カギ開け・交換・修理

カギ開け・交換・修理業者比較 目安料金について 玄関によく使われているギザギザの鍵を解錠した時にかかる金額の目安となります。

検索結果
319社のうち71 - 80件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

カギ開け・交換・修理:
8,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

経験豊富なカギ修理のプロがトラブルを解決いたします。

カギ修理のプロが、24時間365日、お電話1本で迅速にカギに関するお困り事を解決いたします。迅速・丁寧・安価を心がけたサービスに自信あり! 続きを読む

カギ安心レス救隊・錠

目安料金:
¥9,000~¥10,000
対応エリア:
中国・四国  
所在地:
岡山県岡山市中区倉田625-9
  • 低価格で丁寧な仕事

鍵のトラブルに24時間年中無休でスピード対応!カギ安心レス救隊・錠

【決して無くならない鍵のトラブル】 鍵のトラブルは、文明が発達した現代でも無くなる事はありません。むしろ便利な世の中になったからこそ、鍵の悩みを抱える方々が増えた様に感じます。オートロックのドアは鍵を持たずに外出してしまうとドアを開ける事も出来ませんし、自動車やバイクの鍵のトラブルも多く見られます。また鍵は長期間に渡って使用し続けていると破損して... 続きを読む

他対応カテゴリ
カギ開け・交換・修理

アースロックサービス

目安料金:
¥10,000~¥13,000
対応エリア:
関東  
所在地:
千葉県柏市大津ケ丘2丁目21-16
  • 低価格で丁寧な仕事

鍵の取付や交換ならアースロックサービスにお任せください!

【鍵や錠前のことならお任せください!】 鍵の一般的な耐用年数は10年前後と言われています。しかし、鍵の技術開発は年々進んでおり、古い鍵ほど防犯性能が低くなりがちで、空き巣などに狙われやすくなります。現在では、簡単に開錠できないような鍵も市場に広がっており、お客様が鍵の買い替えや取り換えをご希望の際には、様々な種類の鍵が新たに誕生しているかと思います... 続きを読む

他対応カテゴリ
カギ開け・交換・修理

アオイロック

目安料金:
¥13,000~¥18,000
対応エリア:
関東  
所在地:
東京都足立区中央本町3-16-15-102
  • 低価格で丁寧な仕事

サービス内容と技術の高さには自信あり!早期解決で安心を提供しています!

アオイロックは東京23区を中心として、千葉から埼玉にも対応する事が可能です。鍵屋だからこそ出来る内容が豊富に揃っており、周辺地域や環境を考慮した上で最善のプランを提供しています。鍵交換から鍵修理、鍵開け、鍵取付け、防犯対策など何なりとお申し付けください。料金体制、サービス内容もわかりやすく、アフターケアにつきましても安心頂ける様な心掛けをしており... 続きを読む

他対応カテゴリ
カギ開け・交換・修理

レスキュー24

目安料金:
~¥9,000
対応エリア:
関東  
所在地:
埼玉県さいたま市緑区大牧1457-33
  • 低価格で丁寧な仕事

皆さまの鍵のトラブルをお助けいたします!レスキュー24です!

普段は大切にカバンの中などにしまっている鍵ですが、いざ出そうとして見つからないという時はありませんか?もしそのような状態になってしまったら、皆さまは酷く焦ってしまうでしょう。しかし、少し落ち着いて下さい。まずは冷静になって探してみましょう。1度探しなおして見つからなかったら、ぜひ私たちにご連絡下さい。レスキュー24は皆さまのために活動している鍵の業... 続きを読む

他対応カテゴリ
カギ開け・交換・修理

ケーズレスキューサービス

目安料金:
¥18,000~
対応エリア:
関東  
所在地:
埼玉県上尾市原市4158-1ヴェルデ204号
  • 低価格で丁寧な仕事

あなたの家は大丈夫ですか?安心のカギ交換を弊社が行います!

