見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

島根県の業者を市区町村から探す

日本でのシロアリの生息地域は全国に隈なく広がっているとされていますが、分布状況はどちらかと言えば南部の地域に偏っている傾向があります。これは、シロアリがもともと熱帯から亜熱帯の熱帯雨林のような地域に数多くの種類が生息している生物で、日本で家屋を食い荒らす害虫として認識されているシロアリにも基本的には共通した性質があるためだと言われています。ですから、国内のシロアリ被害は沖縄、九州、四国地方では特に多くなっています。島根県はというと、本州でも南部に位置していますが、全体が日本海に面した日本海側気候であることもあって、一年を通して夏の暑さや冬に冷え込みが比較的穏やかだとされています。その為、山地を挟んだより温暖な瀬戸内海式気候を持つ広島県などに比べるとシロアリの発生は少なくなっていますが、その中でもシロアリが発生しやすい注意が必要なタイミングが幾つかあります。その中でも大きな要因は、数年に一度程の頻度で起こる大陸からの寒気団影響です。急激な冷え込みによって木造住宅などで暖房機器を頻繁に使用するようになると、寒さ対策が充分でない構造の家屋では床下の木材などに水蒸気や結露で湿気が溜まってしまうことがあります。こうした湿気は自然に解消されないことも多いため、暖かくなってシロアリの活動が活発になった時に、シロアリが好んで食べる水分を含んだ木材として残り侵入のきっかけになってしまいます。島根県で発生するシロアリのほとんどはヤマトシロアリだと言われていますが、このヤマトシロアリは大きな巣を作ることがない分、住まいの中に木材が湿っている場所が複数あれば、そのすべてに移動して被害箇所を広げてしまうことがあります。また、最近ではヤマトシロアリ以外のシロアリが島根県で発生することも警戒されています。日本で最もおそろしいシロアリだとされているのはイエシロアリという種類で、ヤマトシロアリに比べて10倍以上の集団を作ることが多く、イエシロアリは家を潰す、という言葉があるほど食害の影響も強力な害虫です。これまでこのイエシロアリは瀬戸内海沿岸や九州北部などの地域に生息地が限られていると考えられてきましたが、近年は温暖化の影響もあってか生息地域が拡大し始めているようです。すでに山口県などでは新たなイエシロアリの被害が確認されており、島根県でも温暖化の影響や他地域からの木材の流通なども盛んになっているため、ヤマトシロアリに加えてイエシロアリの発生にも注意した、より入念なシロアリ対策の実施が必要になると考えられています。