井戸掘り工事(さく井工事)

井戸掘り工事(さく井工事)業者比較 目安料金について 深さ20mの井戸掘りをご依頼いただいた時の目安料金となります。

検索結果
2社のうち1 - 2件を表示

▲特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

追加料金は不要 お見積り後に追加料金をいただくことはありません

「掘削工事」「機材運搬」「孔内洗浄」などといった複数のサービスを含めた工事料金を設定しておりますので、追加料金は不要です。 続きを読む

株式会社ネクストネットワーク

ゆとりある井戸水を手に入れてみませんか?井戸は一生の宝物です!

2011年3月に起きました東日本大震災。井戸水の希少価値が高まり、特に防災用(水洗トイレ用として)水の重要性が見直されるようになりました。また、同時に物価上昇に伴う、家計における節約志向から、水道料金にも関心が注がれ、ガーデニングや洗車、拭き掃除等の際には、井戸水を利用しようと計画する人が増える傾向に有ります。 【長く使える井戸】 井戸の設置はお家... 続きを読む

関連リンク
井戸掘り工事(さく井工事)

生活110番おすすめサービス

追加料金は不要 お見積り後に追加料金をいただくことはありません

「掘削工事」「機材運搬」「孔内洗浄」などといった複数のサービスを含めた工事料金を設定しておりますので、追加料金は不要です。 続きを読む

井戸掘り工事(さく井工事)業者をエリアから探す

井戸掘り工事(さく井工事)に関する、みんなの暮らしの知恵袋

井戸掘り工事(さく井工事)について

  • 井戸水の用途について

    井戸水と言いますと、とても古くからあるもの、というイメージの方も多いのではないでしょうか。しかし最近は井戸を庭につけるご家庭や、事業に利用されてる方もいらっしゃるようです。そうした方はなぜ井戸を使用したかと言いますと、やはりそこにはメリットがあるからです。井戸と言えば、水が出ますよね。もうそれだけでメリットと言えばメリットではないでしょうか。井戸水には水道代がかかりません。ポンプを動かす電気代を除けばタダということです。さらに井戸水は夏涼しく、冬暖かい水と言われています。お家のことをしてくれている人にとって、水仕事をする際とてもありがたいものです。次に井戸水には塩素が入っておらず、これがあるおかげで日本の水は安全とも言われていますが、どうしても味に影響が出ます。塩素の入っていない井戸水は純粋な水の味が楽しめます。次にその井戸水のデメリットなのですが、工事をして掘ったからと、いい水が出るわけではないことが挙げられます。土地によって水質は異なり、場合によっては除菌が必要です。さらに塩素が入っていないため、菌による感染が心配されますので、保健所の検査も必要です。浅い井戸の場合、近くで工事などが起きますと泥の混入で濁ったり、水の出が悪くなったりする場合があります。そういったメリットデメリットのある井戸水ですが、その用途を考えると、なかなか魅力的かと思います。まず水質がいいものでしたらそのまま飲料水として使えますし、飲むことはできなくても生活用水として使うことができるのであれば、とても便利なことは明らかです。洗濯や庭への水まきなど使い方は様々となっています。さらに災害時に使える生活水というものはとても重宝するようです。ライフラインが止まってしまった場合、飲み水は比較的早く支給されるようですが、生活用水となるとそこまで手が回らないのが現状となるでしょう。そんな時に井戸水は大変重宝すると言えるのです。しかし、やはり生活水ですので、飲み水にするには避けたほうがいいでしょう。イメージとしては井戸水をプールの水と考えるといいようです。給湯器やウォシュレットに使うのは抵抗がありますが、トイレの洗浄水や、洗濯用水に使うと考えるならば上等ではないでしょうか。万一に備え、井戸工事をして井戸を作っておいてもいいのではないでしょうか。土地によっては水質のいいものが出るかもしれませんし、資源はあって困るものではありません。

  • 井戸水の安全性について

    近年、身近にある水資源として、災害時に備えたライフラインの確保のため、井戸が見直されてきています。家庭によっては新しくご自宅に井戸工事を行い、井戸を作られる方もいらっしゃるようです。さてそんな井戸なのですが、安全性はどうなのでしょうか。日本の飲料水が安全と言われるのは水道水に塩素が入っているからです。明治のころ、水はそのまま普及していました、しかしその水道の水が原因でコレラなどが大流行したのです。それを止めるために、水に塩素を混ぜるようになり感染者はいなくなりました。生水は危険が伴うということです。しかしすべてが危ない、と考えてしまうのは早計です。きちんと検査をすれば安全かどうかわかりますし、しっかりと深い所まで掘った井戸の水は飲料水として利用できる場合が多いようです。ではなぜ浅い井戸は飲み水として利用できない場合があるのかと言いますと、雨水や生活排水、近隣の工場の汚水などが地中にしみこんでいる可能性があるからです。深井戸と呼ばれるものは、何十メートルも深い場所の水脈から汲み上げるので、地上の雨水がしみこむことなく、自然のろ過機能により不純物が除かれ飲料水として飲むことが可能な場合が多いのです。ですので、井戸を掘る際はきちんとした知識と技術のある存在に任せたほうが、後々の不備が出づらく、安心かと思います。さらに浅い井戸も飲めない場合があるだけで、きちんと検査をして確認すれば、その土地の条件によっては飲める水質のものがあるでしょうし、飲料水に使えなくともお風呂や洗濯に使えることでしょう。さらに洗車や庭に水を撒く場合は検査をしなくてもいいかもしれません。井戸工事を行い、井戸を作った際に水質検査の義務などはありませんが、厚生労働省により自宅での使用の井戸には年に一度の水質検査が推奨されています。水質は変わりますので、気を付けておくべきことかもしれません。井戸水の安全性について書いてきましたが、メリットとデメリットを考えるとどうなのでしょうか。土地の水質にもよりますが、いざというときの備えとしても意味だけでみても、井戸のメリットは大きいのではないでしょうか。災害時、飲料水は配給されても、生活用水に回す余裕はそうそうないようです。さらに、うまく行けば生活用水は井戸から使うことができ、省エネやエコにつながることでしょう。貴重な資源を有効活用し、あるものに感謝し、大切に使っていくことは井戸に限らず、すべてのことに言えるのではないでしょうか。

