ピアノ調律 ピアノ修理

ピアノ調律 ピアノ修理業者比較 目安料金について 10年ほど手入れされていないヤマハのアップライトピアノを調律する時にかかる費用の目安となります。

検索結果
26社のうち21 - 26件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

ピアノ調律・修理:
12,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

ピアノ調律のプロが対応いたします!

ピアノの調律・修理に関するご相談・お見積りは日本全国、いつでもどこでも迅速に受付対応いたしますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。 続きを読む

明響音楽教室

対応エリア:
関東  
所在地:
埼玉県久喜市南栗橋4丁目19-2
  • 低価格で丁寧な仕事

埼玉県でのピアノ調律・修理ならお任せください!

埼玉県お住まいの方で、ピアノ調律・修理をご検討中でしたら、明響音楽教室にお任せください。お客様の大切なピアノを、丁寧に扱い調子を整えさせていただきます。実績豊富で、大勢のお客様から厚い信頼を得ておりますので、初めての方でも気兼ねなくご利用いただけるかと思います。お客様への対応力、ピアノ調律・修理の腕前には自信がありますので、お困りの際はぜひ当店... 続きを読む

他対応カテゴリ
ピアノ調律 ピアノ修理

松沢 美薫

対応エリア:
関東  
所在地:
神奈川県川崎市麻生区高石4-29-8-101
  • 低価格で丁寧な仕事

経験豊富な安心サービス!ピアノ調律ならお任せください!

ピアノは古くから世界中で愛されている楽器の1つです。その魅力にはまず美しい音色ありますが、それは何も特別高級なピアノでなけれ出せないというものではありません。今では日本のご家庭でも沢山のピアノが使用されていますが、それらもしっかりとお手入れを行っておけば、多くの人々が感動できる素敵な音を奏でることができます。ピアノを演奏する為の練習や、お子様の情... 続きを読む

他対応カテゴリ
ピアノ調律 ピアノ修理

株式会社村山運送

対応エリア:
九州  
所在地:
沖縄県浦添市仲西2丁目4-19
  • 低価格で丁寧な仕事

九州地方に幅広く対応!丁寧な仕事でご好評いただいてます!

九州地方にてピアノの調律や修理でお悩みでしたら、株式会社村山運送までご用命ください。弊社は、沖縄県を拠点とし九州地方各地からのご依頼にお応えしております。社名からはピアノ調律・修理をご想像しにくいとは思いますが、今まで数多くのご依頼をお受けしてきた実績がございます。繊細なピアノに合わせて、丁寧な作業を心がけております。社員一人一人が、常に技術の... 続きを読む

他対応カテゴリ
ピアノ調律 ピアノ修理

株式会社 関川楽器

対応エリア:
関東  
所在地:
東京都葛飾区南水元4-12-7
  • 低価格で丁寧な仕事

大切なピアノを万全の状態にするため私たちにお預けください!

長年ピアノを愛用されているという方でも、ピアノ調律の経験までお持ちの方はほとんどいらっしゃらないでしょう。ピアノ調律とは、それだけ難しい作業なのです。 だからこそ、私たちのようなピアノ調律業者が必要不可欠なのです。綺麗な音を維持する(整音)ためにも、ピアノの弾き心地を調整する(整調)ためにも、弊社の調律師が力になります。「最近、ピアノ調律を依頼... 続きを読む

他対応カテゴリ
楽器修理
ピアノ調律 ピアノ修理

為国ピアノ調律

対応エリア:
九州  
所在地:
鹿児島県鹿児島市上之園町32-12
  • 低価格で丁寧な仕事

美しいピアノの音色を維持するために力となります!

鹿児島市にお住まいの方で、ピアノ調律やピアノ修理をご検討でしたら、ぜひ為国ピアノ調律までお問い合わせください。専門店としての優れた知識と技術をもって、お客様の大切なピアノの調律や修理をさせていただきます。今まで数多くのご依頼をいただき、実績・信頼がありますので安心してお任せください。 【調律の必要性】 ピアノ調律は定期的に行うのが望ましいと言... 続きを読む

他対応カテゴリ
ピアノ調律 ピアノ修理

生活110番おすすめサービス

ピアノ調律・修理:
12,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

ピアノ調律のプロが対応いたします!

