アスファルト工事

アスファルト工事業者比較 目安料金について 車2台分の駐車場の舗装する時にかかる費用の1㎡あたりの目安料金となります。

検索結果
142社のうち21 - 30件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

アスファルト工事:
5,000円/㎡前後
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

アスファルトのことなら何でもご相談ください!

路床仕上げ、転圧作業、アスファルト舗装までの作業を含み、料金に含まれるサービスを明確にしております。作業後に追加料金のご請求はございませんので、どうぞご安心ください。 続きを読む

株式会社 向井組

対応エリア:
関西  
所在地:
大阪府泉佐野市南中安松1681-2
  • 低価格で丁寧な仕事

長い歴史を持つ向井組に近畿のアスファルト工事はお任せください

【アスファルト工事は向井組に】 株式会社向井組は、昭和54年に創業して以来、土木工事一筋の企業です。今日まで地域の皆様に支えられて営業してまいりました。当社のモットーは「限りない向上心」。お客様のためにできることを限界なく追い求め、高い品質と迅速さを兼ね合わせた工事を追求してきたという自負があります。アスファルト工事においてもこれは同様です。駐車... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事

株式会社さくらサポート

対応エリア:
東海  
所在地:
三重県松阪市大黒田町1489-5
  • 低価格で丁寧な仕事

建物の外回り工事が大得意!アスファルト舗装もお任せください!

株式会社さくらサポートは、主にリフォーム業を行っております。特に、建物の外回りに関する工事を得意としており、アスファルト工事のご依頼にもお応えしてきました。アスファルト工事できる業者の数は少ないと言われがちですが、弊社はお客様の生活スタイル、ご要望に合わせて最適なプランにて自社施行いたします。また、アスファルト工事をご依頼する機会は多くはないと... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事

株式会社アドバンス

対応エリア:
関東 / 関西  
所在地:
東京都新宿区西新宿5-15-6
  • 低価格で丁寧な仕事

施工も接客も高レベルのアスファルト工事ならアドバンスにお任せ!

【誠実丁寧、高品質のアスファルト工事】 「株式会社アドバンス」は、ハウスクリーニングやリフォーム工事などのサービスを通してお客様の多種多様なご要望にお応えする便利屋です。アスファルト工事も当社が提供するさまざまなサービスのなかのひとつ。そう言うと、専門性がないのではないか、品質が保証されないのではないかとご不安に思われるお客様もいらっしゃるかも... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事

S シンセラティ

対応エリア:
九州  
所在地:
佐賀県三養基郡みやき町江口2261
  • 低価格で丁寧な仕事

確かな信頼と実績を糧にアスファルト工事に挑みます!

「アスファルト工事なんて、自分とは無縁なものだ」そのようにお考えの方も決して少なくないかもしれません。確かに、このような工事を依頼されることは、長い人生の中でも数えるほどしかないでしょう。しかし、それこそ砂利敷きや芝生張りのように、気軽に考えていただきたいと思います。 私たち「シンセラティ」は、20年以上にわたってそのような工事を行ってきた経験が... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事

株式会社チカダ

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
徳島県鳴門市 大麻町市場字川縁16
  • 低価格で丁寧な仕事

進化するアスファルトをあなたのお宅でお試しください!

私たちが知らないだけで、馴染みのない分野で新技術が発明されていたというのはよくある話です。例えば、断熱材に強い弊社では「アイシネン」という新型の断熱材を売りにしています。吹き付けるだけで100倍に発砲するアイシネンの施工をご覧になったら、きっと驚かれるでしょう。 さて、断熱材もそうなのですが、アスファルトの世界にも新技術は生まれています。アスファル... 続きを読む

他対応カテゴリ
ブロック工事・コンクリート工事
シャッター修理

株式会社フジミ

対応エリア:
東北  
所在地:
山形県米沢市中田町861-1
  • 低価格で丁寧な仕事

お客様のニーズに合わせて施工!アスファルト工事ならお任せください!

株式会社フジミは、山形県を拠点に福島県の一部地域でも活動しております。弊社は、一人でも多くの方にご利用いただけるように幅広い分野の業務を行っています。皆様が抱えている困り事を解決するためにも、社員一同、努力を惜しまず向き合いますので安心してアスファルト工事をお任せください。 【アスファルトのメリット】 一般のご家庭で、アスファルト工事をされる... 続きを読む

他対応カテゴリ
ブロック工事・コンクリート工事

Rグループ

対応エリア:
関東  
所在地:
埼玉県蕨市北町1-16-13ホンダマンション2-211
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し

アスファルト工事をご希望でしたらRグループへ!幅広い対応が自慢です!