  • 井戸水はどこでも湧き出るものなのか

    まず、井戸水とはなんでしょうか。地面の下の地層を流れる水脈まで、穴を掘りすすみ出てきた水をくみ上げる、または吸い上げたものが、井戸水と呼ばれます。ではその水脈とは何からできており、どこを流れているのでしょうか。簡単に言えば地下水脈とは雨水のことです。雨が降り、地面にしみこんで海へと流れていき、これは川と同じです。地表部分に流れた雨は川を流れて海へいきます。地表にしみこみ、川へ流れなかったものは、透水層という層を通り、海へと下って流れていきます。高い所から低い所へと流れていくのは地表でも地中でも変わりはないのです。ではそうして流れているのであれば、どこを掘っても井戸のための水が出るかというと、そうではありません。川の近くは水が流れていますので、すぐ井戸が掘れそうなイメージがありますが、硬い岩盤がありとても費用が掛かります。地下水は確かに存在していますが、掘りやすく水が出やすい場所というものがあります。高い所から、低い所に流れるという理由で山の尾根のあたりからは井戸は出ないといえるでしょう、山の沢下にある扇状地は水が出る可能性が高いといえます。ため池の近くは基本的に流れがなく、水が溜まっている状態ですので硬い粘土状の土が多く井戸掘りに向いているとは言えません。標高8m以下の平野部で、丘陵地がなければ出やすいといえるでしょう。土砂の山でも勾配のきつい場所の場合、水が出ることは少なく、ニュータウンなどの山を切り開いた土地でも水は出ない可能性が高いといえます。また、田んぼがあるからと言って、水が出やすいわけでもはなく、1級河川がある平野部は多くの場合水が出るといえるようです。井戸水は自然のものです。なので、確実に出るとは言えませんし、出ないとも言えないのです。しかし可能性として出やすい場所、出にくい場所があります。さらに出ても水質によっては希望に沿った使い方ができない場合もあります。貴重な水資源が手に入った場合、それはとても素晴らしいものだと思います。もし今お住いの場所が平野部で、河川が近くにある場合や沢下であるならば、井戸工事にチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。それにより、井戸ができたらきっと今後の生活に役に立つことでしょう。井戸はライフラインの補助になりえる可能性を持っています。これからの時代、備えることは大切ですし、地球の素晴らしい資源を体感できる機会なのではないでしょうか。

  • 井戸のメンテナンスについて

    井戸は近年、生活水や飲料水、または災害時の備えや事業用として見直されてきています。そんな井戸ですが、どんな種類があるのでしょうか。井戸には浅井戸と呼ばれる表層の地下水をくみ上げる大口径のもの。小口径の穴に打ち込むタイプのかちこみ、深い水脈から地下水をくみ上げる深井戸、温泉用の温泉井戸、他用途の様々な井戸があります。それらの水を汲み上げるポンプには手動と電動があります。電動のものはホームポンプ、深井戸の水中ポンプがあります。そして良い井戸とはどんな井戸なのでしょうか。良い井戸というものは、砂が上がってこない井戸のことです。水質はその土地その土地の特性があり何もできませんが、砂の上がってこない井戸工事をするということが技術のいる、しかしいい井戸というもののようです。ではそんな井戸のメンテナンスはどうしたらいいのでしょうか。まず日常的に気を付けておきたいことは、水中のポンプの電流値の確認、地下水の水位の観測、汲みあがる水量の確認これらが正常であれば特に問題はないと言えます。本格的なメンテナンス法は以下の5つの方法があります。イメージとしては煙突掃除のような、ブラッシング洗浄、薬品による洗浄、これはバクテリアの殺菌やさびなどを落とすために行います。井戸の底にたまったヘドロや砂利などの除去、水を汲み上げる水中ポンプの更新、井戸の揚水量の確認などです。これらのことを定期的に行うことにより、長くよい状態で井戸を使い続けることができることでしょう。メンテナンスの周期は3年から5年が理想と言われています。もしトラブルがあった場合でも、早くに発見することができれば、コスト的にも安くなるハズですので、早期発見はとても重要です。このように井戸には種類がありますが、上手に使えばとても便利でよいものではないでしょうか。水質や井戸水の使い方、用途は地域の方それぞれあるかと思います。上記以外にも散水用や灌漑用に使われることが多いようです。井戸工事などは大掛かりと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、一度作ってしまえば、あとはメンテナンスを行うだけで長く使用していけるというのも魅力の一つです。水道代はかかりませんし、なにより地球の水資源をそのまま使えるというのは、とても貴重で素晴らしいことかと思います。地産地消という言葉もありますし、その土地のものがその土地に住む人に一番合っている、ということがあるのではないでしょうか。

0120-949-986