パソコン修理

パソコン修理業者比較 目安料金について 画面が破損したノートPCの修理をご依頼いただいた時の目安料金となります。

検索結果
32社のうち31 - 32件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

パソコン修理:
8,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

古いパソコンから最新のパソコンまであらゆる修理を承ります

古い年代のパソコンだから修理してもらえるのか不安、原因が全く分からなくて依頼しにくい、などのお悩みを抱えている方もご遠慮なくお問い合わせください。24時間365日依頼をお待ちしています。 続きを読む

デジパット

対応エリア:
北海道 / 東北 / 関東 / 北陸 / 東海  
所在地:
大阪府大阪府箕面市西小路3-15-9

パソコンなどのデジタル関係は私たちがぱっと解決いたします!

皆さまのパソコンの調子はいかがでしょうか。何か問題は起きていないでしょうか。もし起こっているのでしたら、私たちデジパットにパソコン修理をおまかせください。これまで20年以上、様々なパソコン修理を担当してきました当店が皆さまのパソコンを直してみせましょう。以前よりももっと良いパフォーマンスができるようになるかもしれません。早い、安い、親切をモットー... 続きを読む

他対応カテゴリ
パソコン修理
データ復旧

生活110番おすすめサービス

パソコン修理:
8,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

古いパソコンから最新のパソコンまであらゆる修理を承ります

古い年代のパソコンだから修理してもらえるのか不安、原因が全く分からなくて依頼しにくい、などのお悩みを抱えている方もご遠慮なくお問い合わせください。24時間365日依頼をお待ちしています。 続きを読む

パソコン修理業者をエリアから探す

パソコン修理に関する、みんなの暮らしの知恵袋

パソコン修理について

  • パソコンが故障したときに出る症状について

    日本は情報化社会へと移り変わり、ビジネスの現場では勿論のこと、自宅でもパソコンを利用する頻度が増えました。インターネットを利用することで娯楽を楽しめたり情報の収集などをすることができ、教育の現場にもパソコンの存在は欠かせないものとなりました。しかし、パソコンを利用していると様々な現象が見られる場合があります。精密な構造で設計されている繊細な電化製品なので、ちょっとしたことが原因となり故障してしまうことがあります。良く見られる症状のひとつとして、パソコン内部からの異音が挙げられます。内部から普段しないような異音がし始めたら、疑うべき部分は内部に備わる記憶媒体、ハードディスクの故障です。このハードディスクはハードディスクドライブ、またはHDDと言われ、パソコンの重要なデータを格納する心臓部のようなものです。このハードディスクですが、衝撃によって破損してしまったり、外部からのウイルスの攻撃により故障してしまうこともあります。また、ブルースクリーンが表示されたり、パソコンが勝手に再起動を始める、または挙動がおかしい場合にもハードディスクの故障が疑われるため、早急にパソコン修理業者の手にかかるべき事案です。ハードディスクは非常に重要な役割を持つため、交換や修理しなければパソコンを利用することは難しいでしょう。また、パソコンを利用している上で気を付けなければならないのが室内の気温や室内環境です。パソコンの動作が正常ではない場合、室内の厚さによる熱が影響していたり、内部に埃が溜まっていることで故障してしまうことがあります。夏季は特に外気温より室内の気温のほうが高くなってしまうので、パソコンの故障には十分配慮するべきでしょう。故障のリスクを少しでも減らすために、内部の埃をエアダスターで吹き飛ばしたり、CPUクーラーの冷却効率を低下させないように対策を行いましょう。パソコンはこの他にも様々な理由により故障の症状が現れる場合がありますが、焦らずにパソコン修理を依頼することが最善です。主観で修理を行うと、ハードディスクに負荷をかけてしまったり、状態が悪化してしまうことも懸念されますので、冷静に対処することが求められるでしょう。また、パソコンはこのようにいつ、どんな時に故障してしまうか予測が不可能なため、大事なデータはバックアップをとっておき、外部に避難させておくことが最も重要なポイントと言えるでしょう。最近ではクラウドというサーバー上にデータのバックアップを行えるシステムも増えていますので、有効に利用したほうが安心かと思われます。

  • パソコンのバックアップについて

    皆さんはパソコンのバックアップをしたことはありますか?そもそもバックアップとはどんな作業なのかを知らない人もいるかもしれませんが、実はとても重要な作業なのです。バックアップとは「予備」や「支援」という意味で、パソコンに当てはめるとデータや情報のコピーを取るということになります。皆さんもパソコンのハードディスクの中にさまざまなデータを次々と保存しているかと思いますが、ハードディスクにも寿命があり、いつかは壊れてしまうものです。またパソコン自体に発生したトラブルによってデータが消えてしまうということも考えられます。パソコンのバックアップをするということは、これらの問題に対して備えるということなのです。ではバックアップを取るにはどのような方法があるのでしょうか。例えば、パソコンの中にある写真データを携帯電話に送るということも、広い意味でのバックアップといえます。バックアップを取りたいデータを同じハードディスクの中に複製するのは意味を成さないため、他の記憶装置が必要になります。記憶装置の中でもおすすめなのが、外付けハードディスクと呼ばれるものです。パソコンの中に入っているハードディスクが単体になっているもので、主にパソコンのハードディスクでは容量が足りないときなどに活躍します。近年では1TBを超える大容量のものも販売されるようになっていて、多くの人に利用されています。ビジネスの現場ではポータブルタイプの外付けハードディスクもあり、衝撃に耐える頑丈なものも登場しています。この外付けハードディスクの中へパソコンの中に保存してあるデータをコピーしていきましょう。好きなデータを選んでコピーしていくのも良いですし、バックアップ用のソフトウェアを使って一括でデータのバックアップをとるという方法もあります。またOSに備えられているバックアップ機能を使うと、OSの設定までバックアップすることができます。バックアップするデータが少ない場合には、フラッシュメモリーを使うこともできます。USB接続するUSBフラッシュメモリーが一般的ですが、デジタルカメラや携帯ゲーム機の記憶装置として知られるSDカードを使うこともできます。近年では容量が小さいものの、クラウドサービスにデータをバックアップしているという人もいるようです。このように、データのバックアップとは皆さんでも簡単に行なうことができます。データのバックアップはデータの消失に備えるために行なわれていますが、パソコン修理を行なうときにも重要になります。パソコン修理を行うと、修理の内容によってはハードディスクが交換されることがあり、その場合はデータがすべて無くなってしまいます。そのときにバックアップがあると、パソコン修理が終わった後、データや設定を再びパソコンで使うことができるようになるのです。外付けハードディスクやフラッシュメモリーのような記憶装置さえあれば簡単にできるものなので、バックアップをとっていないという人はパソコンのバックアップをしてみましょう。

