剪定

剪定業者比較 目安料金について 高さ3mのマツの木を5本剪定した時の目安料金となります。

検索結果
132社のうち131 - 132件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

剪定:
1,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

庭木の剪定を素早く、丁寧に行います!植樹や造園もお任せください。

育ちすぎた庭木を素早く・綺麗に剪定いたします。植樹や造園などのご提案もしておりますので、お庭のことでお悩みの方はぜひご相談ください。お見積りは木の高さ・種類をもとに正確に行います。 続きを読む

アルプス造園

対応エリア:
東海  
所在地:
  • 低価格で丁寧な仕事

自社施工の安心価格!お客様が安心できる剪定を実行します!

剪定は、あまり行う機会のない作業かもしれません。作業するにしても、なんとなく鋏を入れてみたり、一番近い業者にお任せしたりと、あまり考え込むことは無いのではないでしょうか。しかし、それは間違いかもしれません。ご自身で行えば、対象の樹木や自分自身に危険が降りかかるかもしれません。もっと良質な業者が見つかるかもしれません。まずは一度、剪定に関する心構... 続きを読む

他対応カテゴリ
剪定
伐採

生活110番おすすめサービス

剪定:
1,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

庭木の剪定を素早く、丁寧に行います!植樹や造園もお任せください。

育ちすぎた庭木を素早く・綺麗に剪定いたします。植樹や造園などのご提案もしておりますので、お庭のことでお悩みの方はぜひご相談ください。お見積りは木の高さ・種類をもとに正確に行います。 続きを読む

剪定業者をエリアから探す

剪定に関する、みんなの暮らしの知恵袋

剪定について

  • 庭の見た目と剪定の関連性

    庭木は野山の木々とは異なり、人の手によって手入れをされる、つまり剪定作業を行ってもらう必要があります。なぜなら、自然の木と庭の木とでは環境があまりにも違いすぎていて、外的要因による影響を直に受ける植物はその成長性にも相違点があるからです。野山とは異なり、限られた空間の成長では植物本来の美しさを発揮することはできません。その空間とご利用者様の好みに適応させる形での剪定は、必要性の高い作業ということができるでしょう。もしこれを怠った場合には外観上の大幅なイメージダウンに繋がってしまうほか、近隣住民様とのトラブルを招く可能性も考えられます。外観のイメージダウンとして、分かりやすい例は頭髪です。長い期間散髪に行っていない方の頭髪はだらしなく映り、イメージ的にマイナスとなりやすいはずです。同じ長さの頭髪であったとしても、小まめなメンテナンスがされている場合はとても印象のいいものに映るはずです。学校や社会では整った身だしなみが求められ、それに頭髪が含まれているということはこれらが要因なのかもしれませんね。技術のうまい下手はさておいても、小まめに手入れをしているという事実こそが重要な意味を持っているのです。パッと見で目につく点もきちんとできていない人間が、仕事や日常生活をきちんと送ることができると連想することは困難なはずです。さらに庭の場合は伸び散らした枝葉が動物や昆虫のターゲットにされやすく、衛生面から見てもよくありません。羽虫が敷地を飛び回り、草木は荒れ狂うように散々と伸び、蔦が壁面をはい回る様子はとても薄気味が悪いです。伐採がされていないために敷地内では無管理の生態系が形作られ、そこに集合体ができるということはそれを餌とするために新しい捕食者が訪れることに繋がりますから、徐々に膨らんでいった結果見るに堪えない惨状となってしまうかもしれません。そのような事態を避けるためにも、マメな剪定や草刈り、伐採は必要となってくるのです。せっかく自分の敷地に自然が在ってくれているのですから、お互いにとって気持ちのいい暮らしを目指してみてはいかがでしょうか。剪定は奥が深く、一言に片づけてしまうことはできない作業です。住宅との対比も考えると、さらに複雑な工程が必要となります。ですから、その二つの要素の間をうまく取り持ち、交差点をつなぎ合わせるような剪定ができると理想的と言えるでしょうね。直射日光は避けつつも清々しい陽が差し込み、清潔感のある土のにおいを含んだ風は木を根から優しくしならせ、静としてどっしり構える家とのびのびと在る自然が共生している住まい。そんな光景は、剪定によって実現させることができるのです。

