見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

岡山県の業者を市区町村から探す

岡山県は一部の地域を覗いてその気候の特徴としてはほぼ全域において「瀬戸内海式」の気候に分類されています。「瀬戸内海式気候」はその特徴として、年間を通して「天気」と「湿度」が安定しているといわれているのが特徴です。5月から7月の間の梅雨の時期や、また台風の影響をいけることになる9月は集中して雨が降るので、注意が必要な地域でもあります。しかし、年間通して降水量自体は全国と平均しても比較的少ない土地でもあります。岡山でシロアリ被害が多発しやすいのは6月~9月の間です。この時期は梅雨前線などの関係もあり、湿度が非常に高くなります。シロアリの特性として、湿気があるところを好むということもあるので、この時期には特に注意が必要でしょう。家屋の雨漏りや、その他水濡れによって湿気ってしまうのにも注意が必要です。木造家屋であればなおのこと、湿気ってしまうとそれは格好のえさになってしまいます。しかし、岡山は梅雨の季節を過ぎると比較的天候が安定するため、その時期さえしのげばシロアリの被害は出にくくすることが出来るでしょう。雨の降らない日々が続くというだけでなく、晴れの猛暑日が続くことが多いので、シロアリ対策としての「湿気に気を付ける」という部分については天候がカバーしてくれる部分も多いでしょう。この地域に多く生息するシロアリとして「ヤマトシロアリ」が挙げられます。このシロアリは全国的に分布するので、どこの地域でも生息していると考えられます。しかし、岡山では比較的その被害の数も全国的に見れば少ない部類に入ってきます。シロアリがいかに天候や気候に左右されていることがうかがえるでしょう。気候だけでなく、予防策もしっかりと考えておくことも大事です。シロアリは「乾燥」を嫌うので、一定の湿度は保ちつつも、過度に湿度を上げないような配慮も重要になってくるでしょう。かつ、乾燥材や薬剤による事前の対策も多く考えることが出来ます。対策を多く考えすぎて困るということはないでしょう。生活のかなめである家屋をしっかりと守るためにも、シロアリに関する知識をしっかりと収集し、それを理解し行動に移すということを早めに行っておいたほうが良いかもしれません。旧来の木造建築家屋にお住いである方にとってはそれはなおのことといえるでしょう。もし、被害に遭われた場合においても知識をしっかりと持っておけばその後の対策もできるのではないかと思います。