私たち「ケーズレスキューサービス」は、まだまだ若い会社かもしれません。しかし若い力をプラスに活かし、短期間のうちに多くの実績を残してまいりました。24時間365日対応可能なのも、私たちの若い力がなせる業です。日々の生活の不安は、休日でも早朝深夜でも構わず襲いかかってきます。そんな時は遠慮せずに、ケーズレスキューサービスにご連絡ください。全力で事態の解... 続きを読む

他対応カテゴリ
カギ開け・交換・修理

カギのたていし

目安料金:
~¥9,000
対応エリア:
九州  
所在地:
福岡県久留米市田主丸町志塚島660-3
  • 低価格で丁寧な仕事

カギのトラブルには、プロの集団が迅速に解決します!

住宅の鍵、車・バイクの鍵を紛失してしまった・・・そんな時は慌てずに、鍵ひとすじ20年の、かぎのたていしにご連絡ください。 【ディンプルキーやイモビライザーキーなど特殊な鍵にも対応しています】 机や金庫、ロッカーのカギだってお任せください。鍵は突然壊れたり、破損したりすることがあります。そんな鍵と鍵穴の修理にも、もちろん対応しております。また、合い鍵... 続きを読む

他対応カテゴリ
カギ開け・交換・修理

カギ太郎

目安料金:
¥18,000~
対応エリア:
関東  
所在地:
埼玉県所沢市小手指南5-9-10
  • 低価格で丁寧な仕事

あなたのカギトラブルを解決したい!だから弊社は常に備えているのです

カギのトラブルは、いつ発生するのかわかりません。夜、仕事が終わって家に帰ったら、家の鍵が見つからない…そう考えるとゾッとしますよね。だからこそ、私たち「カギ太郎」は、24時間365日体制で、皆様のカギトラブルに備えているのです。 【カギはいろいろあるけれど】 昔はギザギザの付いた「ディスクシリンダー錠」という鍵が一般的で、多くの家庭や店舗などに普及しま... 続きを読む

他対応カテゴリ
カギ開け・交換・修理

カギロックサービス24

目安料金:
¥9,000~¥10,000
対応エリア:
関東  
所在地:
群馬県藤岡市立石1050-2
  • 低価格で丁寧な仕事

鍵のトラブル対応から防犯対策まで!鍵のお悩みを全て解決します!

【迅速に対応します!】 鍵の目的は大事なものを守るため。近年はセキュリティ対策も盛んになってきていることもあり、一人当たりが所持する鍵の数も種類も非常に沢山になってきました。そんな鍵が「壊れた」「失くなった」ということになれば、事は緊急を要します。カギロックサービス24は、お客様のあらゆる鍵トラブルに対し迅速に対応、少しでも早く安心出来るよう、年中... 続きを読む

他対応カテゴリ
カギ開け・交換・修理

佐藤ガラス店

目安料金:
~¥9,000
対応エリア:
中国・四国  
所在地:
岡山県津山市小原128-7
  • 低価格で丁寧な仕事

カギの交換カギの取り付けは佐藤ガラス店へ!

佐藤ガラス店は、ガラスを中心に暮らしのお客様のお困りごと解決をお手伝いしております。私たちの周りは様々なものであふれ、暮らしに便利と快適を提供してくれています。そんな便利な数々ですが、故障やトラブルは付き物です。カギの破損や、紛失、窓の交換などやりたいけどどうしたらいいの?そんな時のために私たち佐藤ガラス店はいるのです。どんな小さなことでも構い... 続きを読む

他対応カテゴリ
カギ開け・交換・修理

KIDロックセキュリティ

目安料金:
¥10,000~¥13,000
対応エリア:
中国・四国  
所在地:
広島県福山市東深津町3-12-31
  • 低価格で丁寧な仕事

カギのトラブルはKIDロックセキュリティが解決致します!

