見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

埼玉県の業者を市区町村から探す

埼玉県は県内に海を持たない内陸県ではあるものの、山間部の中央高地気候の場所を除く多くの地域が太平洋側気候に属するとされています。そのため、年間の降水量は降水量は多くないながら、雨の日は暖かくなる時期に集中し、県内の日本でも屈指の猛暑となる地域では高温多湿の状態が続くことがあります。シロアリは世界的に見ると熱帯に生息する種類が多く存在し、熱帯雨林の湿った枯木などを好んで餌としている傾向があり、それは日本にで害虫として認識されるシロアリにも共通している特徴です。埼玉県の暖かい時期と雨の日が集中する季節はそうした熱帯の環境に近く、シロアリが活動するには好条件となっているようです。埼玉県で被害が多いとされているシロアリはヤマトシロアリという種類ですが、このヤマトシロアリは水分を求めて湿った木材に侵入する可能性が高いので、羽アリが飛来して住宅で繁殖するケースと合わせて、外部の土中から住宅内に侵入することにも対策が必要とされています。また、これまでは埼玉県のシロアリ被害のほとんどはヤマトシロアリによるものでしたが、その他の種類のシロアリが発生する可能性にも注意が払われています。中でもイエシロアリは主に東京都より西部の沿岸地域でしか発生しないとされてきましたが、近年は温暖化の影響からかイエシロアリの生息地域が東部にまで拡大しつつあると言われています。埼玉県は先述したように内陸県ながら太平洋側気候を持っており、九州地方などでは内陸部でもイエシロアリの発生が確認されていることからも、今後被害が広がる可能性が考えられています。このイエシロアリはヤマトシロアリに比べて木材を侵食する力が非常に高く、土中の大きな巣を木材内部の巣と繋げる、外部から水や土を持ち込んで積極的に木材を湿らせて食べ進む、ヤマトシロアリの数倍から数十倍にまで数を増やすなど、厄介な特徴をいくつも持ち合わせています。これらの習性に対応するため、これまではヤマトシロアリを対象としてシロアリの侵入対策を行っていた埼玉県の家屋でも、イエシロアリに警戒した予防を実施することが勧められています。さらに、輸入木材によって国内に侵入したとされるアメリカカンザシシロアリの発生も、埼玉県では首都圏との流通が盛んな為か増えています。アメリカカンザシシロアリはイエシロアリほど急速に被害を与えるものではありませんが、輸入木材を使用したピアノなどの思わぬ場所から繁殖し始めることがあるので生息地域を広げないための対策が急がれています。