原状回復

原状回復業者比較 目安料金について 退去に伴う原状回復(壁紙クロスの張替えとハウスクリーニング)をご依頼いただいた時にかかる1㎡あたりの目安料金となります。

検索結果
64社のうち1 - 10件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

原状回復:
850円~/㎡
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

建物・設備の原状回復や現状維持はお任せください

作業ごと・1平米毎に設定された料金で安心の明瞭会計。不明瞭なサービスや金額の提示によりご迷惑やご心配をおかけすることのないよう心掛けています。 続きを読む

炭山装飾

目安料金:
¥2,000~¥3,000/㎡
対応エリア:
東海  
所在地:
愛知県岡崎市本宿町深田28-2
  • 低価格で丁寧な仕事

炭山装飾は三河地方で原状回復をしています!

炭山装飾は、愛知県の岡崎市に本社を置き、原状回復に力を入れて取り組んでいる会社です。年中無休で営業しているため、皆さんのご都合に合わせて、柔軟に作業をすることが可能です。また味噌の生産地として有名な岡崎市はもちろん、三河地方のさまざまな市町村へと出張することができます。 【原状回復は欠かせません】 賃貸物件を引き払う際によく行われる作業に、原... 続きを読む

他対応カテゴリ
原状回復

有限会社J・Wハウス倶楽部

目安料金:
¥3,000~/㎡
対応エリア:
関東  
所在地:
群馬県桐生市相生町512-15
  • 低価格で丁寧な仕事

お部屋のことで困ったことは有限会社J・Wハウス倶楽部にご連絡ください!

借りた部屋を引き払う際には原状回復が必要になります。それは皆さまが住まわれる住宅だけでなく、店舗やオフィスに関しても同じです。住宅は、自然劣化以外の損傷を原状回復で修繕し、店舗やオフィスは全てを原状回復によって元に戻す必要性があります。皆さまがよりお部屋を装飾していれば、より原状回復をする場所も多くなるでしょう。この作業は皆さまが独力でやること... 続きを読む

他対応カテゴリ
原状回復

株式会社アクティブ

目安料金:
¥1,500~¥2,000/㎡
対応エリア:
関東  
所在地:
埼玉県さいたま市中央区上落合2丁目4-5-604
  • 低価格で丁寧な仕事

埼玉県の原状回復なら株式会社アクティブにおまかせください!

株式会社アクティブは、埼玉県の県庁所在地であるさいたま市に本社を置き、原状回復を行なっている会社です。サッカーで有名なさいたま市を含めた埼玉県内はもちろん、東京都の一部の区までも駆けつけることができます。また年中無休で営業しているので、皆さんのさまざまなライフスタイルに対応しながら作業日程を決められます。 【原状回復は大切です】 賃貸物件のお... 続きを読む

他対応カテゴリ
原状回復

光信メンテナンス

対応エリア:
九州  
所在地:
佐賀県神埼市神埼町竹2049
  • 低価格で丁寧な仕事

お客様の暮らしを快適にする為の便利なのが私達光信メンテナンスです!

【原状回復で元通りに】 毎日生活している家は、時間と共に劣化していきます。築年数による劣化は、災害時に倒壊の危険も出てくるため注意しなければいけないのですが、劣化では無く、部屋の床や壁などに覚えのない傷や凹みなどは、経年劣化で発生したものではありません。これは毎日の生活習慣で自然とついてしまう傷で、屋内にはこの様な傷が多く見られます。この様な傷... 続きを読む

他対応カテゴリ
原状回復

知多グリーン建工

対応エリア:
東海  
所在地:
愛知県半田市鴉根町1-122-4
  • 低価格で丁寧な仕事

知多半島の原状回復なら知多グリーン建工へおまかせ!

知多グリーン建工は、愛知県の半田市に本社を置き、原状回復に取り組んでいる会社です。赤レンガ建物で有名な半田市内はもちろん、知多半島へ向けて素早く駆けつけることが可能です。また年中無休で営業しているため、皆さんのご都合に合わせた作業ができます。 【原状回復は大切です】 賃貸物件を引き払う際は、お部屋を入居時の状態へ戻す作業が必要になり、それを原... 続きを読む

他対応カテゴリ
原状回復

総合サービス

対応エリア:
関東  
所在地:
山梨県甲府市伊勢4-1-42
  • 低価格で丁寧な仕事

山梨県の原状回復なら総合サービスにおまかせください!

