見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

山口県の業者を市区町村から探す

山口県の気候は2つに分けられ、一つは日本海側沿岸部から内陸分にかけての「日本海側気候」。2つ目が瀬戸内海に面する「瀬戸内海気候」です。瀬戸内海気候の部分は比較的温暖なため、1年を通して雨が少ない気候でもあります。シロアリが発生するとしたらこの地域が多いことでしょう。シロアリは湿度が高く温暖な気候のもとに多く発生します。瀬戸内海気候の地域は温暖でもあり、ある程度の湿度もあるためにシロアリが生育しやすい環境となります。この地域に発生する「ヤマトシロアリ」は全国に分布しているということもあり、シロアリを駆除するということを指すとまずはこの「ヤマトシロアリ」の被害を疑うことでしょう。ヤマトシロアリに限らず、シロアリはそもそもが蟻の仲間ではなく「ゴキブリ」の仲間であることから「害虫」としての考えかもイメージがつきやすいかと思います。家屋に深刻なダメージを与えるシロアリですが、このシロアリは基本的には古い家の木材を食い荒らすというイメージが強いです。しかし、シロアリは古い家だけでなく、新築の家屋にもダメージを与えます。シロアリは巣を作る際に体液や水をも運びます。それらが付着することによって木材は腐食していくのです。簡単に言いかえれば、シロアリが木材を食べ、巣を作ることで木は腐食していくのです。決して新しい木だからといって油断もできません。地域によっては「アメリカカンザイシロアリ」というシロアリも存在します。このシロアリはなんと乾いた木であっても食料とするシロアリです。名称も「乾材シロアリ」というだけあってその被害も大きいです。木材を使用した木造建築の家屋に住んでいる以上、シロアリの被害は考えなければいけません。シロアリは種類や地域、気候によっても変動はしますが、基本的にはどこにでも存在して生息できる生き物です。例えば、資材の中にシロアリが発生していてその資材を誤って建築中に使用してしまい、そこからシロアリの被害が出始めたという話も全く無いわけではありません。シロアリの被害は身近なものなのです。山口県の木造建築の家屋の比率も80%を超えているため、結構な数の家屋が木造でできているということがうかがえます。木造建築にで生活する以上、シロアリのリスクは考えなくてはいけません。山口県でもっとも雨の降る6~7月は比較的地域にもよりますが発生がしやすい時期になっています。そのような時期に突入する前に前もって対策をしておくことがシロアリ駆除の第一歩になることでしょう。