見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

沖縄県の業者を市区町村から探す

沖縄県はご存知の通り熱帯気候の土地です。本島の部分は亜熱帯気候で石垣島や西表島は熱帯雨林に属する気候です。そして年間でも台風の多い地域でもあります。雨が多く降るということもあり、気候的には高温多湿の環境です。特色として梅雨が早く、5~6月が梅雨の時期に当たるため5月~8月は雨の時期が多い地域です。そしてこの地域はシロアリにとっても都合のよい地域でもあります。しかし、木造建築のかおくの普及率が9%と実はなかなか低いために、昔から建てられていて、かつ木造の住宅は注意が必要です。沖縄の特徴である台風が多いということもありためかコンクリートの住宅が多い傾向にあるため、木材を主食とするシロアリは、生息はしていますが被害としては少ない傾向にもあります。しかし被害が無いわけではありません。このような気候の土地だからこそ、木造建築であったりする家屋は注意が必要です。家屋に限らず、木材を資材として使用している業者などは特に注意が必要になってくるでしょう。シロアリは餌となる木材を自身たちの手でもって食べやすい状態に腐食させます。体液で腐食させたり、水を運んできて腐食させたりと方法は様々ですが、シロアリが巣を作ったという時点で、その木材の劣化は始まっているようなものです。木材の劣化を止めたり、進行を遅らせるにはシロアリをしっかりと駆除するしか方法はありません。地域ごとによってシロアリの種類は異なりますが、沖縄であれば基本的な生息として分布しているのは「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」のどちらかが多いことでしょう。特に「イエシロアリ」に寄生されていた場合は注意が必要になってきます。イエシロアリはシロアリの中でもかなり強いダメージを家屋にのこします。そのダメージによって家屋が倒壊するということも多々あるくらいです。旧家屋がシロアリの被害を受けて、その後地震災害に見舞われた時にいとも簡単に倒壊してしまったということも無いわけではありません。地震による倒壊を防ぐという意味でもシロアリの駆除や予防は早めに行っておくべきでしょう。薬剤の塗布でシロアリは比較的簡単に予防できますが、実際に被害にあったときの駆除が大変なのです。もし、シロアリの兆候が少しでも見られるようなら早めに対応しましょう。少し遅れるだけで手遅れになるかもしれません。沖縄は台風の影響でも倒壊の恐れがあるので注意も必要です。早めの対応を心がけましょう