看板・標識制作

看板・標識制作業者比較 目安料金について 縦80㎝☓横200㎝の壁看板(電飾なし)の製作依頼をいただいた時の目安料金となります。

検索結果
55社のうち51 - 55件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

看板・標識制作:
10,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

ご用途に合わせた看板のご提案をいたします

プロの看板屋が立て看板・工事看板・電飾看板・電光看板などをニーズに応じて製作・制作いたします。お見積りはもちろん、現地調査も無料で行います。 続きを読む

株式会社サイン工芸

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
香川県高松市三谷町3556-22
  • 低価格で丁寧な仕事

『看板』という名の優秀な営業マンを置いてみてはいかがでしょうか!

株式会社サイン工芸は、従業員数が10名にも満たない小さな会社です。しかし、香川県にお住まいの方なら弊社の名前をご存じではないでしょうか?実は弊社は、昭和34年より操業している歴史ある看板・標識制作の会社なのです。一般家庭にはあまり馴染みが無いかもしれませんが、看板制作におけるプロフェッショナルの集団なのです。専門家としての立場から、看板を通して皆様... 続きを読む

他対応カテゴリ
看板・標識制作

株式会社タイペックス

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
岡山県岡山市南区豊成岡山市南区豊成3丁目21番3号
  • 低価格で丁寧な仕事

現状で満足せずにさらに魅力的な看板を模索中です!

【広告の変化】 IT化も進んだ現代では、広告の手法も日々進化を遂げています。少し前まではテレビCMや新聞の折り込みチラシなどが主流でしたが、現代ではダイレクトメールやメールマガジンで特定の相手に広告を送る方法も取られています。今後も時代の流れと共に、広告は姿形を変えて進化していくことでしょう。そんな時代の中で、看板による広告は時代遅れに感じるかもし... 続きを読む

他対応カテゴリ
看板・標識制作

株式会社ヒューマンライフサポート

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
山口県山口市小郡新町6-3-15
  • 低価格で丁寧な仕事

看板のことでもう悩まないで!製作から修理・清掃までお引き受けします!

お客様の大切な看板、製作も修理もそして清掃も、すべて私ども株式会社ヒューマンライフサポートにお任せください。安心のお客様対応と信頼できる技術をお届けします。 【当社のこだわり】 お客様からのお問い合わせにはスピード対応を心がけております。土日祝日も休みなく対応させていただいておりますので、お客様のご都合に合わせたお打ち合わせや作業が可能です。 ... 続きを読む

他対応カテゴリ
業務用エアコン
自動ドア修理
看板・標識制作

自由工芸自宅

対応エリア:
東海  
所在地:
長野県駒ヶ根市上穂栄町24-17-105
  • 低価格で丁寧な仕事

あなたのお店の看板を一度見直してみてはいかがですか?

今の時代、ダイレクトメールやメールマガジンなど多種多様な広告が生まれています。しかし自由工芸自宅は、看板・標識制作の専門家としてその力を信じています。看板は、不特定多数の人々に訴えかけるのに適した広告媒体です。あらかじめ通行人が多い道に設置しておけば、多くの人が何度も目にする機会が増え、徐々に記憶に刷り込まれていくことでしょう。しかし、どれだけ... 続きを読む

