見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

徳島県の業者を市区町村から探す

徳島県は気候の性質が2種類に分かれる県です。北部と南部で気候は分かれ、もっとも違うのはその降水量とそれに伴う湿度が全く違います。南部の気候の特徴は「太平洋側気候」に属します。ですので、降水量はとても多く、湿度もかなり高い気候特性です。それに対して北部は「瀬戸内海式気候」であるために降水量は比較的少なく、湿度も低いです。シロアリの発生は、比較的南部に多く見られます。それは南部が暖かい時期の降水量が多く湿潤で温暖であるため、シロアリが生育しやすい環境が整っているからです。しかし、徳島全体で見たときには比較的気温は高めであるので油断は禁物です。乾燥していたとしてもシロアリの発生や繁殖の危険性は少なくなるだけで、危険そのものがなくなるわけではありません。シロアリが生息しにくい高知の山間部や、水場沿いは比率だけで見るとシロアリ発生の割合は低いです。そうでない場所にお住いで木造建築の家屋にお住いの方は注意が必要でしょう。木造建築の家屋は昔ながらの物がシロアリの被害に遭いやすいとされていますがそうではありません。シロアリの被害はどこの家庭でも起こり得る問題です。耐震工事とともにシロアリ対策を行うべきともいわれています。それだけこの2つは密接な関係にあります。シロアリ対策は薬剤の散布であったり、木材への処置が主になってきます。まだ被害が出ていなければ薬剤の塗布で済む場合もあるでしょう。しかし、被害が出始めていると、再発を予防するための処置が肝要になってきます。シロアリは腐食した木の部分を好みます。ですので、木が腐食したままになっていると再発の危険は高まってしまいます。場合によってはその部分の除去の後、補強が必要になってくるでしょう。補強工事が必要となると非常に大掛かりな作業になってしまいます。気候によって木の腐食のスピードも変わってきます。湿度が高いと木の内部にまで水がたまるのは非常に速いです。ですので、湿度の高い場所は木の腐食は早いといっても良いでしょう。しかし、乾いている土地だからといって腐食をしないわけではありません。昆虫などの体液が付着してそこから腐食をしていくという場合も非常に多いです、様々な要因から木材は腐食をはじめます。木の腐食を防ぐ加工も必要になってくるでしょう。シロアリ対策は家屋を守るためにも大事な対策です。気が付いたらでは遅い場合が多いです。日ごろからの対応を心がけましょう。徳島県は文化的家屋も多い地域です。そういった家屋を守るためにも気を付けましょう。