見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

高知県の業者を市区町村から探す

高知県は太平洋側気候に全域が属している地域なので、年間を通して常に高温多湿の土地です。日照時間は全国と比較しても第一位であり、降水量も全国の中でもほぼトップになっています。高い気温と高い湿度から、害虫を含め昆虫は発生しやすい土地でもあります。害虫としてこの気候で最も注意したいのはシロアリ被害です。シロアリは高温多湿を好む昆虫なので、高知県のような高温多湿の地域を非常に好みます。高知県は様々な種類のシロアリが生育しています。シロアリの種類は数多くありますがその中でも生活環境に害を及ぼすとされているのは「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」「アメリカカンザイシロアリ」です。それぞれの特徴として、「ヤマトシロアリ」は基本的にはどこの地域にでも生息します。シロアリの駆除というとまずはこの「ヤマトシロアリ」の駆除を指す場合が多いです。そして「イエシロアリ」は生息域が太平洋側気候のような温暖な土地にしか生息しません。生息分布としては非常に少ないですが、このシロアリは1つのコロニーの中にとてつもなく多くの個体が存在します。そのため、被害が最も大きくなりやすいシロアリでもあります。そして「アメリカカンザイシロアリ」はもとはその名の通りアメリカから渡ってきたシロアリで、アメリカの乾いた気候に適していたシロアリであるために、このシロアリは乾いた木をも食料とします。湿気った木だけでなく乾燥している気も食料とするので、生息分布域は広くないものの、注意は必要です。厄介なのは、高知県においてはこれらのシロアリがすべて生育している地域でもあるということ。この地域での木造家屋のシロアリ被害は全国的に見ても少なくありません。ですから、蒸し暑い季節はとくに家屋へのダメージを気にしておく必要があるかと思います。シロアリは豊富な食料があれば、その強い繁殖力から成長と拡散を繰り返します。ゴキブリを1匹見たら30匹いるという話はよくある話ですが、これをシロアリに当てはめると、一匹みたら10万匹いると思ったほうが良いでしょう。シロアリの被害に遭わないようにするためにはしっかりとした対策を考えておかなければいけません。シロアリ対策として薬剤塗布はかなり有効な手段です。対策がしっかりと行えていれば被害に遭うことは少なくなります。とくに高知県に多い旧日本家屋にお住いの方は、建築時にシロアリ対策が行われてない家屋が多いです。そういった家屋は早急に対処をしたほうがいいでしょう。