他対応カテゴリ
看板・標識制作

生活110番おすすめサービス

看板・標識制作:
10,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

ご用途に合わせた看板のご提案をいたします

プロの看板屋が立て看板・工事看板・電飾看板・電光看板などをニーズに応じて製作・制作いたします。お見積りはもちろん、現地調査も無料で行います。 続きを読む

看板・標識制作業者をエリアから探す

看板・標識制作に関する、みんなの暮らしの知恵袋

看板・標識制作について

  • 看板の種類とそれぞれの役割

    お店の集客に重要な役割を果たすのが看板ですが、様々な種類があります。お店の前に置くスタンド看板や置き看板は、お客様に詳細な情報を伝えることができます。メニューや本日オススメの食材、また写真を使ってお店の雰囲気を伝えることができます。写真と同じように、集客効果が高いと言われているのが、矢印です。どこにお店があるのか、明確にお客様を誘導することができます。徒歩でお店を探しているような潜在顧客に有効な集客手段なので、看板制作の時はいかにお店の魅力を伝えることができるかを留意する必要があります。お店の前に出す看板には、のぼり旗やのれん、バナーフラッグのように、布で作られたものもよく利用されます。お店の業種やオススメ商品などを目立つように設置されることが多くなっています。お店の正面に大きく設置することのできる、壁面広告の看板制作をする際は、お店のイメージやコンセプトを伝えるのに役立ちます。建物の外観と看板の雰囲気に統一感を持たせることで、お店のこだわりを明確に伝えることができます。夜間時でも看板がよく見えるように照明を設置しますが、外照式と内照式があります。お店に来客されるのは徒歩だけではなく、車で来客される方もいます。車を運転している方は看板を長時間見ることは稀です。運転中のドライバーが看板の存在に気づき、そのお店に行こうと意思決定し、駐車場に車を止めるまで約7秒必要と言われています。そのため、ポールサインや屋上看板など、少し遠くからでもお店のことをアピールできる看板制作を行うことが必要です。また走行中のドライバーが看板を読むことのできる時間は約3秒とも言われておりますので、看板の内容は情報を精査して簡潔な内容にする必要があります。看板制作は、お店の敷地内だけにこだわる必要はありません。お店から離れている場所に、野立て看板を設置することで余裕を持ってお客様にお店の存在を認知して頂くのに役立ちます。イベントなどを行う際は、アドバルーン広告が有効です。デパートやショッピングモール、大型家電店などで利用されます。遠くからでも見ることができるため集客に役だちますが、イベント会場を賑やかにする効果もあります。このように、近年はネットの集客が注目をあびますが、実際にお客様が街を歩いている時に目にするのが看板です。看板は一度設置してしまえば、繰り返し潜在顧客の目に入るので、ブランディング効果もあります。看板制作を有効に行って、ライバル店との差別化を図り、お店の売上をアップさせましょう。

  • 自分でデザインをするか、プロに頼むべきか

    看板制作をする際に需要なのが、デザインです。看板は目立つことが需要だと思われますが、集客や売上につながらないとあまり意味がありません。結果の出る看板制作のデザインについて考えて見ましょう。看板の立地によって状況は少し変わりますが、看板の文字は大きほうが良いでしょう。お店のことを知ってもらい印象に残る必要があります。店名の他にも「何屋さんなのか」を記述することで、新規のお客様でも興味を持ってくれる可能性が高まります。インパクトのある看板を作成すると、近年ではブログやツイッターで拡散されることもあります。ソーシャルメディアを集客に活用できるかもしれません。看板制作する時に決めかねるのが、フォントです。フォントは日本語と英語表記ともに多くの種類があります。よく使われるフォントにゴシック体と明朝体がありますが、ゴシックは見た人にかっちりした印象をあたえると言われています。明朝は落ちついた雰囲気や上品さといったイメージを相手に与えると言われています。また和風なイメージや歴史・伝統を強調したい場合は、楷書が有効だとされていまいす。親しみやすい印象を演出したい場合はまるもじをつかうなど、お店のコンセプトにあったフォンを選ぶ必要があります。ロゴデザインをする際もお店の雰囲気やコンセプトに合致したフォントを使う必要があります。看板のデザインは自分の感性で行うこともできますが、集客の重要な部分を担うものなので、業者に依頼をしても良いでしょう。看板の文字を決めるときに重要なのが、伝えたいことを一番大きくすることです。キャッチコピーや店名など特にアピールしたい部分を、少し遠い場所からでもお客様に魅力を感じてもらう必要があります。看板のデザインを考えるときに写真を掲載することは有効ですが、色使いによって、食べのもの見え方は違ってきます。背景色との対比を使ったほうが、メインで見せたい商品が際立つからです。また、同じ「うどん」の写真を使ったとしても、「本格手打ちうどん」をアピールしたい場合は、ただうどんを打ちした写真よりも、橋でうどんを持ち上げた構図のほうが伝わりやすいといったこともあります。また配色を考えるときに、黄金比率が関係しており、レイアウト一つで受け手の印象が大きく変わってきます。近年では、お店の前に設置するスタンド看板に、電子看板を使うお店も増えてきました。電子看板の看板制作をする際は、動画に音を入れて流すことがでるので、デザインを含め業者に依頼したほうが、クオリティと仕上がり時間を考慮すると最適と言えるでしょう。このように、集客に重要なインパクトをもたらす看板制作ですが、お店の「伝えたいこと」を有効にお客様にアピールするためにも、デザインは業者にお願いするほうが良いと言えるでしょう。

