見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

茨城県の業者を市区町村から探す

茨城県が属する関東地方において、シロアリの発生時期は一般的に4月から6月になると言われています。この時期のシロアリは羽アリとなって、交配相手を決めることや営巣の土地選定を行う時期にあたります。茨城県においてこの時期に羽アリを建物の近くで見かけた際には特に注意が必要です。一度営巣したシロアリは餌となる木材の近くで季節を問わず活動をします。シロアリは毎日時期や季節を問わずに木材を消費し続けているのです。この羽アリを駆除することで、シロアリ被害を最初期で食い止めることができるかもしれませんので、この羽アリの兆候は見逃さないように注意をしましょう。この茨城県の地形的特性についてもシロアリの駆除には重要になります。茨城県は南北に長く、南に利根川、東に太平洋を臨みます。そして北部は久慈川や那珂川を境に和尚山や八溝山を筆頭にした山々が連なる地形になり、茨城県は霞ヶ浦を中心とした水に囲まれた地形であると言い換えることができるでしょう。この多くの人の生活圏が利根川や那珂川、そして太平洋などの水に囲まれた関東平野に属する地域になります。この水に囲まれた平野である茨城県の大部分は夏場の降雨量が多く、北東の気流に乗って関東平野に度々雨をもたらします。そして茨城県中央部にある霞ヶ浦が天然のクーラーとなっており、関東平野の中でも一年を通して涼しい気候にあると言えるでしょう。一般的にシロアリの活動において、猛暑や酷寒は活動が鈍くなる傾向にあります。このシロアリの活動に上記の茨城県の気候を照らし合わせると、梅雨の時期に入り始めて営巣を始めたシロアリは、涼しく雨の多い夏から秋にかけて活発に活動をして、冬から春の間は木材の中で省エネルギーでの活動になると言えるのではないでしょうか。特筆すべき点として、水場が多い地域特有の涼しく湿度の高い夏場が挙げられるでしょう。この茨城県においては、夏場にシロアリが長期間活動しやすくなるために注意が必要になるのです。そして夏場から秋口にかけて、茨城県では竜巻や台風の被害に遭いやすくなります。この台風や竜巻は建物、特に木造の建物、を傷つけることがあり、秋雨も重なることで建物の奥にある木材まで水分を含んだ状態になることがあります。この湿気を帯びた木材は雪などに囲まれる冬にかけてのシロアリの恰好のねぐらになることもありますので、こちらにも注意をしなければいけません。春先の羽アリから、長い夏の活動を経て、風の強い秋にかけて、茨城県ではその時期に合ったシロアリ対策や予防の必要があるといえるでしょう。