見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

長野県の業者を市区町村から探す

中央アルプスの山々に育まれた内陸の土地である長野県においてもシロアリは活動しています。長野県の特徴として、都市ごとの湿度と気温の違いが大きいことが挙げられるでしょう。この原因として、都市の高低差、標高差、が違うことが都市毎の気候の違いに大きな影響を与えています。例えば長野県の中心都市である長野市や松本市は「山の麓の盆地」であるために夏は暑く朝晩の寒暖が激しくなりやすい都市になり、軽井沢や上高地などは「高原地域」であるために冬は根雪が積もり、雪解けの時期の湿度が高い傾向にあるでしょう。この都市ごとに標高や囲まれる山が違うことが、長野県全体の気候や降雨量が異なる大きな理由となります。この寒暖の差が激しく、山々や木々の多い長野県は雨水や雪解けなどの水分を豊富に含み、シロアリの好む湿った木材も多くあるでしょう。長野県に生息しているシロアリの多くはヤマトシロアリという多湿を好む種類になります。雪解け水をふんだんに含んだ4月末頃から羽アリが森から飛来して、木造住宅の多い長野県民を困らせているのです。昆虫であるヤマトシロアリは寒さに弱いですが、長野県の冬の降雪でも活動を行うことができます。厳しい寒さの中でも、木中や土中で活動量を抑えて生活を送っているのです。そして長野県の都市の多くは、シロアリの餌や住居である腐った木材を有している山や森の近くにありますので、シロアリ被害が深刻になりやすい地域になるのではないでしょうか。山や森の木材を食料としていたシロアリが羽アリとなり、春先に住居まで飛来することがあるのです。近年では地球温暖化の影響でシロアリの分布も北上しています。シロアリは基本的には亜熱帯気候の生き物です。木造建造物が多い長野県の山間部や高原部においてシロアリ被害に遭ったケースが他の県や地域よりも少ないのは気候が全般的に涼しいからになります。しかし、近年の地球温暖化によってシロアリの分布が北上して、長野県の山間部や高原部においてもシロアリの被害が増えてきました。元々は涼しい気候のために、木造住宅が多くてもシロアリの生息に適していなかった山間部や高原部の住宅が、地球温暖化の余波をうけて、木造住宅の近くにシロアリの生息に適している環境がある地域に変わりつつあります。このことは一度シロアリが住居に住み着けば、被害が爆発的に増えてしまうケースがあることを示しています。このため長野県ではシロアリの予防をしっかりと行う必要があるでしょう。シロアリの兆候である羽アリを見かけた場合、近くにシロアリが生活を送っている証拠でもありますので、シロアリ駆除業者に駆除を依頼してみてはどうでしょうか。