見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

新潟県の業者を市区町村から探す

新潟県の特徴としては、平均気温が全国でも39位と比較的涼しい気候で、雪よりは雨の日が多い傾向があります。雪が降っても日照時間が少ない事が原因により、放射冷却が起こりにくいといった事も挙げられます。その事から降る雪はとても水分が多く、湿度が高い環境となります。また、山脈といった森林も多く存在しており、自然豊かな環境とも言える上に、一般のご家庭でも新築一戸建ての木造建築率は「94.0%」と全国と比べても多く存在している事がわかります。これらの情報は、ある生物の生息にとても関連している情報となるんです。それは有害生物として我々の暮らしを脅かす、シロアリです。彼らは湿った木材を好物としている為、これらの多い地域を選んで寄り集まる習性があります。更には冬眠などはせず、常時絶やさないように女王アリが卵を産んでいるので、その生息数はみるみる内に増えて行くばかりです。しかしシロアリは元々南部に生息しており、暖かい気候を好むとして有名です。では新潟県ではその被害の可能性は低いのでしょうか?残念ながらそんな事はありません。シロアリといっても様々な種類が存在し、南部に生息しているのは「イエシロアリ」と呼ばれる種類になりますが、新潟県全体で被害報告が多いのは、「ヤマトシロアリ」という種類になります。こちらのシロアリは暑い場所を苦手とし、涼しい場所に巣を作って繁殖する傾向にあります。また、活動期間は6月~7月とされているので暑すぎない北陸地方でなるべく水分や湿気の多いような場所を狙って集まる可能性が高い事がわかります。となると、新潟県はこの条件にとても良く当てはまってしまう地域なんです。皆さんは自分にとって好条件の環境があったらどう思いますか?もちろん、集まって快適な住処を作り、毎日おいしいご飯を食べて暮らしていきたいですよね。そうなってしまうと、当然の事ながら自然に消滅するような事はほぼあり得ません。具体的に「ヤマトシロアリ」が最適とする気温は28度前後と言われていますが、6月~7月にかけての新潟県の気温は、およそ20度~26度となる日が多く続きます。「ヤマトシロアリ」は温暖な気候を苦手としている為、年間平均気温が全国でも「13.8度」と比較的に低い新潟県では生息や繁殖がしやすい環境になってしまいます。そんな環境だからこそ、念入りにシロアリに対する調査や処置は徹底して行わなければなりません。予め準備を行っておいて事態に早急な対応が出来れば、生活面や金銭面、精神的なダメージもとても軽い被害で解決する事が可能です。