見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

福岡県の業者を市区町村から探す

兵庫県警察の統計データによれば、平成26年の兵庫県の侵入犯罪の認知件数は2,853件になります。この件数はこの年の10年前にあたる、平成16年の12,437件に比べて、約4分の1に減少しています。このデータから読み取れることは、近年防犯の意識や防犯グッズの技術が上昇していることが言えるのではないでしょうか。しかし認知件数が減少してはいますが、依然として検挙率は約25パーセント前後であり、実際に侵入される機会は減ったものの、侵入されてしまえば検挙が非常に難しい状況と言い換えることができるのではないでしょうか。もちろん上記のデータは犯罪として認知されて、届出が出ている件数になりますので、こちらも注意が必要です。玄関扉や窓の鍵を防犯性能の高いタイプに変更することや、二重鍵などの複数の鍵を利用するなどの対策を採って、防犯の意識を高めていくことが重要だと言えるのではないでしょうか。この防犯の要でもある鍵のトラブルも近年増えています。鍵を失くしてしまったり落としてしまうケースが増えているのです。折角の鍵なのですから、失くしてしまったら防犯性能が薄れてしまいます。鍵を失くしてしまったら警察に連絡する必要があるでしょう。兵庫県警察のホームページに「落とし物検索」というページがあります。このページは兵庫県だけではなく、近隣の県である大阪府や京都府などでの落とし物も検索することができます。大阪府や京都府のベッドタウンとして、兵庫県で生活をされている方も多いと思いますので、この警察署の横のつながりは嬉しいですね。さてこの兵庫県の落とし物ページの使い方としましては、落とした日付と大まかな分類、鍵や衣類やカバンなど、を入力することで、兵庫県警察に届いた拾得物を調べることができます。もちろん詳細検索も可能でありまして、カードキーで例えれば、大分類が鍵になり、中分類がカードキーになります。もちろんカードキーにも沢山の種類がありますので、小分類でICカードや入室カードなどの小分類を選択することが可能です。もちろん詳細検索には詳しい場所や建物も入力できますので、心当たりがあれば詳しく調べることができるでしょう。落とした鍵が運よく見つかったとしても、もちろん注意が必要です。不特定多数の人数が鍵に触れている可能性も十分にありえますので、鍵屋に依頼するなどの対策を採って、鍵の交換やセキュリティーの強化を行う必要があるでしょう。安心な生活を守る鍵ですから、注意して取扱をしたいですね。もし鍵を失くしてしまったら警察や鍵屋に連絡をしましょう。