見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

岐阜県の業者を市区町村から探す

岐阜県は南北に長く、中央部から北部にかけては中央アルプスや高原地帯が連なる地形になります。そのため住居の密集地帯はひょうたんのような形になると言えるでしょう。岐阜県は中央アルプスを筆頭に四方を山に囲まれた高山市周辺の地域と、愛知県や滋賀県方面に広く伸びる濃尾平野の一部である岐阜市周辺の地域と大きく2つに分かれた地域を有しています。この南部の岐阜市周辺地域は太平洋側から吹き付ける高気圧が留まりやすく、夏は湿度と気温の高い「うだるような暑さ」になり、冬は逆に北の山々から伊吹おろしが運ぶ吹き荒れる雪と風が寒さを酷くしています。この岐阜県南部の気候はお隣の愛知県の気候とあまり変わりなく、太平洋側の湿った風の集積地として、シロアリにとって過ごしやすい気候にあたります。逆に北部は四方の山々の間の高原や盆地に都市があることが多く、夏は涼しい風が過ごしやすい生活を提供するかわりに、冬は吹雪が吹き荒れることもある極寒の地域になります。この寒暖の両面性がある岐阜県の気候は平均値を採ることが難しく、結果として両地域に共通する「冬は寒い」という印象が強い県といえるでしょう。この気候の両面性はシロアリにとっても同様であり、南部の濃尾平野に位置する都市では、前述の通りシロアリの、特にヤマトシロアリ、生活圏内に位置するために4月半ばから梅雨にかけて羽アリが活発に活動します。そのため岐阜県南部では夏場にシロアリの点検をするなどの、シロアリの早期発見に努めることが重要になります。また岐阜県北部の高山地域にとっても、雪や通り雨などで湿った木々が多い地帯になりますので、シロアリの巣になりうる腐った木材が山に大量にあります。このため一度シロアリがその地域に根付いてしまえば、山中に大量にシロアリが繁殖することに繋がります。岐阜県の高山地域の都市は、近くの山で羽アリが活発に活動しているかを調べると共に、シロアリが侵入しないようにシロアリ予防をしておくことが重要になります。木造住宅も多く、そして住人の高齢化が深刻になりつつある山間部の村落では、住居のメンテナンスやケアが難しい場合も多くなりますので、早めのシロアリ対策を隣の住宅の住民やシロアリの業者に頼んで一括で行う事が安全に繋がることもあります。もちろん岐阜県南部でもシロアリの繁殖が確認されている地域もありますので、不安になったらすぐに住居の床下や屋根裏にシロアリ対策を行うことが良いとおもいます。気候は南部と北部で違う岐阜県ですが、シロアリの脅威は共通しています。シロアリを住宅内で発見したときには、深刻な事態に発展するケースが高い点です。そのような事態になる前に、シロアリの予防や対策は出来るうちにとっておきましょう。