  • 看板の集客効果について

    お店を運営する方にとって非常に重要なのが集客ではないでしょうか。そんなとき強力な武器になるのが看板制作です。看板はお店の表札代わりという認識しか持っていない方からすると、お店の名前を記載しておけば良いという考えを持っていたり、単に目立てば良いのだろうと考えたりしがちです。しかし看板制作は売上に大きく結びついているという事例が多く報告されています。看板はお店が持っている魅力を最大限お客様に伝えることができるツールです。看板制作がネットなどの広告よりも費用対効果が高いのは理由があります。チラシやネットの広告は商品を認知させることに優れていますが、看板は店舗を印象づけて覚えてもらうことに向いています。看板は潜在顧客に対して、お店を覚えてもらい、近くに出掛けているお客様を呼び込み、衝動的に来店してもらう可能性を上げる効果があります。看板はチラシと異なり、一度見たからといって捨てられることがありません。看板が設置されている場所を通る人全てに、継続的に広告効果を発揮することができます。看板は、他の販売促進ツールと比べると費用対効果が高いといえます。看板制作で集客を向上させるために考えなければならないのが、どうやってお店の存在を知ってもらうかという、発見確率を上げること。存在に気づいた人に、どうやって興味を持ってもらうかという、魅力確率を上げること。最後に気になって入店するようにどうやって導くかという誘導確率を上げることになります。看板を発見してもらう確率を上げるには、看板の視認性を高めたり、周辺の色との差別化を図ったり、お店の名前だけでなく業態をわかるようにすることが重要です。次にお客様に興味を持ってもらうには、盛況感の演出や、オススメ商品・目玉商品の宣伝、看板の新しさを改善することが必要になってきます。最後にお店への誘導率を高めるためには、お店の入り口までの導線がはっきりしているか、お店の信頼感や安心感を効果的に伝えることができているかを考える必要があり、通行人がなんとなく寄ってみたいという欲求を刺激することが看板制作では重要です。繁盛しているお店には、他店にはない強みがあるという傾向があります。その強みをお客様に有効に伝えることができれば、集客力や売上をアップさせることができます。看板のデザインも、集客効果を左右する重要な部分になっています。色を例にとっても、高級感を演出するための赤、商品を際立たせるための赤など、お客様に与える効果は様々なので、業者のノウハウを活用することを検討しても良いでしょう。

  • 看板事故とメンテナンスの重要性について

    お店の集客になくてはならない看板ですが、看板制作をしてからメンテナンスを全く行っていないという店主の方もいらっしゃるのではないでしょうか。2015年に札幌市で飲食店の看板が落下し、20代女性が意識不明の重体になるとういたましい事故がおこりました。落下したのは看板の一部分で、鉄製で約20キロも重量がありました。当時の気象状況は、瞬間風速が25メートルという非常に強い風が吹いていました。15メートル頭上から20キロの看板が落下して、被害者を出してしまいました。これは看板を出している店主の方には、決して他人事ではありません。看板が落下した原因は、看板を固定している部分の腐食でした。お店の人が点検を怠り、看板と建物を固定する4本のボルトがすべて腐食していたため、落下事故につながったのです。お店が設置している看板には管理責任があります。歩行者に被害をおよべば刑事責任を問われますし、企業やお店のイメージに大きな損害を与えてしまいます。もし看板のサビがひどくなっていたり、建物との接続部のボルトが腐食したり変形していたり、全体的にグラついていたら、看板制作を行っている業者へ修理、点検を依頼して適切にメンテナンスをすることが必要です。看板のメンテナンスは落下するような重大な劣化に対してだけではありません。電飾看板の内部蛍光灯が切れていたまま放置をすると、集客効果が落ちるだけではなく、イメージ的にも悪くなってしまいます。看板内のランプやグローランプの寿命は約2千時間と言われています。長期間メンテナンスが要らなくなるLEDに交換するものメリットがあります。看板にネオンサインを使っている場合は、環境やネオン管の品質で大きく寿命が変わってきます。鳥などに管を割られてしまったり、配線の腐食が起こったり、変圧器の劣化による寿命だったり、メンテナンスが必要な状況があります。このように看板制作を担当される方は、看板のメンテナンスについても手を抜かないことが重要であると言えるでしょう。お店の宣伝をするはずの看板が、凶器に変わってしまってからでは遅いのです。腐食や変形、車にぶつけられて壊れていないかなど、故障に気づいた際には看板制作業者に相談して、適切な対応をすることが必須といえます。もしものことが起こってからでは、お店の管理責任を問われてしまいます。また電飾などが部分的に切れていると、お店のサービス自体のクオリティに対するイメージが悪くなってしまうので、故障を確認したら、看板制作会社になるべく早く相談して修理をするのが、大事な集客のためには必要でしょう。

0120-949-986