見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

宮城県の業者を市区町村から探す

私たちが生活している上で、様々な被害をもたらす生物は数多く存在します。その中でも財産や金銭面といった視点で見た時に、莫大な被害が予想される物として代表的なのがシロアリです。これらは早期発見と解決さえできれば軽い被害で済む可能性も十分高いと言えるのですが、逆に放っておいて気づくのが遅れてしまうと家が傾いたり、倒壊したりといった恐れまで出てくる可能性があります。では実際に宮城県ではシロアリに対してどれだけの危険性や被害の可能性があるのでしょうか。宮城県の特徴としましては、一年を通して平均相対湿度による数値がとても高い事が挙げられます。具体的には、「73%」と全国ランキングでも第9位になっています。こちらの情報を更に東北地方で絞って見ると、第3位という結果になります。シロアリは木材を好物としており、特に湿った木材は大好物です。東は太平洋に面しており、山脈が多く自然豊かで木々が沢山あるのもシロアリにとっては楽園と言える環境になってしまうのです。本来ならこれらは人に対して快適に過ごせる地域として、とても素晴らしい条件に値するはずなのですが、シロアリにとってもその事が言えてしまうのがわかります。次にシロアリの生態についてですが、それぞれの種類によって活動時期やその対処法は変わってきます。宮城県で考えられるシロアリについては、日本で最も生息数が多く存在している「ヤマトシロアリ」です。活動期間は4月~5月とされていますが、暑さに弱い為に涼しい場所に巣を作る傾向があります。つまりこの期間にかけて宮城県では、暑すぎず最適な気温で高い湿度の地域となりますので、好物の湿った木材を求めて宮城県に集まってしまった「ヤマトシロアリ」からすると、毎日豪華な食材と快適な住処を作れる事から、一度住み着いてしまえば「離れたくない最高の土地」として認識されてしまうのです。シロアリに必要最低限となる3大要素は「食べ物」、「水」、「最適な環境」ですので、人間でもそんな魅力的な環境があれば住んでみたいと思ってしまいますよね。これらのリスクと被害に合う可能性の高さから言える事は、シロアリを侵入させない為にも湿度管理には特に気を付け、4~5月には自宅周辺をしっかり見直し、対策する必要があります。繁殖能力が高く、産卵期というのは存在しない為、一度見つけたら増え続けてしまう一方です。そんな事態を早急に察知して対処できれば、被害は最小限に収まるでしょう。