電気工事

電気工事業者比較 目安料金について 蛍光灯の交換をご依頼いただいた時の目安料金となります。

検索結果
95社のうち91 - 95件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

電気工事:
3000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応いたします

初めて電気工事をご依頼される方にも分かりやすく丁寧な説明を致します。法人様、個人様問わず対応できますので、いつでもご連絡ください。 続きを読む

有限会社美保電工

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
島根県松江市美保関町森山765-5
  • 低価格で丁寧な仕事

安心のスピード解決!電気の工事は私たちにお任せください!

【当社の特徴】 有限会社美保電工は主に電気工事全般をサービス内容としており、その中でも特に使用頻度の高いコンセントやインターホンなどの修理や交換に力を注いでいる会社となります。漏電工事などの緊急事態につきましても最寄りのスタッフを即座に向かわせますので、スピード対応で安心クオリティを提供している事が特徴となります。電気工事でお困りの際は是非私た... 続きを読む

他対応カテゴリ
電気工事
インターホン工事・取替
コンセント工事・取替・増設
漏電改修

ナガセ美装

対応エリア:
関西  
所在地:
京都府京都市山科区小山北溝町36-1
  • 低価格で丁寧な仕事

エアコン取り付け工事・修理はナガセ美装が笑顔で対応します!

【エアコンがある時代】 もしこの世の中にエアコンが存在しなければ、私達の暮らしは一層不便になるでしょう。夏は暑い日が続く毎日を扇風機で過ごさなければならず、熱中症や汗疹に悩まされる恐れがありますし、冬場は暖炉やストーブで温める事ができますが、火事の危険があり、火事の発生件数は大幅に増えるのでは無いかと思います。エアコンは涼しく過ごしやすいお部屋... 続きを読む

他対応カテゴリ
電気工事

有限会社小薮電設

対応エリア:
関西  
所在地:
和歌山県和歌山市六十谷1247-41
  • 低価格で丁寧な仕事

電気見直しはお早めに!品質の高いクオリティをお届け致します!

有限会社小薮電設は主に電気工事のサービスを提供している会社であり、様々な住宅のトラブルでご利用頂く事が出来ます。日常的に必要となるコンセントの交換や増設、急なトラブルの修理、定期的な配線工事に至るまで長年快適にお過ごし頂く事の出来る環境作りを提案させて頂きます。 【ブレーカーによる停電】 「最近ブレーカーがよく落ちる・・・。」なんて内容に悩ま... 続きを読む

他対応カテゴリ
電気工事

株式会社サンインテック

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
島根県松江市矢田町136-16
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し

株式会社サンインテックへ電気トラブルのご相談を!すぐに解決いたします!

家の中には電気を使った家具や設備が多数あります。これらは電気のトラブルがあった時には使えなくなってしまうでしょう。そんな時に、すぐのその修理をやってくれる業者はいないだろうかと探すかと思います。どうぞご安心ください。私たち株式会社サンインテックはお問い合わせをいただきましたら、すぐに対応をさせていただきます。スイッチが壊れた、コンセントを増やし... 続きを読む

他対応カテゴリ
電気工事

生活110番おすすめサービス

電気工事:
3000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応いたします

初めて電気工事をご依頼される方にも分かりやすく丁寧な説明を致します。法人様、個人様問わず対応できますので、いつでもご連絡ください。 続きを読む

電気工事業者をエリアから探す

電気工事に関する、みんなの暮らしの知恵袋

電気工事について

  • 電気工事に含まれる作業について

    家のスイッチが急に反応しなくなったなど、電気工事が必要な状況は急に訪れることが多くなっています。通電の確認から、スイッチ自体の確認、交換まで電気工事は危険を伴うため、異常を感じた際には業者へ依頼することが良いでしょう。電気工事にはどんな作業があるのでしょうか。まずよく起こりうるのが、漏電や停電などの電源まわりのトラブル対応です。エアコンや冷蔵庫、照明などの付きが悪くなった、調子が悪いといった状況が発生したら、電気工事を業者へ依頼することをお勧めいたします。電気は日常の生活に欠かせないものになっています。その電気をコントロールするスイッチやコンセントなどはよく使われる部分のため、故障することがあります。電気工事は、こんな消耗品や設備の交換作業も含みます。テレビやエアコンなどの電化製品を新しく買ったものの、取り付け方がよく分からないという状況にも電気工事業者は対応してくれます。オフィスや自宅でパソコンやプリンターなどの電気製品を使うことが多くなっておりますが、そんな時に気になるのがタコ足配線です。コンセントが足りないなどの悩みがあるときは、電気工事業者へ依頼をしてみましょう。またスイッチの増設や照明を増やしたいといった相談にも乗ってくれます。照明機器が付かなくなったなどのトラブルはもちろん、部屋が暗くなってきたので明るい照明に交換したいという要望があるかと思います。白熱電球を使っていたが、電気効率が良く明るいLEDへ交換したいなどの電気工事の相談もあるかと思います。使っている機器が増えてくると、消費する電力も増えてきます。ブレーカーがすぐ落ちるようになってきたというトラブルを経験した方も少なくありません。ワット数を上げたいという相談や、ブレーカーが古くなってきたので交換したい、メンテナンスを行ってほしいといったご要望も電気工事業者で承っています。電化製品や備え付けてある設備の調査や点検も電気工事に含まれます。電源の調子が悪いので漏電調査を行いたい時や、空調機器のメンテナンスを行いたい時に対応してくれます。また買い替えや引っ越しで要らなくなった電化製品の処分や撤去についても相談に乗ってくれます。前に住んでいた人が置いて行った室外機が残っているなどの場合にも、電気工事業者へ相談してみましょう。テレビを見ていて写りが悪くなったといったアンテナの不具合から、BS・CSアンテナを新たに取り付けたいといった設置の工事、不要になったアンテナの撤去など、アンテナについてのお悩みも電気工事業者が取り扱っています。

