性は高く、乾燥による静電気はメディアの破損を引き起こします。静電気の電圧は、時には数100Vに昇る場合があり、メモリの稼働電圧は僅か5Vなのでその差は歴然ということができるでしょう。条件次第でいともたやすく破損してしまうので、最悪のケースを想定する必要性はこれまでよりも高くなっていると言えそうですね。静電気対策として、素手同士でのやり取りを避けることが推奨されます。素手の接触はどうしても静電気を引き起こしやすいです。無意識に行ってしまいがちですが、行動に移る前に本当に大丈夫か考える時間を設けられるといいですね。テーブルなどに一度置くなど、どこか安全なスペースを介しての受け渡しを行いましょう。保管するケースには静電気対策が施されているものもあるので、それらを利用するというのも一つの手です。また、その使い勝手の良さから使用が乱暴になってしまっている場合も多くみられます。取り出しを無理に行うこともデータ破損に繋がるので、注意してください。時間に迫られている時などは一刻も早く次の行動に移るために扱いが雑になってしまうので、そのような状態にならないように余裕のある行動を心がけられるといいですね。特に読み込み、書き込み時の取り出しはタブーです。非常に高いデータ消失の危険が予想されますから、留意してください。最後ですが、これらの記録メディアは電気によるデータ保管が特徴です。そのため、長期に渡る無使用期間を介すことでデータが蒸発してしまう恐れがあるのです。現代社会では膨大なデータを扱うわけですから、中には長期的に保存してあるデータもあるのではないでしょうか。それがこれらのフラッシュメモリーである場合、もうすでにデータがなくなってしまっているかもしれません。心当たりのある方は、今すぐデータを確認してみてください。もし万が一データが消失してしまっていた場合は、下手にいじる前にデータ復旧を業者に依頼することがお勧めです。個人で手をつけるまであれば、データを復元できる確率は高いです。時間勝負ですから、一刻も早いデータ復旧が行えるように尽力しましょう。そして、同じ過ちを犯さないためにも、メモリーカードに入れたデータはパソコンやDVDに二十保存するなどして対策できるといいですね。完全なデータ消失を防ぐことは困難ですが、そのリカバリー策を立てることは可能です。是非一度考え直してみてください。

  • データが消えてしまった時にやってはいけないこととは

    データトラブルが発生した際には、いくつかやってはならないことが存在します。まずは、通電の持続、再起動の繰り返しなどです。通電し続けることで障害が進んでしまうことが考えられ、これ以上の被害を避けるためにも速やかに電源を落とすことが推奨されます。再起動を繰り返すのも同様の理由です。原因が明確で、その対処法を知っている以外の状況では、下手に手を出すことは避けましょう。次に、これは通電の理由にも含まれるのですが、データ復旧ソフトを実行し続けるのもよくありません。確かにデータ復旧ソフトを用いることで解決可能なトラブルも存在するのですが、それにあまりにも時間がかかっているということは、対応外のトラブルが起こっていると考えられます。そのような事態に長時間のソフトウェア稼働は負荷が予想され、それが原因でデータ復旧が困難、最悪の場合は不可能となってしまうかもしれません。このようなソフトを使用する場合は、慎重な行動を心がけるようにしましょう。また、データが紛失してからデータ復旧ソフトをインストールするのも良くないです。インストールは正常な状態で行うようにしてください。トラブルによって不安定な状態でのインストールは、データの上書きが行われてしまう可能性があり、そうなってしまいますとデータ復旧は不可能となることがあります。このような観点からも、やはりデータ復旧ソフトの利用には慎重となるべきでしょう。意外とやりがちなのですが、OSのリカバリ機能を実行することも避けたほうが良いです。メーカー出荷時の初期状態に戻りますから、お客様の手に渡った時点でのデータはすべて消えると考えていいでしょう。修復したいデータが残っている場合にこれを実行してしまうと、データ復旧が不可能となってしまう恐れがあります。行動に移す際には、その後の影響についてもしっかり考えたうえで行いましょう。水で濡れてしまった際に電源を入れること、タオルなどでふき取ることもNGです。基盤を布でふくことは傷の原因になりますし、触れないで乾燥させると液体の成分がこびりついてしまう恐れがあります。水っ気を無くしたほうが良いと思いがちですが、この場合もなるべくこの状態を保てるように濡れタオルに包むことが有効と言われているので、そのようにした後に業者へと相談するようにしましょう。これらからわかるように、基本的にデータが紛失した際には下手に手出しをしないほうが良い場合が多いです。個人ではそれ以上の悪化を防ぐための尽力をし、データ復旧は業者に任せたほうが成功確率は上がると思われます。有事の際には判断力が鈍り、誤った行動をしてしまいがちですが、だからこそ冷静でいられるように努めましょう。

0120-949-986