草刈り

草刈り業者比較 目安料金について お庭や空き地などで、20坪分の草刈りをした時にかかる1坪あたりの目安料金となります。

検索結果
151社のうち151 - 151件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

草刈り:
500円~/坪
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

草刈り・芝刈り・草むしり、全てお任せください!

定期作業、予防対策など草刈り・芝刈り・草むしりのことなら何でもお任せください。安心の明瞭会計で対応いたします。 続きを読む

草刈り業者をエリアから探す

草刈りに関する、みんなの暮らしの知恵袋

草刈りについて

  • プロに草刈りを頼むメリット

    近年あまり庭にこだわることなく、敷地いっぱいに家を建てるという人が増えてきた一方で、ガーデニングが趣味なので広い庭を持ちたいという人もまだまだたくさん見かけます。中には家庭菜園のように、別で敷地を持って作物を育てている人もいます。どのような庭であっても、春から夏にかけては雑草対策に追われるという人は多いのではないでしょうか?狭い範囲であればまだ手で地道に抜いていけば良いのですが、広い敷地になると少ない人数で広範囲の草刈りをするのはかなりの時間と労力が必要になります。1番手っ取り早く草刈りが行える方法に草刈機の使用があります。草刈機の中には非常に性能の優れたものも多く、よく草が刈れる一方で軽量で女性でも簡単に取扱いができ、長時間草刈りが出来る充電タイプのものや、刃を自由に取り替えて色々な場所の草刈りが簡単に行えるものもあります。こうした草刈りに使用するための草刈りですが、頻繁に使用するということがない限りは取り揃えるのは勿体無いことかもしれません。

    草刈り機は安いものでも数千円から数万円の間ぐらいのもので、仮に自分で草刈りをしても、地域によっては燃えるゴミとして扱ってもらえず、自分で焼却施設などに持ち込まなければならない場合もあります。また、足腰に負担のかかる作業がメインになりますので、ケガをしていたり、妊婦やご高齢の方には辛い作業になります。諸々の道具や体の負担なども考えると、草刈り業者を利用した方が得なこともあります。草刈り業者にはある程度、技術や経験を持ったものも多く、狭い場所からかなりの広範囲までを任せることも出来ますので、広い場所の草刈りをするために大きな草刈り機を購入して作業するよりも楽に済むかもしれません。草刈りをせずに放っておくと、ヘビや虫などの不快な害虫獣の温床となるばかりでなく、大切に育てている植物の成長を阻害し、見栄えも悪くなってしまいます。大きな場所であれば覆い茂った草が不法投棄や放火などを招くことがあります。実際に冬場に枯れ草が覆い茂った空き巣に子供が悪戯したり、放火されたという事件も多発していますので、草刈りをせずそのままにしておくことが決して良いことではないというのが分かります。草刈り業者は小回りの利く草刈機から、農業などの大きな場所で使用する草刈機まで豊富な種類を扱っているところもあるため、広範囲に渡る作業をしっかりと任せることが出来ます。自分で草刈りをするにはあまりに大変だという場合は、是非一度、草刈り業者を利用してみてはいかがでしょうか?

  • 自力でできる雑草対策

    毎年春から夏にかけてニョキニョキと成長する雑草。せっかく育てた植物の栄養を奪っていってしまうため、早めに雑草対策を行なわなければなりません。雑草は気がついたら抜くというのが1番良いのですが、なかなかそこまで目を配るのは難しいという方がほとんどではないでしょうか?雑草は伸ばしっぱなしにしていると、虫やヘビなどの温床となるばかりではなく、不法投棄や空き巣などの犯罪を助長することにもなりかねませんので、後回しにしたりと軽く考えることは止めましょう。

    草刈り(草むしり)のポイントは草の根本からしっかりと草を抜き取り、次に草が生えて来づらくすることです。土が乾いて固まっている状態では、草が素直に抜けないこともありますので、除草作業は雨上がりに行なうか、事前にしっかりと水で地面を濡らしておいた方が良いでしょう。また道具を使うとかなりスムーズに作業出来る場合があります。ホームセンターや100円ショップなどで売っているスコップやクワ、などを使用すると深い所まで土が掘れるため、雑草の根もしっかりと抜き取ることが出来ます。草むしりをしなければならない範囲があまりに広すぎる場合は、まとめて草を刈ることの出来る草刈り機を使用しても良いかもしれません。

    一度草刈りをしたからと言っても、雑草の生命力は凄まじいもので、土の中に残っていた根や、人間の目では確認できない僅かな花粉や種が成長し、1ヶ月もすればまた雑草が生えてきてしまいます。長期間草刈りを行なわなくても良い状態にするために便利なのが除草剤です。除草剤は雑草を根から枯らすことが出来るものもあり、一度使用すると最大で半年ほどは草が生えてこない状態にしてくれます。しかし除草剤は周囲に生えている植物にも影響を及ぼすことがありますので、慎重に使用しなければなりません。安全性に関してはペットや子供のいる家庭でも安心して使えるものもありますので、気になる方は一度安全性の高いものから使用してみましょう。