  • 電気設備の経年劣化について

    電気設備は環境によりスピードは様々ですが、時間が経つに連れて劣化していきます。電気火災や感電、漏電事故を引き起こすこともありますので、定期的に電気工事業者へ確認を依頼するのが良いでしょう。ご家庭でもオフィスでも、スイッチやコンセントは良く使われるため、劣化が比較的早く進行します。押してもスイッチが反応しにくくなった時や、古いタイプのコンセントでヒビ割れが起きているような場合は、危険な状態になる前に電気工事を依頼するか、点検を行うのが良いでしょう。人が生活するところに必ずと言ってもいいほど備え付けてある照明器具ですが、表面上は汚れが目立ってきたら掃除が行われたり、明かりが切れたりしたらランプを交換すると思います。しかし安定器などの内部機器も同時に劣化していることも把握しておく必要があります。照明機器の中にホコリが溜まってくると、湿気を吸収してトラッキング現象を引き起こす可能性があります。トラッキング現象とは電源プラグの刃の間で火花放電が繰り返し起こり、絶縁部分を加熱し「トラック」と呼ばれる電気の道を作ります。やがて放電をおこして発火する現象です。照明機器内の絶縁抵抗が劣化すると、ブレーカーを作動させたり停電の原因になるので、電気工事業者へ定期的な点検を依頼するのが良いでしょう。照明器具の耐用年数は10〜15年と言われています。屋外か屋内かなど設置場所により寿命は大きく変化します。海の近くや工場内など、塩分を含んだ外気にさらされる場合、腐食が進行しやすいため、寿命が短くなります。電球は内部のフィラメントが焼き切れることにより使えなくなります。多くは電源をオンにした瞬間に、突入電流が流れることでフィラメントに負荷がかかり切れてしまいます。LED照明は電源の入切に強いため、頻繁にオンオフを繰り返すような環境では、蛍光灯などではなく、LED照明を選択するのが良いでしょう。蛍光灯は長い間利用していると、ちらつきや照度の低下が起こり、最後には点灯しなくなります。蛍光灯の劣化は、電極から電子を放射する「エミッタ」と呼ばれる部品が故障し、電子を放出することができなくなることで故障します。照明器具の中には安定器という部品が使われており、経年劣化していきます。磁気回路式の安定器は、中のチョークコイルや絶縁物の劣化、コンデンサの劣化などが起こります。電子回路式の安定器では、磁気回路式安定器の中にある機器類と半導体素子などの劣化が起こります。安定器が劣化すると、発熱や異常振動、漏電を引き起こします。外から見て正常だとしても、内部劣化が進んでいることもあります。このように、電気を使う機器は経年劣化してくると危険な状態になることがあるため、電気工事業者へ定期的な点検を依頼するのが良いでしょう。

