コンセント工事・取替・増設

コンセント工事・取替・増設業者比較 目安料金について コンセントから10m以内で二口コンセントを増設した時の目安料金となります。

検索結果
62社のうち61 - 62件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

コンセント工事・取替・増設:
3,500円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

24時間365日受付対応中!コンセントのことならお任せください!

日本全国の多くの加盟店と提携し、お客様からのご相談・ご依頼にスピーディーに対応いたします。コンセントの増設・交換は電気工事のプロにお任せください。 続きを読む

(有)南九州レンタル設備

対応エリア:
九州  
所在地:
鹿児島県薩摩川内市祁答院町下手307
  • 低価格で丁寧な仕事

新しいコンセントが欲しいと思ったら(有)南九州レンタル設備にご依頼を!

家電を新しく買ったが、コンセントがないのでタコ足配線や長いコードを繋いで使っているという方はいらっしゃらないでしょうか。もしもこの状態であるのなら、コンセント増設を検討されてみてはいかがでしょうか。タコ足配線はコンセントの容量を超えてしまうために発熱、出火の原因になります。また延長コードは見た目が悪いですし、それに足を引っかけるということにもな... 続きを読む

他対応カテゴリ
アンテナ工事
インターホン工事・取替
コンセント工事・取替・増設
スイッチ工事

生活110番おすすめサービス

コンセント工事・取替・増設:
3,500円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

24時間365日受付対応中!コンセントのことならお任せください!

日本全国の多くの加盟店と提携し、お客様からのご相談・ご依頼にスピーディーに対応いたします。コンセントの増設・交換は電気工事のプロにお任せください。 続きを読む

コンセント工事・取替・増設業者をエリアから探す

コンセント工事・取替・増設に関する、みんなの暮らしの知恵袋

コンセント工事・取替・増設について

  • コンセント故障によって起こる被害

    普段生活している中で、コンセントが故障するという事はそうそうありませんが、油断しているといつ起こってもおかしくない故障などがあります。配線が腐食し細くなり切れてしまい、壁にあるコンセントが焼けてしまう事があります。溜まったホコリや湿気などで、コンセントが燃えるという話は聞きますが、壁の中で腐食した配線が原因では防ぎようがありません。こうなってしまうと、火事が発生してしまい、最悪の場合、家が全焼となってしまうでしょう。軽い故障であれば、断線などにより電気が来ないため使用出来ない状態になる事があります。コンセントも家の老朽化と同じく、長年使えばいつかは故障する事があります。断線程度でしたら、大掛かりなコンセント工事をしなくても、コンセント取り替えだけで済むでしょう。よくあるものが、コンセントにプラグを抜き差しした時に火花が発生する事です。酷い時にはブレーカーが落ちたり、コンセントが焦げたりします。これも火事になる事があるので気をつけましょう。コンセントやプラグに髪の毛やホッチキスの針などが付いたまま使用すると、ショートします。このショートにより火花が出ていると考えられるので、一度よくみておきましょう。火花の原因は、先ほども出てきたホコリが溜まって、湿気などで湿ってしまうと電気が流れるようになり、火花の原因や発火の原因ともなります。他には、電源を入れたままコンセントからプラグを抜き差しすると火花が出ることがあります。これが火花が発生する原因では一番多いのではないでしょうか。危険なので、プラグを抜く時は電源が切れているかしっかりと確認してから抜くようにしましょう。そしてよくあるのが、タコ足配線になっている延長コードなどを壁のコンセントに刺した時に火花が出ます。配線はコンセントの数までにするのが一番安全なのです。しかし、現代では数多くの電化製品があるので、最初からあるコンセントの数だけでは大抵の場合足りません。そのため、どうしてもタコ足配線に頼りがちなのですが、実はコンセント工事でコンセント増設が出来るのです。足りない場所にコンセント増設でコンセントを増やせば、タコ足になる事はなくなりますし、ついでに不便だった場所のコンセントの位置を変えるのもいいかもしれません。キッチンや枕元にあると便利だなと思ったことはありませんか?コンセント工事は、故障だけでなく、配置も変更出来るので、興味のある方は業者に相談してみましょう。

  • コンセント工事・取り換えのメリット

    コンセントのトラブルで、よくある事と言えばやはり電気が来ない事でしょうか。コンセントは電気を使うために設置されているのですから、それが使えないとなると意味を成しません。大抵の場合は、断線か接続不良のどちらかで、素人でも直せなくはないですが、危険なのでコンセント取り替えは業者を呼んでやってもらうようにしましょう。コンセントが足りなくてタコ足配線になっている方は、ホコリや湿気などに注意してください。漏電を起こして発熱する事があり、そこから火事に繋がることもあります。タコ足配線を改善するには、コンセント工事でコンセントの数を増やしてしまえばいいのです。コンセントは最初からある数だけで何とかしなければいけないと思い込んでいる人が多く、実際タコ足配線になっている人は多く存在します。そこで、コンセント増設をする事によって、タコ足配線は解消され、見た目も綺麗になります。コンセント増設する際に、増設場所を自分の好きな場所に指定出来るので、「ここにコンセントがあればなぁ」などというご希望も、今まで不便に感じていた場所にコンセント増設する事により、快適な生活を送ることが出来るようになるでしょう。コンセント増設は素人では難しいので、業者を呼んでやってもらうようにしてください。他には、コンセントからプラグを抜き差しする時に、火花が出てしまう事があり、火事になる危険があるのでそのコンセントは使わないようにしてください。原因としては、ホコリや湿気などで電気が流れ発熱している事などが考えられますが、火花が出る原因はいくつもあり、毎回試していては危険なので、コンセント工事でコンセント取り替えをしたほうが良いでしょう。そのまま使っていては、いつか発火してしまいますし、使わずにいるのはコンセント1つとなりますので、無駄にしているだけなのでオススメできません。ホコリや結露などの場合、プラグなら簡単に手入れする事ができますが、コンセントの場合はそうもいきません。エアダスターなどでホコリを吹き飛ばして手入れすれば、直接触ることもないので安全です。これを一度試してみて、それでも使えなかった場合は、業者に依頼してコンセント取り替えをしてもらうしかないでしょう。コンセントとプラグに隙間ができると、そこにホコリが溜まってしまうので、プラグを刺している時はしっかりと奥まで差し込んでいるか確認しましょう。振動などで徐々に抜けていく事もあるので、定期的に家中のコンセントを確認する事をオススメ致します。

