見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

福井県の業者を市区町村から探す

福井県は、東京と比較した場合に降水量が約6倍もある県です。そして温暖な気候のせいもあってか、夏場はとても蒸し暑く、全国的に見た時にも比較的湿気の高い気候の土地であるといえます。日本海側に面しているとはいえ、乾燥もしづらく、湿度は高い土地です。しかし、気温自体は東京都に比べると低いので過ごしやすくはありますが、梅雨の時期はほとんど雨が降っているために、シロアリなどの湿気を好む虫には注意が必要です。シロアリは湿気を好むことで有名ですが、なぜかというと木造家屋の腐食が進みやすいからです。特に、福井は木造家屋の多い地域の一つでもあります。木造家屋の構造として、木材を中心に建築されているという特性上、古くから建てられている日本家屋のような建物は内部の木が腐食し、劣化している可能性が高いです。腐食が進んでいる木材はシロアリの餌になってしまいます。シロアリは腐食した木材を食料とする昆虫なのです。家屋にダメージを与えるので「害虫」として扱われています。シロアリは木材の内部から木を食べていきます。そのため、表面上は特に何もなかったとしても、内部から破壊されていくというケースが非常に多いのです。壁や柱をたたいた時に空洞音等の音の変化がある場合は要注意です。内部がスカスカになってしまっているかもしれません。家の基礎となる柱が食い荒らされて倒壊してしまうというケースも良くある話です。地震などでもろくなった箇所が倒壊してしまうということになってしまいます。福井県においてそういった報告が無いわけでもありません。シロアリ対策は施工の時にある程度行うかとは思いますが、しっかり行えてないとシロアリは繁殖してしまいます。シロアリの生命力は強く、極端に言えば女王アリをしっかりと駆除しておかないとシロアリは何度でも再発生します。シロアリは女王が巣を作り、卵を産み付けることで発生します。シロアリには「階級」というものがあり役割が決まっています。他の昆虫にも役割を持つものはありますが、その昆虫は最初から生まれた時点で階級が決まっていることが多いです。しかし、シロアリは生まれた時点では階級は決まっておらず、成長する段階で階級が変化していく性質を持っているのです。そのコロニーに必要な階級が不足すると、女王がその階級を新たに生むのではなく、個体がその階級を補おうと変化するので、女王はただ卵を産めばいいだけなのです。これがシロアリの繁殖力の高い理由でもあります。気候的にもシロアリが比較的全国から見ても発生しやすくある地域です。しっかりと日ごろからの対策を施しましょう。対策をしっかりと行っていれば早期発見も可能ですし、そもそもの予防効果も期待できるでしょう。シロアリは目に見えて被害がわかった場合は手遅れになっていることが多いです。日ごろから注意はしておきましょう。福井県は木造家屋が中心の県ともいえます。留意しましょう。