見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

北海道の業者を市区町村から探す

シロアリは元々九州地方などの南部に生息する、暖かい気候を好み湿度が高い環境を最適として繁殖、行動を行っている生物でした。しかしそれは昔の話であり、高い環境適応力とその生命力から徐々に活動範囲を広げていき、遂には北海道でも被害報告がされる状況となってしまいました。そしてそれは年々増加し続け、活動範囲と被害報告の件数は軽視できない数字に上りつつあります。基本的に日本でのシロアリには大まかに3種類存在しており、4月~5月にかけて活動を活発にするのが「ヤマトシロアリ」。「イエシロアリ」は主に6月~7月にかけて活動し、今ではまだ数も少ないですが少しずつ増加しつつある「アメリカカンザイシロアリ」は7月~10月が時期となります。これらはそれぞれ特徴やその対策方法が違うので、最適な処置を行うにはまずどの種類なのかを見極める必要性も出てきます。北海道では「ヤマトシロアリ」が生息しており、その被害による報告が集まっています。しかし北海道とは言っても、まだ全域に生息している訳ではありません。現在では北部の方は生息が確認されておらず、南部から徐々に範囲を広げて来ているようです。そのため、北海道では主に「ヤマトシロアリ」の対策が必要かと思われますが、海に隣接している場所を好み、夏場から遠い時期でも活動をしている「アメリカカンザイシロアリ」の発生が今後は懸念されると思われます。シロアリの好物は特に湿った木材とされているので、木造住宅の方は特に要注意と言えますが、北海道では平成25年度による新築木造一戸建ての割合は「94.2%」と秋田県と同列で全国5位の数字になります。これらの理由により、シロアリがその活動範囲を広げる可能性は十分にあると言えるでしょう。そして北海道でシロアリの被害にあった場合、耐震強度や精神、金銭的に対するダメージは他県とはさほど変わらないとしても、住宅を食い散らかされたせいで隙間や溝などを作ってしまい、風通しが良くなり寒風が直接屋内まで入ってくる可能性も考えられます。そうなってしまったら季候の温度によるダメージは最も被害が大きい地域と言えるのではないでしょうか。家の修復と同じくシロアリの駆除にもある程度時間を必要とする為、発見が遅くなってしまうとその被害はとても大きい物になってしまいます。北海道ならではのデメリットも存在してしまう為、これらの危険性や可能性も視野に入れてこれ以上繁殖させない様にしっかりとした対策や点検が必要になってくると思われます。