KIDロックセキュリティは鍵修理、カギ交換などカギのトラブルならなんでも解決します!お困りの現場へ出張致します。車のイモビライザーキーにも対応しております。 【鍵のメンテナンス】 カギは使っているうちに部品が劣化してくるものです。鍵が回りにくい等のお悩みがありましたら当店までご相談頂ければと思います。お客様の中にはご自身で潤滑油を購入してメンテナン... 続きを読む

他対応カテゴリ
カギ開け・交換・修理

生活110番おすすめサービス

カギ開け・交換・修理:
8,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

経験豊富なカギ修理のプロがトラブルを解決いたします。

カギ修理のプロが、24時間365日、お電話1本で迅速にカギに関するお困り事を解決いたします。迅速・丁寧・安価を心がけたサービスに自信あり! 続きを読む

生活110番おすすめサービス

【PR広告】このバナーはPR広告です。

カギ開け・交換・修理業者をエリアから探す

カギ開け・交換・修理に関する、みんなの暮らしの知恵袋

カギ開け・交換・修理について

  • カギをなくした時の対処法

    鍵というのは大変大切なものです。それは分かっているのですが、大きさが小さいのでふとした拍子に失くしてしまうことも珍しくありませんし、側溝に落としたり、自転車に乗っている時、ポケットから落ちてしまうこともあるかもしれません。しかし、中にはカバンごとどこかに忘れてしまい、運よくかばんが手元に戻ってきたら、鍵が失くなっている、ということもあるかもしれません。
    もちろん、何らかの衝撃などにより鍵が落ちてしまったことは十分考えられると思いますが、そうでないこともあるでしょう。
    単純に落としてしまった、忘れてしまったという場合は、警察署や交番などに落し物として届けられていることが考えられます。その場合、各都道府県警察のホームページから遺失物の一覧ページを見ることで、届けられているかどうかを確認することが出来ます。もし、自分の落とした鍵と同じような特徴がある場合は照会してみるのも1つの手段ではないでしょうか。
    しかし、それらは少し時間が掛かることもありますし、当面の鍵がないのは非常に不便です。合鍵を作成すれば良いと考える方も多いと思いますが、ここでは少し見方を変えてみましょう。つまり、鍵を落としたり、落とし物として届けられること無く、悪意を持った何者かが盗んでしまった、ということです。
    鍵が盗まれると何が良くないかというと、もし、その鍵と一緒に家の住所がバレている時、その鍵を盗んだ人間は、何の苦もなく家に侵入することが出来ます。カギと一緒にかばんに入っていた免許証などを見れば、家の住所は一発で判明しますし、もしも家の前で落としていたなら、試しに差し込んだら開いてしまう、なんてこともあるかもしれません。通常の空き巣では、ガラスを割ったりピッキングを行なうために時間的なリスクがありますが、鍵があればいつでも、好きなときに家の中に入り込むことが出来るのです。これは大変恐ろしいことだとは思いませんか?特に女性やご高齢の方の一人暮らしの場合、強盗などの恐れもあります。なにせ鍵をかけていれば安心ではなくなってしまうのですから、これらは一刻も早くに対処を行う必要があります。そこで、もし万が一を鍵をなくした場合、それがたとえ盗難でなくても、まずは鍵の交換をご検討されてはいかがでしょうか。鍵の交換をすれば、万が一本当に鍵が盗まれていたのだとしても、新しい鍵穴にその鍵は合わないので、家の中に入ることが出来ません。そうなれば必然的に、通常の空き巣の方法しか出来ないわけですから、空き巣は諦める可能性が高くなるわけです。基本的に、鍵の交換は現在取り付けられている鍵から、新しい鍵へ容易に鍵交換することが出来るようになっていますが、ただ単に取り付けるだけでは、ドアに引っかかったりするので、微妙な調整が必要です。また、古い鍵の場合は、ドアに鍵を取り付けている穴の大きさが異なっていたり、ストライクと呼ばれる、ドアを固定する金具の位置が微妙に異なっていたりして、微調整が必要になることがあります。鍵交換を自分で行うことが不可能なわけではありませんが、家の防犯を司る大切な鍵だからこそ、きちんとした技術と知識を身に着けた人に鍵修理や鍵交換を依頼するほうが安全です。また、鍵を交換する際に補助錠を取り付けてもらうことで、より防犯体制を強化することもできますが、補助錠の取付には、ドア本体に穴を新しく開けたり、ドア枠にストライクの受金具を設置することも必要な場合もあります。この他、鍵のトラブルは、盗難以外にも様々なものがありますが、いずれの場合も、鍵の交換や鍵の修理を鍵屋に依頼するのがもっとも解決に向けて早く進んでいく方法ですので、まずはそちらを頼ってみるのも良いのではないでしょうか。