  • 樹木にとっての剪定の必要性 

    剪定作業は、植物の成長にとって重要な意味を持ちます。日差しや気温、湿度などの様々な外的要因を木はその形状によって取り込む効率を変化させますから、形状は成長進度に影響します。具体的な例ですと、木は光合成をするために日の当たるほうへと葉を伸ばす習性をもちます。少しでも効率よく全体に陽を浴びるために、ずらっと平行に並ぶように葉を形成する種も存在するほどです。つまり、植物にとってその形状は環境に適応する手段の一つなのです。それが自然の野山なら特に問題なく伸び伸びと成長していくのですが、庭木ですと人間の都合も関わってきますから、そう簡単にはいきません。自生地で適応する形でDNAを作ってきたために、人間の都合で連れてこられた庭では自立することが困難という点もあります。ですから、そこの溝を埋めるために人間が手助けしてあげる必要があり、それが剪定作業の本質の一つです。木々が庭になじめるように、最適な形を作ってあげてください。慣れない土地で不安ですから、害虫は駆除してマメに草むしりもしてあげましょう。環境が整えられれば木本来の成長力で、すくすくと育っていってくれるはずです。もちろん、その成長は人間の都合については考慮されていませんから、正しい道を示してあげなくてはなりません。剪定は、植物と人間が快適に共生していくために必要な作業なのです。お世話を怠ると、お互いにとって不都合が生じてしまいます。植物には敷地なんて言う概念が存在しませんから、しれっとお隣の敷地に伸びていってしまうこともあると思います。場合によってはそれが近隣トラブルの原因になり、敷地からはみ出した部分は勝手に切り落とされてしまうかもしれません。植物の成長や、お住まいの都合を考えずに行われる伐採は良くないことです。それ以上にそのような状況ですと良いことがほとんどありませんから、やはりマメな剪定作業をするに越したことはないでしょう。植物の成長をコントロールしてあげてください。愛情込めてお世話をしてあげた植物はそれにこたえるように生き生きとした姿を見せてくれるはずです。大切なお住まいと合わさったその光景には思わず感動をおぼえることもあるかもしれません。ご利用者様の手で、植物が成長するのに最適で、ご自身にとっても満足のいく剪定を目指しましょう。一言に剪定と言ってもその手法は多岐にわたり、それぞれ植物やご利用者様にとって意味のある工程です。もしかしたら、中には剪定を短く刈り込むだけの作業と誤解されている方もいらっしゃるかもしれませんが、これを機会にぜひ改めていただけたら幸いです。

  • 剪定に適した時期

    植物は、その種類によって花を咲かす時期や咲かす部位がそれぞれ定まっています。このことは着花習性と呼ばれ、遺伝的な要素を多分に含んだものであるがゆえに剪定時にはこれを抑えた上での作業が重要となってきます。もしこれを知らずに剪定を行ってしまうと、花が咲かない可能性が生まれ、鑑賞を楽しみにしていた場合はがっかりすることになってしまいます。咲かないのは、むやみな剪定によって形成されていた花芽を無意識に摘んでしまっていることが理由です。剪定はとにかく短く切りそろえれば良いというものでは決してありませんし、1つのやり方をおぼえればそれで全種類の植物の剪定が可能となるというわけでもありません。私たち人間と同じで植物も個性がありますから、それぞれの植物に適当な手段をもって行ってあげる必要があるのです。愛情込めて行ってあげれば、きっと植物もそれに答えて元気な姿を見せてくれると思います。そこで、以下では着花習性について大まかに紹介していきたいと思います。まず一つ目ですが、春に開花するために、伸ばした枝に花芽をつけて越冬するタイプです。剪定はタイミングとしては、花後すぐがベストです。越冬時にはいらない枝を切りそろえ、形を整えておくことが好ましいです。カリンやフジなんかがこのタイプに該当します。それぞれ花芽がつく箇所が異なりますから、それを刈り取ってしまわないように注意して行いましょう。二つ目は越冬して開花するために頂芽と側芽に花芽をつけるタイプです。これの剪定タイミングも花後すぐが理想です。花芽の箇所によって若干の違いはありますが、基本的に花芽の形成後に剪定を行うことはあまりよくありません。場合によっては一切咲かなくなる可能性もあります。ですから、秋以降はそれと関係ない個所のみを切り、軽く済ませる程度にすることが推奨されます。ハナミズキ、サクラ、ヤマブキなどがこの種類に分類されます。これも一つ目と同様、花芽箇所に違いがありますから気をつけてください。最後の三つめは新しくできた花芽がその年に咲くタイプです。花後から新梢が伸びる前が剪定のタイミングです。この時に行うようにしましょう。キンモクセイ、サルスベリなどがこのタイプに該当します。以上のように、基本的には花後すぐに行うことが基本となってきます。場合によっては強剪定と呼ばれる枝の更新が必要なこともありますから、その点も抑えてください。また、これ以外の花の鑑賞を目的としていない常緑樹などは6月と10月、針葉樹は春か10月、落葉樹は11月から3月にかけてが良しとされます。このように、大まかに紹介するだけでもこれだけの知識が必要な作業が剪定ですから、細かな作業や確実な出来栄えを求めるなら、業者による剪定を利用しましょう。