ピアノの調律・修理に関するご相談・お見積りは日本全国、いつでもどこでも迅速に受付対応いたしますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。 続きを読む

ピアノ調律 ピアノ修理業者をエリアから探す

ピアノ調律 ピアノ修理に関する、みんなの暮らしの知恵袋

ピアノ調律 ピアノ修理について

  • ピアノ調律の難しさについて

    楽器によって音を合わせる方法は変わりますが、ギターなどの弦楽器は自分で行うことが多いのではないでしょうか。ピアノにはピアノ調律師という職業が存在し、ピアノを調律することの大変さを表していると思います。ピアノを見たことがある人や、触ったことがある人は多いかもしれませんが、ピアノ調律を見たことがある人はどのくらいいるのでしょうか。また、ピアノ調律のやり方を知っており、ピアノ調律が出来る、という方はもっと少ないかと思われます。他の楽器と比べるとピアノの内部は、とても複雑になっており、ピアノ調律に関しては技術も必要になってきます。ピアノ調律における難しいところは、強い張力が原因で、音を合わせることと音を保たせることが大変だというところです。またピンが緩んでしまうこともあるそうで、当然調律に失敗してしまえば、まともな演奏は難しくなるでしょう。そしてピアノ調律には根気も必要で、まったく調律されていないピアノの場合、88ヵ所調律する必要があり、労力が伴うことになるでしょうし、ピアノ調律を行う時には、調律用ハンマーや、錆を防ぐための手袋なども用意しておかなければなりません。そうした条件をクリアし、調律を終えたところで、音が合っていなかったり、すぐに音がずれ始めたりしたら少し、落ち込んでしまうかもしれませんね。ピアノという楽器は、有名な作曲家をはじめ、多くの人が作曲に用いたり、演奏を行ったりしてきた楽器です。それほど多様な音を出し、繊細な音楽を奏でるわけですから、しっかりとした調律というものは、必要不可欠であり、難しいと言われる所以は、そのハードルの高さから来ているところもあるのではないでしょうか。またピアノ調律を行う時には、そうした技術的な問題もありますが、向き不向きもあります。その時の温度などを考慮し、1音1音しっかりと調律を行う作業ですから、持続的に集中できる人の方が向いているといえ、またある程度の音を聞き分けることができたほうが、向いているといえるでしょう。ピアノ調律は、比較的に難しい部類であるといえ、自分ですることも可能ですが、それには知識や道具が必要になり、場合によっては集中力や忍耐力も必要となるでしょう。そして、その音を維持させることも、ある程度の慣れがないと難しいと言われていますので、もしピアノ調律に関してお悩みであれば、ピアノ調律の業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

  • ピアノの日頃の手入れについて

    皆さんのお家にあるピアノは、長期間使わずに放ってはいませんか?ピアノは日頃からお手入れをしてあげる必要がある楽器ですが、複雑な構造をしているためにお手入れはしないという人も少なくはないようです。皆さんのお家でもできるようなお手入れ方法を身につけて、ピアノを綺麗に使えるようにしましょう。ピアノの中でもどこが一番汚れがつきやすいかというと、演奏する際に必ず触る場所である鍵盤です。ピアノを触っていて、なんだかべとべとするなあと感じる人も多いのではないでしょうか。汚れた手で触っている人はそういないでしょうが、演奏中に手から汗が出てくることは珍しくはなく、それによって鍵盤が汚れてしまうのです。大人よりも子どもの方が新陳代謝の影響で汗が出やすいため、子どもが使うピアノは汗による汚れがより付きやすくなっています。ピアノの鍵盤の汚れは柔らかい布で優しく拭いてあげることが基本になります。洗剤などを使うと汚れをより取りやすそうですが、その成分によっては鍵盤を傷つける恐れがあるのでやめておきましょう。次いで気になるのはピアノの外装で、油汚れがついているときは早めに取り除く必要があります。ピアノの外装は艶出しのものや艶消しのものがあるため、それぞれに合ったクリーナーを使ってきれいにしていきましょう。このようにしてピアノのお掃除ができるのですが、お手入れとはお掃除だけには留まりません。ピアノは演奏する際に屋根を開けるものですが、長期間使わない場合はそのまま屋根が閉じた状態にされがちです。鍵盤のフタにもいえることですが、ピアノを演奏しないときでも時折屋根やフタを開けて、ピアノにも呼吸をさせてあげることが大切です。この作業をしないと湿気が溜まり、カビが生えてくることがあるようです。またピアノの鍵盤にはあまり使わない場所もありますが、時にはその場所からも音を出してあげることがピアノの健康にも繋がっていきます。このように、ピアノのお手入れは皆さんでも簡単にできることなので、今までお手入れをしていなかったという場合は積極的に行なうようにしましょう。しかしながら、ピアノの外装や鍵盤のお手入れはできても、その「音」まではお手入れはできないものです。ピアノの音のお手入れについては、ピアノ調律を行なっている業者に作業を依頼しましょう。業者では知識を活かしたピアノ調律が可能なため、皆さんでもできるお手入れと合わせて行なうことが大切です。

