見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

熊本県の業者を市区町村から探す

熊本県は日本でもかなり湿気が高くなる土地でもあります。夏の夕方には「肥後の夕凪」と呼ばれる無風状態が起きるのでこの時期はかなり蒸し暑くなります。熊本は地域によってもその気候は大きく変動していきます。熊野の気候として特徴的なのは、夏は暑く、冬は寒いという、典型的な内陸生気候です。熊野平野は「有明海」に面してはいますが、その地域は「金鋒山」と「阿蘇山」に囲まれているがために、その部分であっても内陸気候に近くなっています。そのため、地域に限らずシロアリ被害は多くなることが考えられる地域です。湿気を好むシロアリにとってはこういった気候の土地はかなり生息しやすいのです。しかし、降水量も比較的多めな地域でもあります。年間をとおして2400mmと全国と照らし合わせてみると多い分類に入ってきます。県全体を通してみると「太平洋側気候」なので、基本的には温暖多湿な気候です。このような気候の土地にシロアリは多く住み着きます。シロアリの生態としては「乾いた木」ではなく「湿った木」を主に食料とします。なので、庭やベランダ、その他湿った気があるようなところにはシロアリが繁殖している可能性は十分にあります。特に長い間放置されているようなものには住み着きやすいとされています。シロアリは基本的に「旧日本建築家屋」に生息することが多いようです。つまりは旧来の木造建築家屋です。昔に作られたものは、今ほど除湿加工であったり対策を行ってないものが多いので比較的には被害を受けやすいとされています。被害の度合としては発見された時期にもよってまちまちではあるでしょうが、早期発見であれば進行がまだ立ってない頃に発見できるでしょう。しかし、目に見えて被害が出たころに発見となった場合はすでに家屋に対しては深刻なダメージが伝わっている部分が多くなってきているでしょう。深刻なダメージを受けた家屋は最悪の場合倒壊の恐れもあるほか、その被害が隣家へと伝播してしまうということも考えられ得るでしょう。しっかりと対策を施すということは、シロアリの被害を防ぐという意味もありますが、シロアリをしっかりと駆除するという意味でもあります。シロアリをしっかりと駆除かつ撲滅するためにも日ごろからの対策は行っておきたいものです。被害が出ないうちの早急な対応が求められてくることでしょう。薬剤などの方法もありますが、体調に異常をきたす場合もあるので、業者の作業が必要になってくるでしょう。