  • 樹木を荒らす害虫について 

    お庭で悠然とそびえたち、私たちと共に暮らしてくれている庭木たちですが、天敵として害虫が存在しています。身動きを取ることができない樹木にとっては天敵であり、私たち人間がこれのサポートをしてあげる必要性があると言えるでしょう。害虫はそれぞれ樹木によって種類が異なり、当然駆除方法も異なってくるのである程度の知識を蓄えた上での行動が求められます。被害状況も変わってくるので、要点を抑えたうえでポイントポイントを守っていきましょう。サクラを始めとする多くの広葉樹に発生する種としては、アメリカシロヒトリというガが存在します。初期のころは葉脈と表面のみを残して食事を行うため、葉が透けて見えるようになるという特徴があります。成長と共に食事の分散化が始まりますから、この時点で初めて葉は丸坊主と化します。そのまま成長し、蛹となる際には落葉や溝へと移動するようです。これを駆除する際には、数が多い場合にはそのまま枝ごと切除してしまうのが有効とされます。発生初期であれば殺虫剤の散布も有効です。早期発見での行動が重要となってきますから、マメな点検を行ってあげるといいでしょう。特に剪定は植物の成長促進効果とそれを兼ねあわせることができますから、定期的に行うといいでしょう。雑草も虫が発生する要因となりますので、定期的に草むしりを行いましょう。その他の多くの種類に発生する種としては、イラガの存在が挙げられます。その雑食性は多くの樹木を守備範囲とし、これにはサクラも含まれています。これ以外にも、サクラは多くの害虫の標的とされることが多いので警戒する必要があるでしょう。そして、イラガなのですが、こちらはチョウ目のイラガ科の昆虫となっています。葉を主食としているのですが単独で行動する習性があり、樹木自体にはそこまでの影響はありません。危険なのは樹木以上に、私たちです。この種は強い毒を保有し、危険を察知した際に全身の棘から毒液を分泌します。強い刺激性を持ち、しびれるような痛さから地方では「デンキムシ」と呼ばれることもあるそうです。これは幼虫時のみの特性で、成虫時には無毒となり、口が退化していることで樹木被害も存在しませんから警戒を要するのは幼虫時のみと言えます。発見の際には決して素手では触れないように心がけ、安全な駆除を目指してください。大量発生した場合はアメリカシロヒトリと同様、殺虫剤を散布するといいでしょう。これらの種以外にも、樹木に発生する害虫は多くの種が存在します。その樹木が観賞用であった場合は美観を損ねるなどの被害もあり、我々人間にまで及ぶ被害も存在することから、多岐にわたる被害が特徴的と言えるでしょう。そして、害虫にはイラガのように知識がないと大けがを負う羽目になる場合もありますから、発生を確認したら可能な限り早めに剪定業者に相談し、安全で確実な対処を行ってもらいましょう。

0120-949-986