これまで石と土の地面であった駐車場や庭にアスファルトを敷いてみてはいかがでしょうか。雨の時でももう泥はねが起きることはありませんし、歩きやすく運転のしやすい道になります。もしアスファルト工事がご希望でしたら、私たちRグループにおまかせください。私たちは幅広い対応が自慢の業者で、アスファルト工事も取り扱っているのです。もちろん技術面のことは心配され... 続きを読む

他対応カテゴリ
ブロック工事・コンクリート工事

有限会社 田建築工房

対応エリア:
九州  
所在地:
鹿児島県鹿児島市紫原7-6-5
  • 低価格で丁寧な仕事

アスファルトの工事は(有)田建築工房にお任せください!

「有限会社田建築工房」はリフォームや住まいの建築工事全般を承っております。長く生活するお住いですから、様々なお悩みやお困りごとが発生するでしょうが、当社では皆様と一緒に住まいのプランを立て、住まいづくりのお手伝いをさせて頂きますので小さな工事でもお気軽にご相談ください。満足いただけるサービスを目指しております。 【駐車場も承ります】 当社では... 続きを読む

他対応カテゴリ
アスファルト工事

ゆーいんぐ

対応エリア:
北陸 / 関西  
所在地:
京都府舞鶴市行永東町17-2
  • 低価格で丁寧な仕事

信頼できる会社を目指して日々精進しています!

「ゆーいんぐ」は、地元の方にとってはリサイクル品の買取・ネット販売などで知られているかもしれません。確かにそれらは、私たちが得意とする事業内容です。しかし、より多くの方々の力になれるべく、私たちは更なる事業の拡大を図りました。アスファルト工事も、そのうちの一つです。専門会社と比べればまだまだ実績は少ないかもしれませんが、持てる力を総動員し、満足... 続きを読む

他対応カテゴリ
シャッター修理

アイエイ塗装

対応エリア:
九州  
所在地:
宮崎県宮崎市大塚町弥堂ノ窪5551番地
  • 低価格で丁寧な仕事

アスファルト舗装はアイエイホームサービスにお任せください!

宮崎県の便利屋「アイエイホームサービス」では雑務代行からアスファルト工事のような大規模工事まで幅広く対応しております。創業1984年以来、地域の皆様のお困りごとのお手伝いをさせていただいております。住まいに関するありとあらゆる問題に対応させて頂きますので、お困りごとがございましたらいつでもご相談ください。「頼みたいけど頼めるか不安」という内容もご遠... 続きを読む

他対応カテゴリ
砂利敷き

生活110番おすすめサービス

アスファルト工事:
5,000円/㎡前後
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

アスファルトのことなら何でもご相談ください!

路床仕上げ、転圧作業、アスファルト舗装までの作業を含み、料金に含まれるサービスを明確にしております。作業後に追加料金のご請求はございませんので、どうぞご安心ください。 続きを読む