  • カギの種類と安全性

    私達が普段使っている鍵には沢山の種類があります。そもそも鍵自体が人類の歴史に登場するのは古代エジプト時代にまで遡り、その時から大切な宝物を守るために、鍵が使われていたことがわかっています。現代ではほぼどんな家でも玄関には鍵が取り付けられているものですが、その鍵の形式は築年数や、住んでいる方々の防犯に対する考え方などにより様々です。ここでは鍵の各形式を紹介するとともに、その安全性について考えていきたいと思います。

    1.ディスクシリンダー錠
    日本の一戸建て住宅や集合住宅で、かなりの数が使用されていたのがこのディスクシリンダー錠です。別名ウェーハータンブラー錠とも言われます。ディスクシリンダー錠はそれまでの鍵に比べて圧倒的に耐久性が優れていたことから、急速に普及、最終的には7千万個以上が出回ったという、鍵の形式の中でも最多のものといえるタイプの1つです。しかし、この形式の鍵は、ピッキングに大変弱いという弱点がありました。実はディスクシリンダー錠では内部に入っているディスクを調度良い高さに揃った瞬間に、シリンダーを回転させる方向に回すだけで簡単に開けられるのです。こんな構造の鍵が、現在でもいろいろな場所で使われているのは、なんともゾッとしない話です。鍵交換の際も、この鍵と同型の物に交換するのではなく、より防犯性能の高いものに交換するのがおすすめされています。

    2.ピンタンブラー錠
    ディスクシリンダー錠が、ピッキングに大変弱いという弱点が判明してから、鍵メーカーは急いでピッキング対策を施した鍵を開発しました。それがこのピンタンブラー錠です。この鍵は、名前の通り錠前内部に何本ものピンがあり、そのピン1本1本を正しい高さに押し上げる事で解錠ができるようになるものです。ディスクシリンダー錠に比べて、ピッキングの難易度は特に高くなっているのですが、これも販売からの年月が経つにつれて簡単なピッキング方法が開発されたり、ノウハウが出まわってしまったために防犯性能は現在ではやや低めとなっています。鍵交換の際は、ロータリーディスクタンブラー錠などへの交換がおすすめです。また、同じピンタンブラー錠でも、ピッキング対策を更に推し進めたものもあるようです。

    3.ロータリーディスクタンブラー錠
    ロータリーディスクタンブラー錠は、ディスクシリンダー錠、ピンタンブラー錠とピッキングに対する弱さに対して、様々な対策を打ってきた鍵メーカーにより、現在主流の鍵の中としてはかなりのピッキング耐性を持つ鍵としてデビューしました。今までのピッキング被害の傾向を鑑みて、それに対しての対策が施された鍵ですから、防犯性能はかなり高めのものといえるでしょう。
    ただし、この鍵を持ってしても違法開錠は防げず、特に鍵を壊して部品を抜き取ったり、鍵としての機能を失わせる破錠行為は依然として完全に防げるとは言えません。しかし、これまでの鍵に比べれば圧倒的な耐久性を誇るのも事実です。ただし、鍵の精度が高くないと、鍵のトラブルを起こしやすいという点が、若干玉に瑕と言えるかもしれません。

    4.ディンプルシリンダー錠
    ディンプルシリンダー錠は近年普及しつつある錠前で、これまでの鍵と大きく異る構造をしています。私達がよく知っている鍵といえば、鍵の表面に山と谷が刻まれているギザギザしてものですが、ディンプリシリンダー錠の場合はそのギザギザは無く、代わりに鍵表面に小さな凸凹があります。この凸凹の1つ1つにシリンダー内部のピンが合致することで、シリンダーを回転させて開錠を行なうことが出来るのです。ディンプルシリンダー錠は近年出回っている鍵の中では、ロータリーディスクタンブラー錠以上とも言える耐久性を持ち、合鍵の作製も難しいことから、高級住宅だけでなく一般的な集合住宅での使用例も増えつつあります。ただし、前述のとおり、合鍵の作成には高い技術力が必要なので、合鍵が急に要るという場合に、鍵屋から鍵メーカーへ発注ということになるかもしれないので、鍵の管理には十分注意が必要です。

  • カギ開けとは?

