見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

鳥取県の業者を市区町村から探す

鳥取県には、鳥取砂丘などもあり比較的雨などは降らないと思われがちですが、実は鳥取県の年間降水量は1745mmと47都道府県中9位、また、積雪量も場所によっては500mmを超えるところがあり、積雪量に関しては47都道府県中11位となっています。鳥取県は、こういった雨や雪の影響が大きい県なのです。面積が狭い鳥取県ですが、果物生産などの農業、カニや貝類の漁業、そして製造業も多くさまざまな産業が盛んです。そのため、企業からの害虫・害獣駆除依頼も多く、時には大規模な施工が必要な時もあります。そして鳥取県の住宅街ではシロアリの被害に要注意とされています。では、何故シロアリの被害が多いのでしょうか。それは、鳥取県は夏季などは高温多湿であるため、シロアリにとっては非常に好都合だからです。 また、先程も述べたように鳥取県は降水量、積雪量共に多い地域であるため、より湿度が高められ、シロアリにとって過ごしやすい環境を作り出していると言っても過言ではないのです。どういう事かと言うと、こういった雨や雪が、「雨漏り」の被害をもたらすのです。雨漏りは、他の地域でも頻繁に起こる被害ですが、鳥取県の様な降水量、積雪量が多い地域ではより多いものとなっています。では雨漏りがどのように起きるのかというと雨が屋根の隙間から天井裏に入り込みます。そして雪が屋根に積もれば重さで瓦がずれ、またその隙間から雨水が天井裏に入り込むといった悪循環が起きているのです。そして天井裏に溜まっていた雨水が、収まりきらなくなった時に初めて家の床にポタポタと落ち始めるのです。では、ポタポタと垂れてくるまでに天井裏では何が起こっているでしょうか。そこにまさに「シロアリ」が集まってくるのです。前述しましたが、シロアリは湿気を帯びている場所を好み、また湿って腐食した木材を主食としているため雨漏りをしている家庭の天井裏はシロアリにとってエサの宝庫と言っても良いでしょう。そして住宅地にシロアリが発生すれば瞬く間にシロアリの被害は広がっていきます。鳥取県では、シロアリが生息しやすい気候、条件が整っているため、自身の手で対策を打つしかありません。もし住宅地で被害が起きてしまっても、そこでシロアリにここは危険地帯だという事を知らせる事が重要となってきます。そして危険だと認識すれば隣家へと住み移る可能性が非常に高いですので、発見した場合はそこで必ず食い止めましょう。シロアリは屋根裏だけでなくどこに住み着いているかが分からないので家全体を点検してもらうのも良いかもしれません。