見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

福島県の業者を市区町村から探す

福島県は東北地方の中でも東西に幅広い地域なため、地域にる環境の違いが大きいことが気候面での最大の特徴と言え、日本海側気候を持つ地域では全域が豪雪地帯とされ、内陸性気候の場所でも雪が降ることは多いものの夏は酷暑になります。また、太平洋側の海洋性気候である場所は温暖ながら台風の影響を受けやすいというそれぞれの特色があります。シロアリは基本的に熱帯や亜熱帯の世界化靴に多くの種類が生息していて、日本にいるシロアリもそれに通じる環境を好むとされています。そのことから福島県をはじめとした東北地方ではシロアリの発生はないものと考えられることも時折あるようですが、シロアリの発生と住宅の木材を食い荒らされる被害は北海道でも広く確認されていて、福島県でも注意が必要とされています。シロアリは日本全国に分布していますが、好んで生活する環境にはいくつかの条件があります。それは、先に挙げた熱帯の地域に近い高温多湿な状態であること、そして餌となる木材が豊富にあることです。多くの地域ではこの条件に人口と住宅の集中している場所が当てはまり、シロアリの被害もそうしたところにかたよる傾向があるようです。特に梅雨頃から気温が高くなる時期はシロアリが活発に活動を広げる時期とされていますが、福島県内でも気温の上昇とともに梅雨前線や台風の影響で湿度も高まる場所が多くなります。住宅が密集しているところでこうした状態が続くと床下の木材などが湿気を含み、餌場を求めるシロアリにとっては生活に必要なものが整った環境となります。福島県で見られるシロアリは大半がヤマトシロアリとされていて、このヤマトシロアリは木材の中で湿気を含んだ部分を探して当てて食べ始める性を持っているので、シロアリの侵入対策としてはこうした木材の湿気を床下をはじめとしたあらゆる箇所で取り除く方法が勧められています。また、日本ではヤマトシロアリの他にイエシロアリやアメリカカンザシシロアリといった種類のシロアリも生息していますが、これらは関東より南部の地域に生息地が限られていると考えられていました。しかし、近年では温暖化によって日本全体の気候が変化しているためか、生息地域の拡大が進んでいるようです。また、都心部などで輸入木材の流通によって内部に潜んだ海外のシロアリが持ち込まれ繁殖する例も見られているので、今後はヤマトシロアリだけでなく、イエシロアリやアメリカカンザシシロアリにも対応した予防策が必要だと言われています。