    私達が一般的にイメージする鍵開けのイメージは、おそらくピッキングでは無いでしょうか?細長い針金などを鍵穴に突っ込んで、しばらくいじると鍵が開くというシーンを、古いドラマなどではよく目にしたことでしょう。しかし、実は最近のカギというのはピッキングに対して極めて強いというのをご存知ですか?ピッキングが可能なのは古いピンシリンダー錠などに限られており、最近の鍵開けではもっぱら別の方法が使われていることが多いのです。そもそも、ピッキングはきちんと行えば、カギを全く傷つけることがなく解錠させることも出来る便利なものでしたが、空き巣などはカギが開けば良いので、雑に作業を行うことが多いものです。しかも、簡単さから多くの空き巣犯にノウハウが広まってしまい、鍵メーカーはその対応を急いできましたが、実は専門のカギ業者であれば、そういった対策が施されたカギでも、ピッキングにより開けることが出来ると言われています。ただし、鍵業者による鍵開けというのは、大前提としてドアや鍵を出来る限り壊さずに開錠を行なうことが再優先となります。万が一ドアを壊せば、ドアの交換まで必要となるために、大規模なリフォームが必要になる場合がありますし、顧客からの満足度も低下するでしょう。その点においても、ピッキングの利点はなんといっても鍵を壊さないところが優れているといえるかもしれません。従来のカギに比べると、近年出回っているカギのピッキングは技術的にも高度で、空き巣のように、一度入れれば鍵が壊れても構わないという場合は、より簡単で荒っぽい方法を使うことが最近は増えています。こういった方法を違法開錠と行ったりしますが、その手口は実に多種多様です。特に近年、高出力の電動工具が簡単に手に入る用になったことにより、電動ドリルを使って、鍵の内部構造を破壊して開錠を行なう方法であるドリリングが増えているようです。また、ドアとドア枠の隙間にバールなどを無理やりねじ込み、ドアをこじ開ける方法もあります。これは特にドアの内部に鍵が内蔵されている面付錠で被害が多い傾向にあります。これらの違法開錠は、鍵やドア枠を物理的に壊されるので、鍵やドア枠の強化が急がれています。また、これらの方法よりも破損箇所が小さいものとしてサムターン回しという違法開錠方法もあります。この方法は室内側の鍵のノブ、サムターンを特殊な器具などを用いて回すことで、鍵を壊すこと無く解錠します。他にも、引き戸の鍵開けの場合は、ガラスに小さい穴を開けて、室内側の鍵のスライドやノブを回す方法もサムターン回しに似ているかもしれません。
    実は、鍵業者の鍵開け、という場合にも鍵を破壊する破錠が含まれます。鍵屋さんでもなんともならないような鍵の場合、特に鍵穴などにゴミなどが詰まり、如何ともし難いという場合には、破錠行為により鍵を一旦壊し、それから新しい鍵へと交換することが行われる場合があります。特に古い鍵の場合、ピッキングなどで壊さず開けられたとしても、同じような被害が何度も続くことがある場合には、破錠による解錠も行われることがあるようです。また、鍵開けはなにも玄関のカギだけで行われる作業ではありません。例えば会社のロッカーや机の引き出しの鍵を開ける場合も、単純な鍵とはいえ素人で鍵開け、しかも壊さずに行なうというのは難しいので、そういった時に鍵開けの技術を持つ鍵屋が皆さんの依頼に答えてくれます。金庫のようにダイヤル錠とシリンダー錠の複合タイプ、スーツケースのようにTSAロックを利用したもの、自動車やバイクの鍵開けも、かなりの事例があるようです。昔は簡単だった鍵も、今は防犯対策のためにかなり高度な技術が必要です。そんな時に、技術を持った業者はたいへん頼りになるはずです。