総合サービスは、山梨県の甲府市に本社を置き、原状回復に対応している会社です。紅葉スポットの昇仙峡で知られる甲府市はもちろん、山梨県内の色々な市町村へと駆けつけることができます。また年中無休で営業しているため、皆さんのご都合に合わせて作業をすることができるようになっています。 【原状回復について考えましょう】 皆さんが賃貸物件のお部屋を引き払う... 続きを読む

他対応カテゴリ
原状回復

カーサPlus

対応エリア:
関西  
所在地:
兵庫県明石市二見町東二見1477-1-103
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し

住宅の補修を専門にしております!原状回復もおまかせください!

私たちカーサPlusは地元兵庫県にて、長年住宅の補修を取り扱ってきました。フローリングや壁紙、壁に空いた穴の補修などに対処してきましたので、原状回復については非常に得意としております。原状回復の業者をお探しの方は、ぜひ私たちにおまかせください。補修の専門業者が、皆さまのお部屋を皆さまが来た時のように綺麗に原状回復をします。 【どこまで原状回復か】 ... 続きを読む

他対応カテゴリ
原状回復

Iワークス

目安料金:
¥3,000~/㎡
対応エリア:
関東  
所在地:
神奈川県川崎市中原区下沼部1712
  • 低価格で丁寧な仕事

原状回復なら建設業者としての強みがあるIワークスにご依頼ください!

マンションなどの賃貸から退去をする際には、入居の際に取り決めた契約の通りに原状回復をする必要性があります。しかし、この作業は皆さまがやる訳ではありません。室内の修理から清掃まで、幅広い作業があるために皆さまでは管理人が満足するような原状回復をすることはできないでしょう。そのための道具の費用なども必要になります。そのために自分でやるよりも、業者に... 続きを読む

他対応カテゴリ
原状回復

K-style

目安料金:
¥3,000~/㎡
対応エリア:
九州  
所在地:
大分県大分市寺崎町1-8-10
  • 低価格で丁寧な仕事

原状回復の専門家K-styleにお困りごとはお任せください!

原状回復やリフォーム、ハウスクリーニングといったご家庭のお困りごとを広く対応し、お客様のお悩みを解消させていただいておりますK-styleは、原状回復に関する深い知識と豊富な経験による確かな技術を備えておりますので、お客様には納得と信頼のサービスをご提供させていただきます。初めての方はもちろん、ご相談だけでも構いませんので、原状回復工事は是非当社にお任... 続きを読む

他対応カテゴリ
原状回復

ホワイトカンパニー秋田

目安料金:
¥1,000~¥1,500/㎡
対応エリア:
東北  
所在地:
秋田県秋田市高陽幸町4-30 B-203
  • 低価格で丁寧な仕事

原状回復はホワイトカンパニー秋田にご依頼ください!室内作業はおまかせ!

新居へ引っ越す前に、賃貸で必要なのは原状回復です。皆さまがそれまでの生活でつけた室内の傷や汚れを修復したり、綺麗にしたりする作業のことを言います。これをどの業者に依頼するか悩まれる方が多いですが、原状回復はぜひ私たちホワイトカンパニー秋田にお任せください。これまで便利屋として様々な作業を行ってきました。室内の作業は大得意です。室内作業を全て行う... 続きを読む

