生前整理・老前整理

生前整理・老前整理業者比較

検索結果
52社のうち51 - 52件を表示

▼特徴で絞り込む

株式会社サークルライン

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
愛媛県松山市本町6-6-7
  • 低価格で丁寧な仕事

残った家族に迷惑をかけないためにも生前整理を利用しましょう

ご遺族にとっては葬式などの様々な手続きがあるために、人の死後というのは大慌てになります。その中でもより大変だとされているのが遺品整理です。故人が使っていたものを全て整理し、不用なものとそうでないものに分けて処分をします。1つの部屋やもしくは家そのものを整理しないといけない場合があり、この作業量がご遺族にとっての負担になるのです。しかし、これを回避... 続きを読む

他対応カテゴリ
遺品整理
不用品回収・リサイクル
原状回復
生前整理・老前整理
家具組立・移動

便利屋アースカンパニー.

対応エリア:
北陸  
所在地:
新潟県新潟市西区坂井東3-24-13
  • 低価格で丁寧な仕事

生前・老前整理は弊社がトータルサポートいたします!

【弊社のサービス】 私たち「便利屋アースカンパニー」は、新潟県の坂井輪地区を中心に活躍してきた便利屋です。お陰様で、弊社は10年以上にわたってお仕事を続けることができました。これもひとえに、お客様のご支援とご声援のおかげだと痛感しています。弊社はお仕事を通して、これからも地元の方々を中心に恩返しさせていただく所存です。 【生前整理の目的】 「遺... 続きを読む

他対応カテゴリ
遺品整理

生前整理・老前整理業者をエリアから探す

生前整理・老前整理について

  • 生前整理を行うメリット

    「終活」という言葉が聞かれます。これは人生の最後をスムーズに迎えられるように、身の回りを整理したり、メッセージを残したりすることです。生前に自分の身の回りにあるものを処分したり、持ち物を誰に分け与えるのかを考えておくのが「生前整理」です。「まだ生きているのに、身の回りの整理をするのは縁起でもない。」という人もいますが、生前整理には多くのメリットがあります。

    生前整理のメリットの1つ目は余生を気持ちよく過ごすことが出来るということです。気が付くと要らないものや、もう使うことが出来ないものを溜め込んでしまうのですが、こうした不要なものに圧迫されながら生活していると、体が思うように動かないのに物が邪魔をして、物に躓いて転倒したり、上から落ちてきたものでケガをしたりと、生活をしているだけで体力が奪われていってしまいます。思い切って要らないものを捨ててしまうだけでも、随分と生活しやすくなるでしょう。

    メリットの2つ目は家族の遺品整理の負担を軽減するということです。自分がいなくなった後にお葬式をあげたり、辛い作業が続く中、家族が膨大な量の遺品を整理するのはあまりに酷です。そこで、今後も家族で大切に使ってほしいものや、形見として残しておきたいものはまとめておくのも家族の遺品整理の負担を減らすことが出来る良い方法です。それぞれの家族に渡したいものがあるにも関わらず、望み通りに行かなかったらどうしようという心配も、生前整理を行っておくことによって随分と軽くなります。

    メリットの3つ目は家族や周囲の人に出来るだけ見られたくないプライベートなものを早めに処分することが出来るということです。日記や手帳といったものは、例え家族であっても見られたくないという人も多いでしょうし、残しておいたら家族が揉めてしまうのではないかと思うものであれば、早めに捨ててしまったほうが楽かもしれません。

    生前整理を行っておくだけで、家族の負担が減らせるだけでなく、人生の最後を気持ちよく過ごすことが出来るかもしれません。生前整理は家族と一緒に行なうのも良いのですが、遺品の量があまりに多かったり、人手が足りない、あるいは家族がどうしても乗り気になってくれないという場合は生前整理を行っている業者に相談してみてはいかがでしょうか?遺品整理などの経験を持った業者であれば、要るものとそうでないものを上手に分別してくれるかもしれません。

  • 遺品として残すものと残さないもの

    近年メディアでも大きく取り上げられるようになったのが、「生前整理」です。自分が生きている間に、家族の負担を減らし、人生の最後を気持ちよく迎えられるようにするために、身の回りを整理するというものです。遺品整理という言葉もよく聞かれますが、これと生前整理の大きな違いは、整理するのが家族か自分かの違いです。遺品整理は遺品の行方を自分では決められませんが、生きているうちであれば、どんなものを誰に渡すか、あるいは捨ててしまうかということまで自分の判断で行なうことが出来ます。

    しかし、生前整理をしていると誰しもがぶつかる壁が、どれを遺品として残すかということを考えなければならないということがあります。どこから整理したら良いのか全く検討がつかず、結局何もしないままに終わってしまったということが無いように、以下のポイントを抑えておきましょう。

    1.財産として残しておくものを整理する
    まず年金や保険などの公的な書類の整理、続いて株や骨董品などの価値のあるものなどを表などにしてまとめておきましょう。誰がどの遺品を受け取るかを明確にしておけば、分配に困ったり、揉めごとを起こさずに済みます。

    2.不要品の処分
    特に遺品整理をするにあたって最も大変と言われているのが、不要品の処分です。特に捨てるのが最も大変なのが衣類だと言われていますが、この衣類を処分するにもポイントがあります。衣類は全てひとまとめにして、過去2年着なかったものは着ない、いつか使うかもしれないと思うものは捨てる、というようにルールを決めて、ルールから外れるものは全て捨ててしまいましょう。また、書類や手紙などは家族が遺品整理をする際に最も捨てるのが辛いと思うものだと言われています。過去の手帳や日記、不要な書類など、家族が持っていても困るだけというものは捨ててしまっても良いでしょう。

    やはり生前整理で最も難しく、長い時間を費やさなければならないのが、こうした衣類や手紙などの書類の処分ですが、これを放っておくと後に膨大な遺品を整理しなくてはならなくなり、困るのは家族です。家族の負担を少しでも減らせるように、不要なものは出来るだけ減らし、家族に受け継いでいきたいものをきちんと残しましょう。

    1人で作業するにはあまりに重労働であったり、作業の範囲が広くて手が回らないという場合は、一度生前整理を行っている業者に相談してみましょう。重労働を行ってもらっている間に、ゆっくりとエンディングノートなどをまとめておくのも有効な時間の使い方と言えるのではないでしょうか?