  • 鍵の種類と合鍵作成にかかる時間の比較

    通常、鍵を新しく取り付けると、メーカーから既に合い鍵が何本かセットになっていることが多いです。しかし、家族が多かったり、事務所の中で従業員に鍵をもたせたりする場合は、それだけでは足らず、合い鍵が必要になることが多いです。しかし、実はこの合鍵、鍵の種類によって製作時間が違うというのはご存知でしょうか?鍵なんて、どこでも作れるんじゃないの?と思われる方も多いと思いますが、防犯性能の高い鍵ほど工作精度が高くなっており、メーカーに依頼しないと鍵が作れないこともあるのです。例えば、近年はかなり減ってきた古いディスクシリンダー錠なら、10分程度で合鍵を作ってもらうことが出来るようです。しかし、これは同時に鍵自体の防犯性能の低さも表しています。ディスクシリンダー錠は使い回しの良さから多くの住宅で使われていて、日本国内の戸建ての約半分、集合住宅では7割以上の物件で使われていると言われています。しかしこの鍵はピッキングに大変弱く、数分程度でピッキングで解錠できてしまうのです。
    近年増えてきたピンタンブラー錠は、ディスクシリンダー錠は、より防犯性能を向上させたタイプで、こちらも合鍵は数十分もあれば作ってもらえるでしょう。早いところだと30分かからないこともあるようです。しかし、やはり防犯性能は低めで、近年主力となっているロータリーディスクタンブラー錠や、ディンプルシリンダー錠と比べると見劣りする部分も無いわけではありません。
    では、近年使用されている防犯性の高い鍵、ロータリーディスクタンブラー錠は合鍵を作るのにどのくらい掛かるのでしょうか?実は、合鍵作製時間自体は、ロータリーディスクタンブラー錠でも、ピンタンブラー錠でもそこまで違いは無いようです。ただし、ロータリーディスクタンブラー錠の合鍵は、純正キーと少しでもずれていると開けられないという精密なものですから、合鍵を制作してもらう時は、きちんとロータリーディスクタンブラー錠であることを分かって制作してくれる、経験豊富な業者が良いでしょう。また、引っ掛かりなどがある場合は作り直しが必要なこともあります。もし引っかかりがあるまま使っていると、鍵穴の内面を荒らしてしまって、純正キーでも開けられなくなるという最悪の自体を招くことも考えられるからです。
    最後のディンプルシリンダー錠は、現状最高峰とも言われる防犯性能を持っており、鍵屋のように専門的な知識を持たない人間のピッキングに対して、ほぼ無敵ともいえる高い性能を持っています。また、鍵については純正キーのみの対応となっていて、合鍵を作成できる業者が非常に限られていることも多く、その場合は鍵の製造メーカーに依頼して発注という形になり、1週間程度の時間が必要になることもあります。また、これと似ているのがマグネットが入っているマグネットタンブラーシリンダー錠も、鍵屋によっては合鍵作製に対応できず、メーカーの取り寄せを依頼することになることもあります。マグネットを使用している形式なので、一般的なピッキング用具で解錠を行なうことは出来ず、防犯性能が高い反面、もし失くしてしまった場合の鍵トラブルの解決も難しくなるため、鍵の管理については他の鍵以上に注意を払うことが必要です。簡単に合鍵が作れる錠前から、メーカーでなければ対応できないような鍵の2つもありますが、鍵を落として空き巣犯に悪用されては同じことです。鍵を落とさないように、キーホルダーでかばんに取り付けておくとか、キーケースに入れて、落としても直ぐ気がつくようにするという自衛手段はもちろん、複数の鍵を1つのドアに取り付けるワンドア・ツーロックの推進も検討していくことが必要でしょう。

0120-949-986