他対応カテゴリ
遺品整理

生活110番おすすめサービス

原状回復:
850円~/㎡
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

建物・設備の原状回復や現状維持はお任せください

作業ごと・1平米毎に設定された料金で安心の明瞭会計。不明瞭なサービスや金額の提示によりご迷惑やご心配をおかけすることのないよう心掛けています。 続きを読む

原状回復業者をエリアから探す

原状回復に関する、みんなの暮らしの知恵袋

原状回復について

  • 原状回復範囲の線引について

    多くの賃貸住宅では、原状回復の義務について契約書に書かれていると思いますが、原状回復とは一体なんなのでしょうか。原状回復とは、借りた時と同じ状態に戻す、という行為ではありません。経年変化や自然摩耗と呼ばれ、建物は時間と共に劣化していき、その建物の価値が下がっていることを指しますが、賃借人には自然摩耗による原状回復の義務はないとガイドラインにより定められています。賃借人に原状回復の義務が発生しうるのは、賃借人が、「故意・過失に基づく摩耗、毀損」「善管注意義務違反」「通常の使用を超える使用による摩耗、毀損」になりますが、いったいどういった行為が該当するのか少しわかりにくいと思います。「故意・過失に基づく摩耗、毀損」は、わざとであろうとなかろうと、何かを壊したり、穴をあけたりする行為で、わかりやすく言えば転んで壁に穴をあけてしまった時などになります。「善管注意義務違反」は、入居者が、手入れや掃除を管理者として注意していれば起きなかったであろう問題に適応されやすいそうで、わかりやすく言えば、結露を放置していたせいでカビが生えてしまったなどになります。「通常の使用を超える使用による摩耗、毀損」これは、そのままなので割愛します。原状回復におけるトラブルが後を絶たず、ガイドラインが制定され、のちに改定されるに至りましたがこれは、判断基準が曖昧な部分があり、裁判沙汰になることもあったために対策がとられました。例えば、部屋のクロスですが、多くの場合、日照焼けによる色の変質やそこにポスターなどが貼ってあり、一部分だけ色が違うといった場合は、通常摩耗と判断され、賃借人に原状回復の義務は発生しないそうですが、部屋でタバコを吸っており、臭いやヤニがついている場合は、通常摩耗と判断されず、賃借人に原状回復の義務が発生します。ガイドラインを熟知しており、原状回復に対して知識が深い方なら別ですが、あまりよくわからず、どのような行為が原状回復の義務にあたるのか知らずにいると、敷金返還の際や修繕費用を請求され、不満を抱き、トラブルに繋がってしまうようです。また、ある程度理解していても、微妙なところで判断できないこともあるでしょう。ですから、原状回復においては契約書をよく読み、可能であれば退去の際まで関連書類を含めて保管しておき、原状回復の義務が賃貸人か賃借人のどちらに発生しているのかを見極める必要があります。

  • 原状回復費用の負担者

    原状回復のガイドラインは、平成23年に再改定されました。今まであまり明確とはいえず、具体性もありませんでしたが、新しくなったガイドラインは、より明確になり、具体例なども挙げられています。しかし、ガイドラインはあくまでも、目安であり、行政による規制ではなく、契約自由の原則を優先するという内容になっています。とはいっても、判例によれば、最終的な判断を行政が行う際には、ガイドラインに近い形で決着がつくことが多いそうです。ですから、ガイドラインを理解しておけば、大きなトラブルは少なくなるのではないでしょうか。原状回復を行う際の費用というものは、義務が課せられた賃貸人か賃借人に発生します。退去時に、敷金に返還されない場合や、費用を要求されたときは、言われるがままに清算を行うのではなく、きちんと確認して納得のいく形になるようにしましょう。確認すべきポイントはまず、契約書になりますが、ここに原状回復について明確に記載されている場合は、悪質ではない限り、それに従わなければならない場合が多いそうです。ですが、記載内容が原状回復することだけであれば、ガイドラインに沿って話し合いを進めていきましょう。基本的に、賃借人が原状回復費用の負担者になるかどうかの判断基準は、賃借人に責任があるかどうかになります。賃借人が何らかの形で、賃貸住宅に損傷を与えるか、本来では発生しなかったのに賃借人の不注意で発生してしまった損傷については、責任に問われることが多いです。ですが、特に損傷を与えずに生活しているだけであれば、原状回復しなくても良いのです。ですので、通常摩耗による請求をされている場合は、ガイドラインに反していることになります。原状回復は、借りた状態に戻すということではありませんので、どのような請求をされているかを確認し、通常摩耗と思しき箇所を請求されているのであれば、その旨を伝え、説明を求めたほうがいいでしょう。ガイドラインでは、通常摩耗による損傷の場合、多くは家賃などに含まれていることになっていて、既に修繕に充てる費用を支払っていることになっており、賃貸人に原状回復の義務があることになっています。原状回復の際は、どこまでが通常摩耗の範疇で、どこからが賃借人に支払いの義務が発生するのかをよく確認し、必要があれば話し合いを行うことが大切で、ガイドラインも有効に活用して、無用なトラブルを避けましょう。