  • コンセントの増設に伴うブレーカーの増強について

    いつも何気なく使っているコンセントですが、冷蔵庫、電子レンジ、電子ポットなどの電化製品は常に電源が入ったままになっていると思います。この状態で、何かを温めようとして電子レンジを使った時に、ブレーカーが落ちた経験がある人も多いのではないでしょうか。住宅用として設置されている分、電盤は基本的に3種類のスイッチに分けられ、建物全体で契約しているアンペア以上の電気が流れた時に落ちる「主幹ブレーカー」。プラグやコンセント、電化製品などの配線が、漏電による火災を防ぐために落ちる「漏電ブレーカー」。分電盤から分岐してある回路に電気を流す時に、流し過ぎた場合に落ちる「子ブレーカー」があります。電気の使いすぎで主幹ブレーカーが落ちないようにするためには、分電盤などを大容量のものに変更して、電気会社の契約を大容量のものに切り替える事です。台所は基本的にどのご家庭もコンセントが少なく、多くの電気を使用できる状態にはなっていません。そのためタコ足配線にもなりやすく、何かの電化製品を起動する度にブレーカーが落ちてしまうのです。コンセントの増設でタコ足配線は解消されますが、使用アンペアを減らせるわけではありません。エアコンやIHクッキングヒーターなどを使う場合は、契約しているアンペアが最低でも40A(アンペア)必要になります。エアコンが設置されていない状態の初期アンペアは、大抵30Aなので、電化製品を使う度落ちるという人は、契約アンペアを上げてもらうように、電気会社に相談しましょう。分電盤を新しいものに取り替える際に、負荷が多かった回線を分けてもらい、更にこの先もっと電化製品が増えることを考え、今までの倍程度の回路がある分電盤を選ぶとよいでしょう。子ブレーカーは、基本的に住宅用であれば15Aか20Aが一般的です。これは1回路で使える電気の目安です。例えば、1,000Wのポットと1,500Wのドライヤーを同じ回線で使った場合、25Aの電気が流れることになるので、20Aを超えるので子ブレーカーは落ちてしまいます。つまり、コンセントが足りなくて増設しただけでは、ブレーカーが落ちるのを回避出来ないということなので、コンセント増設の際は、ブレーカーの強化も同時に行う必要があるということです。契約アンペアは、使用ギリギリで契約するのではなく、この先家族が増えたり、客人が来たりした場合の事を考え、使用アンペアの1.5倍ほどを目安に、多めの契約をしておくことをお勧め致します。

  • コンセント取付の位置について

    皆さんはコンセントの位置について考えたことはありますか?大抵の場合コンセントの設置されている高さはどこも同じで、どのご家庭でも大抵同じような場所にあるのですが、実はこのコンセント、好きな位置に取り付けることが出来るのです。新築の際などに注文していれば最初から好きな位置に取り付けれるのですが、新築の場合、コンセントなどより他に考える事が山のようにあるので、大抵はお任せになってしまうものです。そして実際に住んでみないことには、コンセントの位置で不便かどうかなんてものは分からないものです。そして実際に何年か住んでみて、コンセントの位置に不便を感じても、大抵の人はそのまま我慢して使用されていることがほとんどです。多くの人が、コンセントは最初にある位置・個数でしか使えないと思っていることでしょう。コンセントの数を増やすには、コンセント工事で、コンセント増設する事で、数を増やすことができます。その際に、指定した場所にコンセント増設する事が出来るので、今まで不便に思っていた場所にコンセント増設してもらうことで、ストレスのない快適な生活を送ることが出来るようになるでしょう。しかし、注意しなければいけないのが、コンセントを増設するということは、使用する電気量が増えるかもしれないということです。コンセント増設したばかりは、今まで使っていた電化製品が分散されるだけですが、この先新しい電化製品が増えることにより、使用する電気量が増える事が考えられるので、ブレーカーが落ちてしまうかもしれないのです。何か電化製品の電源を入れる度に、ブレーカーが落ちるようになる、なんて事がおきるので、分電盤を回線数の多い物に交換してもらい、電力会社と契約しているアンペアを高いものに上げてもらう必要があります。大抵の場合は初期に付いている家庭用の分電盤だと、子ブレーカーは20A(アンペア)で落ちるようになっています。分電盤と契約アンペアを変更せずに使うことは出来ますが、多くの電気を使えないことになるので、何かの電化製品を使う時に、どこかの電化製品のプラグをコンセントから抜く必要があったり、隣の部屋同士で回路が同じ場合があるので、パソコンを使っている時に、ドライヤーを使われたらブレーカーが落ちてしまうことも考えられます。初期回線の場合、同じ回路上で、ドライヤー(1,500w)と電子ポット(1,000w)を使うだけで落ちてしまう程度です。コンセントの数や位置に不満を感じ、コンセント増設をする場合は、分電盤を契約アンペアの変更と同時に行うことをお勧め致します。

0120-949-986