  • 機械の故障以外の不調の原因

    電気工事が必要になってくるのは、機械が故障した時だけではありません。エアコンなどを消費電力が高い電気機器を使っていないのに電気代が高いことがあったら、漏電を疑ってみても良いでしょう。漏電は様々な要因で起こります。まず電線が劣化し、絶縁処理されている部分が剥がれて漏電することがあります。また湿気や結露が電化製品やコンセントの中に入り込むと、漏電を引き起こすことがあります。冷蔵庫や洗濯機の底の部分は水が溜まりやすくなっているので、日常的に水が溜まっていないか確認をすると良いでしょう。また冬の寒い時期などは、外の空気と室内の温度差が高くなる傾向にあり、結露が発生しやすくなります。結露によって発生した水がコンセントなどに入りこまないように注意をする必要があります。ブレーカーがよく落ちるようになった場合は、ブレーカーの「漏電(主幹)ブレーカー」を確認しましょう。アンペアブレーカーは落ちておらず、漏電ブレーカーだけ落ちているかを確認すると、漏電が起こっているのか参考とすることができます。電気機器をそんなに使っていない時に、急に電気代が高くなった際も漏電を疑ってみても良いでしょう。電気工事の業者へ調査を依頼すると確実です。もし漏電が起こっていても放置をしていると、最悪の場合火事になってしまう可能性があります。火事になってしまってからの費用を考えたら、電気工事の業者へ調査を依頼するのは高くはないと言えるでしょう。ブレーカーが落ちる原因は、先の述べた漏電以外にも、アンペアブレーカーが落ちる場合もあります。アンペアブレーカーが落ちる原因は、契約アンペア数(契約電力量)を超えた電流が流れた場合、電気の流れを遮断する仕組みが働いた場合です。その世帯で同時に使える電気の最大量を規制するためのブレーカーが作動しているということです。アンペアブレーカーが落ちると、家全体が停電してしまいます。何度も落ちるようになってしまった場合は、電気を使う時間帯を分散させるなど一度に使う電気の量を減らすか、契約アンペア数を見直す必要があるといえます。ブレーカー自体が故障している場合もあるので、一度電気工事業者へ調査を依頼するのが良いでしょう。どのオフィスやご家庭にも設置されているコンセントも、長く使っていると劣化していきます。古いタイプを使い続けていた場合、ヒビ割れなどの発生が確認されたら、安全のためにも交換や点検を検討していくことが重要です。電気機器は高圧電流が流れている可能性があるので、ご自身で対応が難しそうな場合は、安全のためにも電気工事業者へ依頼をするのが良いでしょう。

  • よくある電気工事の内容について

    電気機器は現代の生活に欠かすことはできません。日常的によく使われるスイッチやコンセントなどの修理は、電気工事の中でも比較的依頼をされる方が多い作業となっています。また住宅の築年数が多い住宅では、よくある電気工事の他にブレーカーの調子が悪くなってきたことから、ブレーカーが良く落ちるようになり、漏電の可能性を含めた調査・点検の依頼も併せて行う場合があります。電気の関所としてもブレーカーの存在は重要なものであり、高齢者の方を中心としています。漏電の可能性がないとしても、契約アンペア数の見直しやブレーカー自体のメンテナンスは重要です。今では私たちの生活になくてはならない存在の電気機器は、常に安心して使える状態が望まれています。また、照明器具で高い場所に設置してあるものなど、居住者では中々簡単に交換できないものであっても、電気工事業者であれば容易に交換が行われます。照明機器の消耗品や部品の交換から、スイッチの故障、コンセントを新しくするといった設備の交換を電気工事として行ってくれるのです。部屋が暗いので明るくしたいという照明に関する電気工事の他にも、白熱電球からLEDに交換して電気効率を上げたいという場合にも対応しています。停電や漏電のトラブルについての電気工事のお問い合わせは、雨漏りや湿度上昇による電気機器の故障が多い梅雨時期に多くなっています。台風や雷などの影響により、停電が起こった場合には、専門的な知識がないまま電気工事を行おうとする居住者様もいらっしゃいますが、極めて危険な行為であることを覚えておきましょう。電気工事は資格が必要なものであり、それは安易に行わないで欲しいという意味にも取ることができるのです。無理やり修理を行ってしまえば、その作業内容が原因となり電気機器のショート、最悪の場合火災にまで発展する可能性は無視できません。安全に作業を行う意味でも、些細な疑問から大きな電気トラブルまで、電気工事業者に来てもらった方が得策と言えます。しかし、電気工事と言うとどのような作業があるのかはっきりとは知らない方も多いでしょう。具体的には冷蔵庫や洗濯機などの家電の不具合やエアコンの効きが悪いなどの相談や、新しい電化製品を購入したものの取り付け方がわからないという相談のお問い合わせ。またテレビを見るために必須なのが、アンテナですが、テレビが急に映らなくなったなどのアンテナの不具合や、BS・CSアンテナを取り付けたい、不要になったアンテナを撤去してほしいなどにも対応しており、電気機器に関することに対応可能と言っても過言ではありません。しかし、何といっても多い依頼内容がコンセント・スイッチに関するご依頼です。最近ではパソコンやプリンターなどの機器を使うことが多くなっています。そのため、タコ足配線になっていては危険なので、コンセントを増設したいといった声も多く、また照明のスイッチを新しくするだけではなく、スイッチの増設、照明自体を増やしたいという機器増設の依頼が挙げられます。電気工事業者は設置だけではなく、引き取りも可能です。引っ越しなどで不要になった電化製品を撤去や処分して欲しいというご依頼も電気工事業者へお願いしていきましょう。この他にもビルや家の中の電化製品の調査や点検の依頼もあります。空調機器のメンテンナスや不調な部分の調査、漏電の可能性があるかの調査などがそれにあたります。

0120-949-986