アスファルト工事

アスファルト工事業者比較 目安料金について 車2台分の駐車場の舗装する時にかかる費用の1㎡あたりの目安料金となります。

検索結果
49社のうち41 - 49件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

アスファルト工事:
5,000円/㎡前後
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

アスファルトのことなら何でもご相談ください!

路床仕上げ、転圧作業、アスファルト舗装までの作業を含み、料金に含まれるサービスを明確にしております。作業後に追加料金のご請求はございませんので、どうぞご安心ください。 続きを読む

有限会社岩田設備工業

対応エリア:
東海  
所在地:
長野県長野市松代町松代1087-1
  • 低価格で丁寧な仕事

実績豊富なアスファルト工事!親切丁寧なサービスをご利用ください!

アスファルトは高い機能と加工のしやすい性質もあって、毎日目にしない日は無い程各地で使用されています。ですが、その使用あたって適切なアスファルト工事を行わなければ、本来の役割を果たせず劣化などが早期に生じてしまうこともあり、正確な知識と技術による取り扱いが長期的な効果に大きく影響してきます。当社岩田設備工業は、そうしたアスファルト工事をこれまでに... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事

株式会社C-one(シーワン)

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
香川県高松市檀紙町300-1
  • 低価格で丁寧な仕事

当たり前のことを当たり前にできるように誠心誠意頑張ります!

「新設・丁寧に作業いたします!」多くの企業はこのようなモットーを掲げていますが、それについて真剣に取り組んでいる業者はどれほどあるでしょうか。株式会社C-one(シーワン)でも、前述のようなモットーを掲げています。このモットーが有名無実とならないよう、スタッフ一同真心こめて作業に当たらせていただきます。 【意外と弱いアスファルト】 清掃業を中心に行... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事
草刈り

株式会社M・Kプランニング

対応エリア:
北陸  
所在地:
新潟県新潟市南区上下諏訪木925-1
  • 低価格で丁寧な仕事

お客様へのマゴコロを第一に親身になって相談に乗らせていただきます

M・Kプランニングはお客様目線を大切にしています。価格が高すぎると依頼しにくい、でも、工事のクオリティにだってこだわりたい…。高品質なものを低価格でご提供するべく、社員一同、今日も頑張っております。お問い合わせやご相談は、お気軽にどうぞ! 【アスファルト工事】 アスファルト工事はどこに依頼しても同じでは?と考えるお客様もいらっしゃるかも知れません... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事

株式会社みらいエステート

対応エリア:
関西  
所在地:
兵庫県加古川市西神吉町大国217-10
  • 低価格で丁寧な仕事

綿密なコミュニケーションを通してあなたの理想の施工を実現します!

素人の方には難しい工事では、望む望まないに関わらず職人の方の言いなりになりがちです。中には、職人さんに対して頑固で話を聞かないようなイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。しかしそのように遠慮していては、工事が終わっても「こんなはずじゃなかった……」と残念な気持ちで終わってしまうかもしれません。 株式会社みらいエステートでは、そのよう... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事

株式会社アリビオホーム

対応エリア:
九州  
所在地:
熊本県熊本市東区小山2-14-47
  • 低価格で丁寧な仕事

高品質・高性能であることにとことんこだわっております!

アリビオホームの「アリビオ」は、ポルトガル語で「安心」という意味を持つ言葉です。30年後も40年後も安心してお使いいただける「ものづくり」にこだわっています。 【高性能へのこだわり】 高性能な素材とハイグレードな技術を融合させ、お客様には最高の商品・仕上がりをご提供いたします。はじめから高性能な物をお使いいただくことによって、長期間快適に使用を続... 続きを読む

他対応カテゴリ
シャッター修理

株式会社ヨネス産商

対応エリア:
東海  
所在地:
愛知県名古屋市中川区的場町3-61
  • 低価格で丁寧な仕事

お客様満足度120%を目指して業務に励んでおります!