    雑草が生えてくる時期は日差しも強くなる時期ですので、必ずしっかりと水分補給を行い、周囲の草で手足を怪我しないように長袖・長ズボン・軍手を着用しましょう。帽子やタオルなどを被ると日射病を予防できます。草刈りをするのがあまりに大変そうだと思った時は一度草刈り業者を探してみてはいかがでしょうか?広い範囲の草刈りも行ってくれますので、あまりに範囲が広すぎて、全部を草刈りするのに時間と労力が掛かり過ぎてしまうという場合は、草刈り業者に任せてみるのも良い方法です。

  • 自力でできる雑草対策

    暖かい時期になってくると困るのが雑草です。雑草は生えっぱなしにしていると様々な問題が起こります。例えばせっかく育てている植物の栄養分を吸い上げ、成長を阻害したり、草が覆い茂っているせいで放火や空き巣などの犯罪を助長してしまうこともあるのです。手入れがこまめにされていない家は様々な方面からトラブルを招きやすいということが分かります。

    雑草が気になり始めたら、早めに草刈りを行なうことが大切なのですが、草刈りを一度行ったからといってそのままにしておくと、また雑草が伸びてしまいます。雑草には人間の目では普段見ることの出来ない小さな種や、花粉などが付いており、除草した段階からこうした種が撒かれている状態になります。では一度除草した後、こうした雑草を再度生やさないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか?

    除草剤を使うという人もいますが、他の植物やペット、子供などへの影響が気になる方は除草シートを使うと良いでしょう。除草シートはシートを敷くことによって、地面に雑草が生えないようにしてくれる優れもので、そのまま敷いても雑草が生えないようにすることも出来ますが、バークチップの下に敷くと除草の手間も省けますし、砂利が沈下しなくなります。

    除草シートを使用しての雑草予防にはいくつかのメリットがあります。
    まずは危険な薬剤を一切使用しないので安全性がとても高いということです。また、除草剤の難点は時間が経つと、人が歩いたり風や雨が降ったりしてどんどん効果が薄れていってしまうことが難点ですが、除草シートであればそのような心配は要りません。また、手入れが楽であるというメリットもあります。ある程度時間が経つと雑草が生え放題になってしまう除草剤は、一度効果が無くなったらまた撒き続けなければなりませんが、除草シートではそのような心配は無用で、一度使うと10年近くも除草効果を発揮してくれる優秀な除草シートもあります。

    もちろん除草シートで草刈りをしなくて良い状況にすることは出来ますが、家全体をそのような除草シートで覆い尽くすのは難しく、また除草シートが張られていない場所でも植物は根を張って成長することが出来ますので、除草シートを敷いたからと言って、全ての雑草を防ぐことが出来るわけではありません。また低品質な除草シートを使うと、次第に繊維間に隙間が生じてそこから雑草が生えやすくなってしまいます。

    除草シートを選ぶ時は丈夫な作りであることや、扱いやすいことなども考えて選ぶと良いでしょう。除草シートが扱えないほど広い場所の草刈りであれば、一度草刈り業者に除草を頼んでみても良いでしょう。

  • 草刈り・除草を行うのに適した時期

    草刈り業者は4月後半から秋ごろまでが繁忙期となっています。この時期は草がかなり盛んに伸びる時期で、全国から草刈り業者に庭や田畑の草刈りを注文が殺到します。草刈りというと天気が良い日ならいつでも行えば良いのではないか?と思っている方も多いのですが、実は草刈りには適している時期が3回ほどあります。

    1度目の適した時期は6月頃に行なうものです。この時期の雑草は前の年から蓄え続けた養分で成長する時期であることや、雨の多い季節であるという理由で、草がどんどんと伸びていきます。この時期に草刈りをしないと、草が高く伸びすぎてしまうため、草刈りをするだけでかなりの重労働になってしまいます。
    この時期にもしも草を刈るなら、土が柔らかくなった雨上がりか、もしくは事前に地面をたっぷりと濡らした状態で作業を始めると根までスムーズに除草出来ます。熱中症にも注意しなければならない季節ですので、水分補給や装備をしっかり整えてから作業に取り掛りましょう。

    2度目は9月から10月の草の生命力が落ちかけている時期に行なうものです。弱っている時期に刈り取りをされると、それだけで草にとっては痛手になりますので、一気に草の勢いを鎮静化することが出来ます。
    この時期であれば草刈機を使用するのもおすすめです。草刈機なら一気に作業を進められますし、一度刈ってしまえば次の春までは葉の勢いが衰えたままでいてくれますので、秋から冬にかけては除草の必要も無くなるでしょう。

    3度目は枯れ草が多くなる12月頃です。この時期の草刈りは主に枯れ草の処理になります。枯れ草を放っておくと放火などの危険性が高まります。一度こうした枯れ草に火が付くと、乾燥した時期ですのでかなりの勢いで燃え広がります。実際に子供が火遊びしてしまった、空き地で放火されたという事件もよく起こってますので、火事などの危険を防ぐためにもこの時期に草刈りを行っておくことが大切です。

    草刈りにはスコップやカマ、クワなどが使いやすいのですが、あまりに広い範囲の草刈りをしようと思うと、それだけで作業をしようと思うと大変な時間と労力を必要とします。また、刈り取った後の草は、自治体によってはゴミとして処分できないところもありますので、広い範囲の草刈りが必要な場合は一度草刈り業者に相談してみてはいかがでしょうか?希望の日にちにまとめて草刈りをしてもらうとスッキリしますし、家を不審者や厄介な害虫・害獣から守ることもできるでしょう。

0120-949-986