  • 素人には真似できないピアノクリーニング方法とは

    みなさんのお家にピアノはありますでしょうか。他の楽器もそうですが、ピアノというのは長年使用していると汚れが溜まっていってしまいます。ピアノのイメージは黒くてツヤがあるというイメージですが、汚れでそのツヤも失われてしまいます。なので、定期的にお掃除・クリーニングをしてあげるようにしましょう。ピアノのふた、パネルといった外装の塗装してある部分はぞうきんでからぶきしてあげましょう。ピアノは湿度の変化に強くないので、濡れた雑巾で拭くのには向いてないのです。もしピアノを磨きたいのであれば、ピアノ専用の布で磨くようにしましょう。ピアノ専用のクロス布ではなく、普通のクロス布で磨くと目に見えないほどの傷が付いてしまうのです。ツヤを出したいのであれば、ピアノ専用のツヤ出しワックスを使いましょう。鍵盤部分の掃除・クリーニングは、からぶき以外の掃除方法はありません。もし、汚れが酷い場合には調律師などの業者に掃除をしてもらうといいでしょう。象牙が使われている場合、それ専用の方法で掃除をする必要があります。業者の調律師などは、象牙を漂白するための技術を持っているので漂白作業をしてもらいましょう。鍵盤専用の磨くワックスも売られていますが、使う前にはちゃんと使用方法を読むようにしましょう。ピアノの鍵盤側面は木がむき出しになっています。この木は湿気に弱く、ほんの少しでも水分を含んでしまうと鍵盤が上がったり下がったりの動きがスムーズにいかなくなってしまうことがあります。なので、水ぶきでなくからぶきを行うようにしましょう。ここまで説明した方法は自分で出来る作業ですが、基本的に業者でしかできない作業もあります。それは、ペダル磨きです。ペダルを底板から外し、スチールウールにラストリムバーというサビを取ってくれる液体を付けてペダルのサビや汚れを取るのです。鍵盤磨きも本格的に行いたい場合は専用の器具を使わないと出来ないので、業者にやってもらう必要があるでしょう。鍵盤は、爪で細かい傷や手の汚れが付着しているので「バフ」というのを使って磨いていくのです。ピアノの中には弦が入っていますが、その弦もサビてしまいます。このサビはサンドラバーというもので磨く必要があるのです。このように、自分で出来る掃除・クリーニングと、専用の業者にやってもらう掃除・クリーニングの大きく2つの方法があります。ピアノというのは大事に使えば何十年も長持ちするものなので、ピアノ修理・調律をこまめに行って大事に使うようにしましょう。

  • 音色の狂いが起きる原因について

    ピアノ調律を頻繁に行う方もいればあまり頻繁には行わない方も多くいることでしょう。ピアノの調律は人によって、使用方法によって、そのおいてある場所、ピアノの種類によって多種多様であるといえるでしょう。ピアノの調律はピアノの音のメンテナンスに加え、そのピアノの持つ美しい音色を保つためのものです。ピアノは太い弦を何本も強く張り続けているために、あまりに調律を怠ってしまうとゆがみが生じてしまいその本来の音色を失ってしまいます。そしてピアノの音も徐々に狂ってしまうでしょう。ピアノの調律を行わないとピアノの音は狂ってしまいます。その原因としては湿度や温度によって弦が緩んでしまったり、中にある弦そのものの劣化や弦を抑えている器具の劣化。もしくは地震などによってピアノに強い負荷がかかってしまうことでのピアノそのもののゆがみが原因となることが多いです。まれに起こるのが害虫によることが原因になります。害虫が木材を劣化させてしまい、腐食してしまったり、そこから穴などが開いてしまったりするとそのように原因となってしまうことでしょう。ピアノはその性質上、上質な木材に加えて繊細な音を出すためにデリケートな構造を伴っているものです。ちょっとした劣化やその他原因によって簡単に音は狂ってしまいます。多くの音の狂いは弦が緩くなっていくことによります。金属製の弦は熱に弱く、それを止めている金具も熱に弱いために急な温度の変化があるような時期は音が狂いやすいです。かつピアノそのものが木材であるために湿度にも非常に弱いです。そのような環境にピアノを置いてある場合はマメな調弦が必要になってくるかと思います。マメな調弦に加えて安定した湿度と温度を保てるような空間においておくという対処方法も必要になってきます。ピアノを頻繁に使用するような環境の方であれば調律については細心の注意を払って行うでしょうが、これがごくごく一般的な家庭の方であった場合はそうもいかないでしょう。一般の家庭の方であればそもそも調律を行うということを定期的にするといってもその頻度はさほど高くはないかと思います。あまり使用されないのであれば季節の変わり目ごとに調弦するのが良いかと思います。そうでなく、割と頻繁な使用をされるのであればある程度の周期で頻繁に行いましょう。大切なピアノの音を保たせ続けるためにもピアノ調律は必要不可欠と言ってもいいでしょう。

0120-949-986