見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

長崎県の業者を市区町村から探す

我々の快適な生活を脅かす、百害あって一利なしの有害生物。その中でも代表的な例として存在するのが、シロアリ。被害件数の増加と多大なる損害から、直接住宅に被害を与える害虫と言えばNo.1といっても過言ではないでしょう。これらのシロアリは一体どの様な環境を好み、生息しているのでしょうか。長崎県とどれだけ関連性や危険性が高いのかも気になるところです。まずはシロアリの特徴としまして、日本で生息していて主に被害を及ぼしているのは大きく分けて3種類存在しています。これらにはそれぞれ違った特徴や生態を持っており、同じアリでも正反対な面が多い為、それぞれの地域に生息するシロアリの種類に合った適切な対処法を行わなければ効果は期待出来ません。そこで実際に長崎県に生息しているシロアリに関する内容としましては、「イエシロアリ」と呼ばれています。彼らの生態は主に6月~7月の間にかけて活動を活発化させており、暖かい気候を好んで最適な温度は35度前後とされています。そして最も恐ろしいのは、その性格にあります。日本のみならず、世界中のシロアリという幅広い視野で見てもとても凶暴であり、一度狙われてしまったらその被害は大規模な物になると言われている種類なのです。木材はさる事ながら、コンクリートや立木などあらゆる物に被害を及ぼし、その雑食性は目を見張る物があります。そして巣を建物内や地下に造り、蟻道を介して住宅へ侵入してきます。更には、「イエシロアリ」の巣となる個体数はその数なんと「100万匹に及ぶものもある」と言われており、侵害スピードもとても早いのが厄介な問題とされています。こんなシロアリに狙われ、更には気づくのが遅れてしまったらその損害額や精神的なダメージは絶望的とも言えるでしょう。この様な特徴を持つシロアリが長崎県全域で生息が確認されており、被害の懸念が予想されるのです。その理由は気温だけではなく、降水量も原因の1つとなります。長崎県の年間降水量は「2,136mm」と全国では12位となる順位になります。これにより気温、湿度共に最高の環境と言えてしまうのです。また、海に隣接している事からその湿度を更に高めて、豊かな自然をエサとして多くの「イエシロアリ」が集まって来ます。その驚異的な侵害スピードのせいで繁殖力も高まり、標的にされてしまえばそれを回避するのは至難の業と言えます。そんな事態を引き起こさない為にも、他県と比べて徹底した対策とその事前準備がとても重要となります。頻繁に自宅周辺をチェックしたり、シロアリ対策を行うと言った行動で今一度ご家庭を見直してみると良いかもしれません。