株式会社ヨネス産商は、愛知県を拠点に岐阜県・三重県のお客様からのご依頼にもお応えしております。弊社の社訓は「初心を忘れず、感謝の気持ち、奉仕の精神を持って、業務を遂行する。」です。主な業務内容として、住宅の解体工事、アスファルト工事などを行っていますが、どの工事においても危険はつきものです。ベテランの作業員であっても、常に安全確認は忘れません。... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事

株式会社安藤組

対応エリア:
北海道  
所在地:
北海道函館市石川町96
  • 低価格で丁寧な仕事

細部まで丁寧なサービス!安心確実なアスファルト工事を実施します!

日常目にする道路などはそのほとんどにアスファルトが使用されています。それらは身近にありすぎて気に留めないことも少なくありませんが、高い機能と利便性を持っているからこそ、様々な場面で採用されているものです。比較的材料費が易く加工がし易い、その上で安定して排水性も高く保つ事ができるアスファルトは、今ではご家庭の敷地などでも使用されることが増えてきま... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事

稀那興業

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
広島県福山市引野町536-2-303
  • 低価格で丁寧な仕事

住まいに関するお悩みは稀那興業にご相談ください!

「稀那興業」では住まいに関する業務を行っており、建築工事から解体工事まで幅広く対応しております。新築時の駐車場のアスファルト工事も喜んでお引き受けいたしますので、ご検討されている方は是非当社にお問い合わせください。当社の強みは施工技術です。長年の経験と培った技術で地域のお客様にご愛顧いただいております。小さな工事から大規模な工事まで何でも承りま... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事

生活110番おすすめサービス

アスファルト工事:
5,000円/㎡前後
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

アスファルトのことなら何でもご相談ください!

路床仕上げ、転圧作業、アスファルト舗装までの作業を含み、料金に含まれるサービスを明確にしております。作業後に追加料金のご請求はございませんので、どうぞご安心ください。 続きを読む

アスファルト工事業者をエリアから探す

アスファルト工事に関する、みんなの暮らしの知恵袋

アスファルト工事について

  • アスファルト特有のメリット

    アスファルトには天然アスファルトと石油アスファルトの2種類があります。天然アスファルトはトリニダード・トバゴが世界最大級の天然アスファルトの産出国で、天然アスファルトが噴出し、湖を形成している所が国の中に何箇所かあるそうです。日本では人工的に作られた石油アスファルトが主流で呼ばれています。アスファルトは常温で固体、半固体となる粘性の液体であり、加熱すると容易に溶解する性質があります。人工のアスファルトと天然アスファルトの違いとしては、石油アスファルトの場合、石油を精製してから原油をガソリンや灯油、重油、軽油などに分留して得られるものです。天然アスファルトは自然界に存在している原油の軽質部のみが蒸発し、アスファルトの成分が残ったものとされています。
    他の舗装とアスファルトを比較してみると、さまざまな差異があるため、それぞれの土地にあった舗装を行うことが大切です。しかし、さまざまな舗装を比較した中でもアスファルト舗装は特に利便性が高く、広く使われている舗装の一つです。以下でアスファルト舗装とその他の舗装の特徴を確認していきます。
    まず、アスファルト舗装はメリットとして、柔らかいこと、廉価であること、施工にかかる期間が短いことなどがあります。コンクリート舗装は割れにくい、表面温度が高温にならない、などがあります。道路でよく使われているアスファルト舗装ですが、なぜ使われているのかというと、道路上では固まるまでの時間が短くて済むことや、柔軟性があるため、一定以上の力が加わって壊れてしまうコンクリートと比較すると、変形しながら耐える耐久性を持っているという特徴から選ばれていると考えられます。アスファルト舗装の方がコンクリート舗装より長期的に使うことができるとされ、それが大きなメリットとして道路工事などで頻繁に使われているようです。
    アスファルト舗装、コンクリート舗装、それぞれのメリットを活かしてどのような舗装が最もいいのか考える必要があります。他にも、アスファルト舗装にはカラーアスファルトなど、着色をしたり、デザイン性を活かした舗装をすることができるという点や、補修が容易であるということ、撤去が他の舗装と比較すると手軽にでき、再生が可能であることなど、さまざまなメリットがあります。
    このように多くのメリットがあるアスファルト舗装ですが、「どこの業者に依頼すればいいのかわからない」という方もいらっしゃるかと思います。そのような場合には、ぜひ当サイトの生活110番をご活用ください。