アスファルト工事業者をエリアから探す

アスファルト工事に関する、みんなの暮らしの知恵袋

アスファルト工事について

  • アスファルト特有のメリット

    アスファルトには天然アスファルトと石油アスファルトの2種類があります。天然アスファルトはトリニダード・トバゴが世界最大級の天然アスファルトの産出国で、天然アスファルトが噴出し、湖を形成している所が国の中に何箇所かあるそうです。日本では人工的に作られた石油アスファルトが主流で呼ばれています。アスファルトは常温で固体、半固体となる粘性の液体であり、加熱すると容易に溶解する性質があります。人工のアスファルトと天然アスファルトの違いとしては、石油アスファルトの場合、石油を精製してから原油をガソリンや灯油、重油、軽油などに分留して得られるものです。天然アスファルトは自然界に存在している原油の軽質部のみが蒸発し、アスファルトの成分が残ったものとされています。
    他の舗装とアスファルトを比較してみると、さまざまな差異があるため、それぞれの土地にあった舗装を行うことが大切です。しかし、さまざまな舗装を比較した中でもアスファルト舗装は特に利便性が高く、広く使われている舗装の一つです。以下でアスファルト舗装とその他の舗装の特徴を確認していきます。
    まず、アスファルト舗装はメリットとして、柔らかいこと、廉価であること、施工にかかる期間が短いことなどがあります。コンクリート舗装は割れにくい、表面温度が高温にならない、などがあります。道路でよく使われているアスファルト舗装ですが、なぜ使われているのかというと、道路上では固まるまでの時間が短くて済むことや、柔軟性があるため、一定以上の力が加わって壊れてしまうコンクリートと比較すると、変形しながら耐える耐久性を持っているという特徴から選ばれていると考えられます。アスファルト舗装の方がコンクリート舗装より長期的に使うことができるとされ、それが大きなメリットとして道路工事などで頻繁に使われているようです。
    アスファルト舗装、コンクリート舗装、それぞれのメリットを活かしてどのような舗装が最もいいのか考える必要があります。他にも、アスファルト舗装にはカラーアスファルトなど、着色をしたり、デザイン性を活かした舗装をすることができるという点や、補修が容易であるということ、撤去が他の舗装と比較すると手軽にでき、再生が可能であることなど、さまざまなメリットがあります。
    このように多くのメリットがあるアスファルト舗装ですが、「どこの業者に依頼すればいいのかわからない」という方もいらっしゃるかと思います。そのような場合には、ぜひ当サイトの生活110番をご活用ください。

  • アスファルトの補修について

    日本で使用されているアスファルトは一般的に原油を精製して作られるため、石油アスファルトと言われています。このようにアスファルトは天然アスファルトと石油アスファルトに大別されていますが、精製工程や使われる原料などによってさらに細分化されています。石油アスファルトはストレートアスファルトとブローンアスファルト、天然アスファルトはレイクアスファルト、ロックアスファルト、オイルサンド、アスファルタイトなどに分類され、更にこれらから細かく分かれていきます。
    日本のアスファルは、大正期に使用が始まりました。戦後に起こった高度経済成長による社会の工業化とインフラ整備の需要増大によって大きく広まりました。アスファルトにはさまざまな規格や試験があり、それぞれの試験を行うことによって、アスファルトの強度が規定に達しているか確認しています。アスファルトの試験には主要なものでおおよそ14種類ほどの試験があり、それぞれでアスファルトの硬さを調べます。このように厳しい試験に合格したものがアスファルトとして認められ、アスファルトの舗装として使われるのです。
    しかし、このように厳しい基準を満たして道路や建物などさまざまな場所で使われているアスファルトですが、時が経つとひび割れたり、剥がれてきたり、さまざまな要因によって壊れてしまうということがあります。そうした場合、アスファルトを個人で修復するのか、アスファルト舗装を行っている会社に修復を依頼するのか、意見が分かれます。
    舗装されていたアスファルトが破損してしまった場合には、一般的にアスファルト舗装を行っている会社に補修を依頼することがもっとも安心して任せられる修復方法です。ホームセンターなどでアスファルトを補修できる道具などが売っていたり、DIYの一環で自分で行うという人もいますが、個人でアスファルト舗装の修復を行った場合、表面を平らにならしたり、見た目が悪くならないようにキレイに修復させるのが、非常に難しくなっているため、あまりおすすめはできません。
    個人の力量や手先の器用さによって出来上がりにムラができたり、かえって修復する範囲が広がってしまったりすることがあるため、やはり均一の仕上がりが期待できるアスファルト舗装を行っている会社に依頼することが1番確実なアスファルトの修復方法ではないでしょうか。
    もし、アスファルト舗装の修復を行っている会社をお探しでしたら、ぜひ生活110番をご利用ください。

