見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

愛媛県の業者を市区町村から探す

愛媛県は、「瀬戸内海気候」に属する気候特性を持つ地域で、その特性から降水量は比較的少ないのが特徴です。なので晴天も比較的おおいため、乾燥していることが多いです。降水量が少なく穏やかな気候であると言えるでしょう。そのため、湿度を好むシロアリには住みずらい気候でもあります。この地域で多くみられるシロアリは「ヤマトシロアリ」と呼ばれるシロアリです。家屋に深刻な被害を与えるタイプのシロアリは「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」「アメリカカンザイシロアリ」といわれており、この地域には「ヤマトシロアリ」と「アメリカカンザイシロアリ」がよく見られます。ヤマトシロアリは日本のほとんどの場所で生息しているので、シロアリ駆除といえば、まずこのヤマトシロアリの駆除を指すことが多いです。しかし、この地域にはアメリカカンザイシロアリが存在します。アメリカカンザイシロアリはその名の通り「乾材シロアリ」というだけあって、乾燥した木をも好んで食べるシロアリです。一般的なシロアリの被害としては湿って腐食を起こした木材を食料とするというのが一般的ですが、カンザイシロアリに関しては湿気ているかどうかはかんけいありません。むしろ乾いた木を好んで主食とします。愛媛県の気候特性としては乾燥していることが多いです。なのでカンザイシロアリにとっても食料が豊富になりやすく過ごしやすい気候であるともいえます。アメリカカンザイシロアリとヤマトシロアリを駆除する際にはその生体にも目を向けるかと思います。気候特性や地域差もありますが、アメリカカンザイシロアリは土壌の中には生息しません。土壌中に生息するのはヤマトシロアリ、そうでないのがアメリカカンザイシロアリという分類で考えることもできます。アメリカカンザイシロアリはどのような状態の木でも主食にできるいわばオールマイティーなシロアリです。愛媛県の気候特性がたとえどのようであっても、どのような状態に木材が変化したとしても食料としてしまいます。そしてシロアリの生態には「階級」というものが存在するので、駆除の際には「女王アリ」を駆除するということが求められます。この女王アリを駆除したうえでアリのコロニーを排除しないとシロアリはまた発生してしまいます。早めの対応と、早期の発見を心がけるためにも定期的に気にかけていくことは地域差関係なく必要になってくるでしょう。薬剤の散布は非常に効果的です。