  • アスファルトの補修について

    日本で使用されているアスファルトは一般的に原油を精製して作られるため、石油アスファルトと言われています。このようにアスファルトは天然アスファルトと石油アスファルトに大別されていますが、精製工程や使われる原料などによってさらに細分化されています。石油アスファルトはストレートアスファルトとブローンアスファルト、天然アスファルトはレイクアスファルト、ロックアスファルト、オイルサンド、アスファルタイトなどに分類され、更にこれらから細かく分かれていきます。
    日本のアスファルは、大正期に使用が始まりました。戦後に起こった高度経済成長による社会の工業化とインフラ整備の需要増大によって大きく広まりました。アスファルトにはさまざまな規格や試験があり、それぞれの試験を行うことによって、アスファルトの強度が規定に達しているか確認しています。アスファルトの試験には主要なものでおおよそ14種類ほどの試験があり、それぞれでアスファルトの硬さを調べます。このように厳しい試験に合格したものがアスファルトとして認められ、アスファルトの舗装として使われるのです。
    しかし、このように厳しい基準を満たして道路や建物などさまざまな場所で使われているアスファルトですが、時が経つとひび割れたり、剥がれてきたり、さまざまな要因によって壊れてしまうということがあります。そうした場合、アスファルトを個人で修復するのか、アスファルト舗装を行っている会社に修復を依頼するのか、意見が分かれます。
    舗装されていたアスファルトが破損してしまった場合には、一般的にアスファルト舗装を行っている会社に補修を依頼することがもっとも安心して任せられる修復方法です。ホームセンターなどでアスファルトを補修できる道具などが売っていたり、DIYの一環で自分で行うという人もいますが、個人でアスファルト舗装の修復を行った場合、表面を平らにならしたり、見た目が悪くならないようにキレイに修復させるのが、非常に難しくなっているため、あまりおすすめはできません。
    個人の力量や手先の器用さによって出来上がりにムラができたり、かえって修復する範囲が広がってしまったりすることがあるため、やはり均一の仕上がりが期待できるアスファルト舗装を行っている会社に依頼することが1番確実なアスファルトの修復方法ではないでしょうか。
    もし、アスファルト舗装の修復を行っている会社をお探しでしたら、ぜひ生活110番をご利用ください。