  • フローリング・壁紙を自力で補修できるのか

    フローリングや壁紙などに出来てしまった傷やへこみなどの多くは、原状回復の義務が生じ、補修しなければなりません。しかし、業者などに依頼すれば、費用がかさみますし、そのまま退去しても、業者を呼ばれて結局費用がかさみます。ですが、大きな傷などであれば別ですが、ほんの小さな傷やへこみで補修費用が高額になったら嫌ですよね。そんな時は自分で直してしまいましょう。契約内容により異なることがありますが、原状回復において、傷やへこみが目立たないようにしてあれば、原状回復を行ったと解釈されるそうです。ですが、無理に補修しようとしたり、あまりにも完成度が低い補修を行おうとしているのであればやめておいたほうが良いでしょう。補修を行ったと認められないどころか、余計に費用がかかることがあります。あくまで、家主や管理会社と相談し、そのうえで目立たないということが重要だそうです。また、完全補修を求められる場合もあり、契約書を確認したうえで補修を行ってください。補修方法は色々ありますが、フローリングの傷やへこみの場合は、似たような模様や色のシールをペタリと貼ったり、パテなどを埋め込みその上から色付けをしたり、スプレーをかけたりといった方法があります。壁紙の傷や穴には、同じく似たような模様や色のシールをはったり、壁紙の色に合わせてねん土を埋め込んだり、接着剤を使用したりすることで、塞ぐことができるようです。こうした修理は、原状回復と認められれば、それ以上その部分では原状回復を行う必要がありません。ですから、ちょっとした手間で、大幅に安く済ませることも可能かもしれません。こうした方法もありますが、確実に原状回復できるというわけではないのでご注意ください。また、フローリングや壁紙には耐用年数という期限が決まっており、それを過ぎると、価値がなくなり、原状回復の義務が発生しないそうで、仮に発生した場合は耐用年数から残った価値を計算し、そこから清算することが基本となっているそうで、例えば6年以上、同じ部屋に住んでいた場合、壁紙の張替費用は賃貸人の支払い義務となります。ですから、補修をそもそも行わなくても、原状回復費用を請求されないことがありますので、補修をしてみる前に確認したほうがいいでしょう。ですが、費用など全く関係なしに、今まで住んでいたことへの感謝の気持ちとして、きれいに補修してみるのもいいかもしれませんね。

  • 特殊清掃が必要な原状回復作業について

    原状回復の中には、特殊清掃を伴うものも存在します。居住者が亡くなってしまい、発見が遅くなればなるほど、原状回復工事は工程を増すことになるでしょう。こういった際はまず、家主や管理会社と話しあいを行い、どこまで原状回復する必要があるのかを確認しましょう。そして必要に応じて、特殊清掃や原状回復を行っている業者を利用しましょう。特殊清掃を伴う原状回復は、しなければならないことが多くあります。まず、感染症を防ぐために、除菌、殺菌を行う必要があり、次に入居される方の安全を確保しなければなりません。次は、部屋を清掃し、生活できる状態に戻す必要があります。体液や血液が付着している場合は、その部分のどこまでしみ込んでいるかを確認し、必要に応じてはがし、徹底的に全て取り除きます。このとき、最下部までしみ込んでいた場合は、その部分を切り取り、新しい物を埋め込む作業なども必要になるでしょう。また臭いというのは簡単にとることは難しく、ひどい場合は、壁紙やフローリングなどを全て張り替えることもあるそうです。そして、特殊清掃だけでは対処が難しい場合、他のリフォーム業者なども利用し、改善しなければならないこともあります。特殊清掃が必要な原状回復というのは、通常行われる原状回復とは大きく異なり、その状況に応じて多額の費用が発生することがあります。法律上では、借主が亡くなってしまった場合、その相続人は、賃貸契約を解除し、原状回復を行ってから、賃貸人に部屋を明け渡さなければいけません。つまり、借主の相続人である方が、その部屋を借りていて、原状回復を行う必要があるのと同じになります。この際、賃貸人が原状回復を行い、その費用を請求することも可能だそうなので、どちらにしても、相続人の方は、原状回復の費用を支払う必要があります。ですが、遺族の方が、保証人になっていない場合、相続破棄をすることで、原状回復の義務はなくなり、原状回復にかかった費用を支払う必要がなくなります。相続破棄は、亡くなられた方に遺産がないときや多額の負債を抱えている時に行われることがあるようで、その場合、原状回復を行った賃貸人には、請求先がなくなることになり、かかった費用を全て負担しなければならず、トラブルの原因にもなっているそうです。特殊清掃を伴った原状回復は、とても痛ましいことですし、各々の事情により、問題になることも多々あるそうです。しかし、原状回復は誰かがやらなければいけないことですので、よくお考えになり、話し合ったうえで決めていただければ幸いです。

0120-949-986