見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

大阪府の業者を市区町村から探す

大阪府は東京都、神奈川県に次ぐ国内全都道府県で3位の人口を持つ地域です。ですが、その面積は国内で2番めに小さく、古くから残る密集した木造住宅も多いことから、シロアリが発生する民家の割合は高いエリアだと言えます。 気候のについては、瀬戸内海に面しているため、基本的に一年を通して温暖で雪が降ることがほとんどない気候に属しています。しかし、四国地方などに比べると雨が降ることが多く、都心部ではヒートアイランド現象の影響もあって気温が上昇する時期に湿度が高い状態が続くことがあります。こうした気候条件は、もともと熱帯、亜熱帯の地域に生息していたシロアリが好む高温多湿の環境を生み出すことが多くなり、比較的都心部にあたる地域でもシロアリの活動が活発になります。日本全国で発生と被害が確認されているヤマトシロアリは、水分のある湿った木材を求めて住宅に侵入するケースが多いので、こうした時期には家の外に生息していたヤマトシロアリが床下の木材などを侵食することに注意が必要とされています。また、ヤマトシロアリよりも被害が甚大になるとされているイエシロアリは、国内でも限られた地域でしか生息しない種類のシロアリですが、大阪府では数多くイエシロアリの被害が報告されています。イエシロアリはヤマトシロアリと違い、湿った木材を求めて家屋に侵入するのではなく、乾燥した状態でも木材を見つければ、外部から水や湿った土を持ち込んで食べやすい状態へと積極的に変えていく習性を持っています。ですから、侵入対策として床下の乾燥状態を保つような方法はヤマトシロアリには高い効果が見込めますが、大阪府のようにイエシロアリが生息する地域では通用しないことがあります。また、イエシロアリは巣を作る能力にも優れていて、土の中に作られた大きなイエシロアリの巣と、住宅の木材の内部を食い進むことで作られた巣が繋げられ、より大規模に活動を広げる危険性もあります。この他、近年外国から輸入された木材に付随して侵入し、徐々に被害が増えているアメリカカンザシシロアリの発生が大阪府を中心として特に多いとして注目されています。これは、大阪が古くから関西地方で商業の中心地として機能してきた場所であることに関係しているとも言われていますが、アメリカカンザシシロアリの大阪府での生育が定着すれば、今後周辺地域にも生息地が広がる事も考えられるため、シロアリ駆除の際にはこれまで被害の大半を占めていたヤマトシロアリ、イエシロアリとともに確実な発見と駆除が必要とされています。