  • アスファルト舗装の一般的な施工の流れ

    道路や公共施設、住宅などさまざまなところで使われているアスファルトですが、実際のアスファルト舗装の施工過程や方法でどのようなものがあるのか分かりにくいものですよね。アスファルト舗装がどのようにして行われるのか、以下で流れを確認してみましょう。
    まず、アスファルト舗装をすると言っても、いきなりアスファルトを流し込んでいくのではなく、まず下地となる地面を整備してアスファルト舗装ができるような路盤を形成します。具体的には土地にある不要な土を取り去り、ブルドーザーなどで運ばれてきた土をならしてモーターグレーダーなどで決まった均一の仕上がりの厚さになるよう敷きならしていきます。その後ロードローラーなどの転圧機械で締固めます。十分に基盤となる土が固まったところでアスファルト舗装を行います。この下地となる部分でも、排水機能や雨水の勾配など、舗装後にどのようになるのかを検討しながら、最適な基盤つくりを意識して行っていきます。
    これらの経過を経てアスファルト舗装としてアスファルト合材を搬入し、アスファルトを運び込みます。そしてアスファルト合材を敷きならし、仕上げていきます。この時に手動でアスファルトを敷きならす方法と、機械によって敷きならす方法があります。アスファルトは冷えると固まってしまうため、冷える前に締固め、最後まで均一な見た目となるようきれいに補正していきます。これらの工程を終えるとアスファルト舗装がほとんど完成です。あとは機械を引き上げてラインを引いたり最終施工を行ったりして完成します。
    アスファルト舗装にかかる期間はアスファルト舗装を施す敷地面積に左右されますが、駐車場など、ある程度の広さを持つ場所でのアスファルト舗装ですと、およそ一週間前後でアスファルト舗装を行う場合が多いようです。
    おおよそこのような流れで行われるアスファルト舗装ですが、実際にアスファルト舗装を行う場合に、「どのようなアスファルト舗装会社に依頼すればいいのかわからない」と悩まれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、普段から頻繁に利用するようなものではないため、アスファルト舗装を行う場合どのようなところに依頼すればいいのか分からないというところもありますよね。また、アスファルト舗装は一度行うと修正が難しいため、アスファルト舗装を依頼する場合には、アスファルト舗装を行っている会社に依頼することが大切ではないでしょうか。
    このようにアスファルト舗装の会社に悩まれている方は、ぜひ当サイトをご利用ください。探していた条件に合うアスファルト舗装会社が見つかるかも知れません。

  • 排水性・透水性について

    アスファルト舗装を施工する場合、大切なことがいくつかあります。その中でも、「アスファルト舗装後にどのような状態で使えるようになるのか」という見通しを立てるということが大切です。アスファルト舗装の後には、どのようにしてアスファルト舗装された土地を使っていくのか、使っていく中で困ることはないか、などさまざまな自体を想定し、より堅実な方向でアスファルト舗装を行っていくようにしましょう。
    道路として施工するのか、駐車場として施工するのかなど完成形の見通しによってアスファルト舗装の時に行う施工内容が変わってきます。このようなアスファルト舗装の中でも透水性舗装と排水性舗装が大きく差異が出来てくることになっています。透水性舗装とは、水を透過して表層を乾いた状態で保つために必要なアスファルト舗装で、排水性舗装は表面から浸透した水を路盤へ排出していくことを目的としたアスファルト舗装です。それぞれに特徴があり、必要とされる場面が異なるため、アスファルト舗装の会社と話し合って工事内容を決めていきましょう。
    透水性舗装は、具体的に言うと雨水など路面に集められた水をアスファルト舗装の砂粒同士の隙間から地中へ九州していく機能をもった舗装です。この透水性舗装は駐車場や遊歩道、公園などで多く見られるものです。排水性舗装と比較するとゴム樹脂の配合率が低く、低価格で施工できるというメリットがあります。しかし、この透水性舗装を利用すると、降雨時など、水が一気に流れこむ際には路盤の強度が保てなくなってしまう恐れがあるため、道路など強度が必要な箇所では主に排水性舗装を施工します。
    排水性舗装は雨水など路盤に注がれた水を路盤上に滞水しないよう、排水性舗装の内部から排水させていく機能を有したアスファルト舗装です。これは車道などに施工することによって雨の日などのスリップ防止や沿道への水はねを防止する役割をもっています。これは日本の国道でも使われているアスファルト舗装です。特に雨天時の見通しや視界範囲の向上や水膜現象とも言われているハイドロープレーニング現象の発生を抑える効果、そして雨の日の騒音低減などの効果も期待できます。また、高機能舗装という名称で呼ばれることもあり、各種幹線道路や高速道路などでも使われています。
    このようにさまざまな機能を有しているアスファルト舗装ですが、どのような舗装を施したらいいのか、自分の土地は透水性舗装がいいのか、それとも排水性舗装がいいのか分からないという方はいらっしゃいませんか。確かにこれはどのようにして決めればいいのか一般の方には判別がつかないものです。そんな時にはぜひ当サイト「生活110番」をお使いください。

0120-949-986