見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

群馬県の業者を市区町村から探す

群馬県の名物としてよく挙げられるのが、「かかあ天下と空っ風」という言葉。この言葉の意味は、群馬県の女性が大変働き者であるということ、そして冬に山を越えて乾燥した風が(別名「赤城おろし」「浅間おろし」など)吹いてくるほどの寒さであるということですが、それらと並んで有名なのが、「雷」です。県内でも一年を通じて雷が発生する日数が多い地域は日本海側に集中しており、一年で18日以上にも上ります。そして、4~9月の暖かい時期における雷の日数が前橋市では9割を超え、このことからも群馬県では夏場の雷およびそれに伴う雨が多いということが言えます。 雨が降ったあとの住宅は、経年劣化によって外壁などにヒビが入っていることで、その隙間から雨水が侵入してしまうこと、つまり雨漏りを引き起こしてしまうことがありますが、これはすなわち、建物に使用されている木材などの建築資材などに雨水が多量に含まれ柔らかくなっていることを意味するので、シロアリにとっては、非常に食べやすいエサが豊富にある状態ということになります。基本的には土の中に巣をつくり、床下などに生息していることが多いシロアリですが、種類によっては水分があるところであれば、蟻道を作って上階や天井裏にまで移動するものもいるのです。こうなってしまうと、家全体にシロアリの被害が広がることになるため、雨が降った後は、シロアリの侵入を防ぐことに注意しなければなりません。 「かかあ天下」という言葉のもともとの由来は、群馬県は古くは養蚕業が盛んで、それらに従事していた女性が非常に勤勉だったからということが理由です。このことからも分かるように、群馬県には養蚕業に欠かすことができない桑畑がたくさんあったのです。そのため、昔は桑畑に多くシロアリがいたのですが、現在では畑の宅地化が進んだことによりその数がだんだんと減ってきおり、シロアリが居場所を求めて桑畑から一般の家屋に移動してきていることもあって、近年、群馬県でのシロアリ被害が急激に増えてきているのが実情です。 ひとくちに「シロアリ」といってもその種類はいくつもあり、ひと目見ただけでその種類を判別するのはやはり難しいですし、それぞれ種類によって巣を作る場所や被害の原因を突き止める方法は異なります。シロアリの被害を最小限に食い止めるためにも、決してご自身で対処しようとはせず、経験を積んだ駆除業者に依頼するのが良いのではないでしょうか。