  • アスファルト舗装の一般的な施工の流れ

    道路や公共施設、住宅などさまざまなところで使われているアスファルトですが、実際のアスファルト舗装の施工過程や方法でどのようなものがあるのか分かりにくいものですよね。アスファルト舗装がどのようにして行われるのか、以下で流れを確認してみましょう。
    まず、アスファルト舗装をすると言っても、いきなりアスファルトを流し込んでいくのではなく、まず下地となる地面を整備してアスファルト舗装ができるような路盤を形成します。具体的には土地にある不要な土を取り去り、ブルドーザーなどで運ばれてきた土をならしてモーターグレーダーなどで決まった均一の仕上がりの厚さになるよう敷きならしていきます。その後ロードローラーなどの転圧機械で締固めます。十分に基盤となる土が固まったところでアスファルト舗装を行います。この下地となる部分でも、排水機能や雨水の勾配など、舗装後にどのようになるのかを検討しながら、最適な基盤つくりを意識して行っていきます。
    これらの経過を経てアスファルト舗装としてアスファルト合材を搬入し、アスファルトを運び込みます。そしてアスファルト合材を敷きならし、仕上げていきます。この時に手動でアスファルトを敷きならす方法と、機械によって敷きならす方法があります。アスファルトは冷えると固まってしまうため、冷える前に締固め、最後まで均一な見た目となるようきれいに補正していきます。これらの工程を終えるとアスファルト舗装がほとんど完成です。あとは機械を引き上げてラインを引いたり最終施工を行ったりして完成します。
    アスファルト舗装にかかる期間はアスファルト舗装を施す敷地面積に左右されますが、駐車場など、ある程度の広さを持つ場所でのアスファルト舗装ですと、およそ一週間前後でアスファルト舗装を行う場合が多いようです。
    おおよそこのような流れで行われるアスファルト舗装ですが、実際にアスファルト舗装を行う場合に、「どのようなアスファルト舗装会社に依頼すればいいのかわからない」と悩まれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、普段から頻繁に利用するようなものではないため、アスファルト舗装を行う場合どのようなところに依頼すればいいのか分からないというところもありますよね。また、アスファルト舗装は一度行うと修正が難しいため、アスファルト舗装を依頼する場合には、アスファルト舗装を行っている会社に依頼することが大切ではないでしょうか。
    このようにアスファルト舗装の会社に悩まれている方は、ぜひ当サイトをご利用ください。探していた条件に合うアスファルト舗装会社が見つかるかも知れません。

  • 排水性・透水性について

    アスファルト舗装を施工する場合、大切なことがいくつかあります。その中でも、「アスファルト舗装後にどのような状態で使えるようになるのか」という見通しを立てるということが大切です。アスファルト舗装の後には、どのようにしてアスファルト舗装された土地を使っていくのか、使っていく中で困ることはないか、などさまざまな自体を想定し、より堅実な方向でアスファルト舗装を行っていくようにしましょう。
    道路として施工するのか、駐車場として施工するのかなど完成形の見通しによってアスファルト舗装の時に行う施工内容が変わってきます。このようなアスファルト舗装の中でも透水性舗装と排水性舗装が大きく差異が出来てくることになっています。透水性舗装とは、水を透過して表層を乾いた状態で保つために必要なアスファルト舗装で、排水性舗装は表面から浸透した水を路盤へ排出していくことを目的としたアスファルト舗装です。それぞれに特徴があり、必要とされる場面が異なるため、アスファルト舗装の会社と話し合って工事内容を決めていきましょう。
    透水性舗装は、具体的に言うと雨水など路面に集められた水をアスファルト舗装の砂粒同士の隙間から地中へ九州していく機能をもった舗装です。この透水性舗装は駐車場や遊歩道、公園などで多く見られるものです。排水性舗装と比較するとゴム樹脂の配合率が低く、低価格で施工できるというメリットがあります。しかし、この透水性舗装を利用すると、降雨時など、水が一気に流れこむ際には路盤の強度が保てなくなってしまう恐れがあるため、道路など強度が必要な箇所では主に排水性舗装を施工します。
    排水性舗装は雨水など路盤に注がれた水を路盤上に滞水しないよう、排水性舗装の内部から排水させていく機能を有したアスファルト舗装です。これは車道などに施工することによって雨の日などのスリップ防止や沿道への水はねを防止する役割をもっています。これは日本の国道でも使われているアスファルト舗装です。特に雨天時の見通しや視界範囲の向上や水膜現象とも言われているハイドロープレーニング現象の発生を抑える効果、そして雨の日の騒音低減などの効果も期待できます。また、高機能舗装という名称で呼ばれることもあり、各種幹線道路や高速道路などでも使われています。
    このようにさまざまな機能を有しているアスファルト舗装ですが、どのような舗装を施したらいいのか、自分の土地は透水性舗装がいいのか、それとも排水性舗装がいいのか分からないという方はいらっしゃいませんか。確かにこれはどのようにして決めればいいのか一般の方には判別がつかないものです。そんな時にはぜひ当サイト「生活110番」をお使いください。

0120-949-986