  • 不具合の原因のセルフチェックについて

    ある日突然、パソコンが起動できなくなってしまったという話はよくあるものです。またさまざまな不具合が発生し、パソコンを使った作業がうまく進められなくなってしまうことも珍しくはありません。しかしながら、その不具合や問題がなぜ発生してしまったのかを皆さん自身でチェックすることも可能になっていることを知っていますか?まずは起動のチェックから始めてみましょう。パソコンに繋がっているモニターや電源ケーブルの接続を確認し、パソコンの電源を入れます。パソコンはデリケートな機械で、周りの温度によって問題が発生することも考えるため、お部屋の中が暑かったり寒かったりするような場合はお部屋を変えてましょう。皆さんにとって過ごしやすい気温のお部屋では、パソコンの調子もよくなることがあります。このように電源を入れてもパソコンが正常に起動しない場合は画面にさまざまなメッセージが表示されることもあり、そこから不具合のチェックを行なうことができます。例えばハードディスクに問題が発生した場合、「OSが見当たらない」「ハードディスクが見当たらない」などのメッセージが表示されます。またトラブルが起きると、画面が真っ暗になってしまうこともあります。デスクトップ型パソコンはモニターとパソコン本体が別々になっているので、モニターのボタンを触って設定画面などが表示される場合は、モニターとパソコンは繋がっている証拠になり、パソコン本体で問題が起きていると推測できます。もしも表示されない場合はモニターとパソコンの接続が悪くなっていることを疑ってみましょう。パソコン修理を行う際にパソコンの電源が入ってくれないという場合には、電源系統に何らかのトラブルが起きていることが多くなっているようです。一方で正常にパソコンが起動していても、作業中にさまざまなトラブルが発生することもあります。特にブルースクリーンという現象はパソコンに深刻な異常が起きていることを示している場合があり、それも真っ青な画面が突然表示されるので驚く人も多いでしょう。ひどい時にはこのブルースクリーンが頻発してまともに作業ができなくなってしまいます。このようにパソコンはさまざまなトラブルがありますが、自分で何が起こっているのかをチェックすることができ、場合によっては機器の接続をし直すだけで解決する場合もあります。しかしながら自分ではどうしようもないトラブルも数多く、そんなときのためにパソコン修理サービスがあるのです。

  • 修理と買い替えの判断基準について

    パソコンは今や私たちの生活に欠かせないものとなっていますが、一度買ったらいつまでも使えるというものではありません。身の回りの家電製品と同じように、長く使っているとその分さまざまなトラブルが発生してきますが、その時に問題となるのが「パソコン修理をするか、新しいパソコンへと買い替えるか」ということです。これを判断するには、皆さんが使っているパソコンが購入してから何年経過しているのかが大きく関わってきます。購入してから1〜2年の場合は故障は少なく、起きても小さな故障のことが多くなっていますし、処理速度も問題無く、快適に使えます。しかしながら購入してから5年以上経過するパソコンの場合、構成する部品が劣化するなどして故障が多く・大きくなり、パソコンを使うこと自体が難しくなっていきます。一見故障無く動作しているように見えても、処理速度が遅くなっていることにより作業に時間がかかって皆さんのストレスの原因にもなりかねません。また古いパソコンを使う上で気をつけなければならないのが、OSのサポートが切れてしまうということです。OSのサポートが終わっているパソコンを使っていると更新プログラムが入手できなくなり、コンピューターウイルスなどの脅威に対抗できなくなってしまいます。コンピューターウイルスはセキュリティーホールと呼ばれるOSの弱点を狙うことが多く、そこを更新プログラムで修復できない古いOSは格好の的とされてしまいます。OSが古いことによってさまざまなソフトやサービスにパソコンが対応しなくなり、作業に支障が出てくる場合もあります。このように新しいパソコンと古いパソコンではさまざまな違いが出てくるため、古いパソコンを使い続けている場合は修理と買い替えの選択を迫られることになります。特に気をつけたいのが何度も同じトラブルが発生してしまうことで、パソコン修理を重ねても解決しない場合は買い替えをすることが大きな選択肢となるでしょう。購入して1から2年のパソコンはパソコン修理をすると状態が良くなることが多いのですが、古いパソコンはまた症状が出てくることは珍しくはないのです。このように、パソコンの購入してからの年月に経過と故障の頻度には関係があり、パソコンを使う以上は故障があることを知っていなければなりません。購入してから年月が経っていない場合はパソコン修理サービスを利用をすることがおすすめですが、5年以上が経つようなパソコンの場合は修理と買い替えをしっかり見極めましょう。

0120-949-986