  • 生前整理を行う時期や年齢について

    近年高齢化が進み、さらに核家族化も進む中、自分の人生の最後をどのように残された家族に託していくかを悩んでいる方も多くいらっしゃいます。自分が大切にしているものは、子供にそれぞれ託したい、あるいは子供達が遺品のことで揉めることが無いように先にどう分配するかを決めておきたい、そんな方におすすめなのが生前整理です。生前整理は近年注目されているワードの1つで、自分の余生や家族の在り方を考えるために身の回りを整理することです。

    そんな生前整理ですが、一体いつ、どのように行えば良いのでしょうか?この「いつ」というのは人によってタイミングは異なります。しかし、一般的な公務員や会社員と言われる方であれば年金を受給するようになったり、子供が独り立ちして夫婦だけで暮らすようになった年齢、あるいは新しい場所でセカンドライフを送るために引っ越しを考えている時期は生前整理に向いていると言えます。おおよそ50代から60代ぐらいの時期ぐらいから、体に不調を訴えたり、病気がちになってしまう人も多く、作業中に転倒などが原因でケガをしやすくなってしまうため、遅くても60代のうちに生前整理を済ませておくことが理想と言えます。

    また、生前整理は不用品の回収だけではなく、掃除や片付け、重要な書類をまとめたりと、様々なことを行なわなければならなくなりますので、気候が比較的穏やかで作業に集中しやすい春や秋のような季節に生前整理進めると作業がよくはかどるでしょう。

    生前整理というとなんとなく「死ぬ前の作業」というようにマイナスなイメージを持ってしまう人もいるのですが、セカンドライフを送るための準備、余生をゆったりと広々とした部屋で過ごすために、要らないものは捨ててしまうという考え方にシフトチェンジすれば、明るい気持ちで生前整理が行えるかもしれません。捨てるだけでなく、タンスやベッドなどの家具を新しい人生に相応しい、使いやすいものに買い替えたりしても良いでしょう。

    整理をするにあたって、あまりに片付けをしなければならない量が多かったり、家族や親戚が少なくて人手が足りなくて何処から手をつけて良いかわからないという方は一度生前整理を業者に任せてみてはいかがでしょうか?生前整理を行なう業者の中には、ものを大切に扱い、不用品の処分はもちろん、売れるものは売ったり、リサイクルしてくれたりするところもあります。自分の第2の人生を楽しむためにも、生前整理を行っておきたいですね。

  • 家族で生前整理を行う場合

    生前整理という言葉が最近よく聞かれるようになりました。自分の身の回りの整理をして、余生を楽に生きることが出来るように、家族に遺品を残してしまったせいで苦労をかけないようにするものですが、実際にいざ作業しようと思うと、その大変さは人それぞれです。家中が散らかっているために整理するまでにかなりの時間と労力が必要になるという人もいれば、家族と同居しているので、一部屋だけ片付けてしまえば問題ないという人もいます。どのような状況であっても、家族と一緒に生前整理を行ってしえば、取っておきたいものや、譲りたいもの、逆に捨てて欲しいものをより丁寧に説明できますので、可能な方は家族と時間をとって生前整理を行ってみましょう。

    家族と生前整理を行なう際に、ポイントとなることがいくつかあります。1つは何でも捨てれば良いのではないということです。誰だってこれからの余生を楽しむために持っておきたいものがあるでしょう。生前整理をするからと言って無理に捨てようとすることが、かえって楽しい生活を台無しにしてしまうこともあります。家に何もない状態であれば部屋が片付くかと思えば、そうではなく、ただ必要最低限のものを置いただけの味気の無い部屋にいると、かえってゴミが増えていってしまうという体験をしている人も少なくありません。心地よい生活を送るためにはある程度自分達が好きなものはしっかりと取っておきましょう。また、家族で作業する場合は、自分が今後家族に譲り渡したいもの、大切にしておいて欲しいものを家族に紹介しておけば、相続のトラブルなどを未然に防げ、自分の死後思い通りにものを人に譲り渡せます。

    高齢者の家庭を覗くと、実は数十年前のものが未だに残っているというもの家庭も多く見られ、そうした年数を重ねたものの中には、既に誰も使わなくなってしまったものや、壊れて捨てざるを得ないものもあります。思い出の詰まったものになれば、自分だけの判断で捨てるものを決めるのは大変なことですが、家族や親類であれば、要るものとそうでないものを客観的に見分けてもらうことが出来ます。

    大きな荷物など、高齢でなかなか動かすことが出来ないという人であれば、家族の力を借りながら生前整理を進めていけることが1番理想的ですが、家族が仕事が忙しくてなかなか手が回らない、人手が足りないという場合は一度生前整理業者を利用してみてはいかがでしょうか?経験が豊富な業者であれば作業をスムーズに進めてくれるでしょう。