家具組立・移動

家具組立・移動業者比較 目安料金について 箪笥1竿(階段を通せるサイズ)を2階から1階へ移動させる時にかかる費用の目安料金となります。

検索結果
67社のうち61 - 67件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

家具組立・移動:
3,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

重たい家具の移動や面倒な組み立てはお任せください

1人では動かすことができない重たい家具がありましたら、ご連絡ください。大切な家具を丁寧に移動します。また、購入したにも関わらず組み立てずにいる家具などがありましたら、お客様の代わりに家具のプロが組み立てます。 続きを読む

ファミリークリーン

対応エリア:
北海道  
所在地:
北海道千歳市自由ケ丘3丁目20-6
  • 低価格で丁寧な仕事

面倒な家具の組み立てはファミリークリーンが請負ます!

お引越しやお部屋の模様替え、コーディネートに合わせた新調などで、家具移動や組み立てが必要となるケースがあります。しかし、ご自身でやるにはなかなか骨の折れる作業ですし、行うことが困難な場合もあるでしょう。そんな時はファミリークリーンにお任せください。当社では、お客様の快適な生活を徹底サポートさせていただいておりますので、お客様のご要望には柔軟に対... 続きを読む

他対応カテゴリ
生前整理・老前整理
特殊清掃
家具組立・移動

便利屋ベリー便利

対応エリア:
関東  
所在地:
山梨県南都留郡富士河口湖町富士ケ嶺2-780-J286
  • 低価格で丁寧な仕事

家具の移動・組み立てなどの面倒な作業時は私達にお任せください!

【家具の移動は大変です】 気分転換にも、ご自宅の模様替えはとても有意義なものですが、家具の移動もしなければいけません。一人用のテーブルなどですと簡単に移動が出来ますが、タンスやテレビラックなどの大型で重たい家具の移動は大変ですし、何より非常に危険です。女性の力では運ぶ事も困難ですし、高齢者の方ですと腰を痛める恐れもあります。若年層の方でも、油断... 続きを読む

他対応カテゴリ
遺品整理
生前整理・老前整理
家具組立・移動

大阪の便利屋ラッキー

対応エリア:
関西  
所在地:
大阪府大阪市此花区酉島5丁目9−48
  • 低価格で丁寧な仕事

重い家具の移動なら大阪の便利屋ラッキーにおまかせを!

当社「大阪の便利屋ラッキー」はその名の通り、大阪の皆さんの為に便利屋を行っている業者です。みなさんは日々の生活の中で何かに困った経験はないでしょうか?もしくは現在何かに困っていませんでしょうか。もし、何かにお困りでしたら当社に相談してみてはどうでしょうか。当社は今までに多くのお悩み解決を行ってきたので技術やスキルには自信があります!どうか当社を... 続きを読む

他対応カテゴリ
遺品整理

株式会社サークルライン

対応エリア:
中国・四国  
所在地:
愛媛県松山市本町6-6-7
  • 低価格で丁寧な仕事

どんなトラブルでも株式会社サークルラインまでご相談ください!

【当社の紹介】 株式会社サークルラインはリフォームや工事、クリーニングから害虫駆除など幅広い業務を手掛けている会社になります。家具組立や移動なども手掛けており、引っ越しや模様替えなどあらゆる場面で活躍する事が可能です。小さなお悩みでも、当社がクオリティの高い作業をお届けさせて頂きます。 【家具組み立て移動の注意点】 高齢化社会が進むにつれて、... 続きを読む

他対応カテゴリ
遺品整理

株式会社村山運送

対応エリア:
北海道 / 東北 / 関東 / 北陸 / 東海 / 関西 / 中国・四国 / 九州  
所在地:
沖縄県浦添市仲西2丁目4-19
  • 低価格で丁寧な仕事

家具の組み立て移動なら経験豊富な株式会社村山運送にお任せください!

株式会社村山運送は、ピアノや機械といったお品物を運送しております。その経験を活かし、家具組立・家具移動も取り扱っておりますので、お困りごとは是非当社にお任せください。お客様の家具やお部屋に一切傷をつけぬよう丁寧に注意深く移動させますので、安心してご利用いただくことが可能です。また、組立に関しましても精密な作業ではありますが、迅速かつ丁寧に行いま... 続きを読む

他対応カテゴリ
生前整理・老前整理

青山便利サービス

対応エリア:
東北  
所在地:
青森県弘前市鍛冶町7
  • 低価格で丁寧な仕事

難しい家具の移動や組立は青山便利サービスにお任せください!

近年の流行のメーカーの家具を利用される方が増えている傾向にありますが、一部の家具は組立式になっており組み立てられないといったご相談をよくいただいております。家具組立は、一言で言ってしまえば、手順通りに組み立てていくだけなのですが、不慣れな方だとどうしても時間がかかってしまいますし、説明書の見落としなどで後々になって間違っていたことに気付く場合も... 続きを読む

他対応カテゴリ
不用品回収・リサイクル

生活110番おすすめサービス

家具組立・移動:
3,000円~
対応エリア:
全国
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付

重たい家具の移動や面倒な組み立てはお任せください

1人では動かすことができない重たい家具がありましたら、ご連絡ください。大切な家具を丁寧に移動します。また、購入したにも関わらず組み立てずにいる家具などがありましたら、お客様の代わりに家具のプロが組み立てます。 続きを読む

家具組立・移動業者をエリアから探す

家具組立・移動に関する、みんなの暮らしの知恵袋

家具組立・移動について

  • 家具組立に含まれる範囲について

    家具をせっかく買っても、組立式で意外と一人で組立るのが難しいことがあるのではないでしょうか。または家具の移動も思いのほか重すぎて自分の力では無理で諦めている方もいるのではないでしょうか。家具の組立を自分一人で行うよりも、時間の節約になりますし、家具によっては寿命を縮めてしまうので、業者へ任せて見たほうが様々なメリットがあるためオススメ致します。家具にはタンス、机、ベッド、本棚などがありますが、組立家具ならほとんどの家具に業者は対応してくれます。ただし稀に組立説明書がなく複雑な家具は組立作業を行えない場合もあります。お客様のなかには、家具の組立てを途中まで行ってみたものの、一人で組立るのが到底不可能なことに気づいて、業者へ依頼する方もいます。家具の組立てに二人必要な状況で、費用を抑えるために一名だけ作業員を派遣してもらい、お客様と一緒に組立て作業を行う方もいらっしゃいます。様々な家具組立のお悩みをお持ちの方からご依頼もよくいただきますので、気楽に家具の組立てを業者へ相談するのが良いでしょう。家具を自分で組立ようとした時に、組立たのはいいけれども床や壁に傷をつけてしまったという悩みや、パーツが多くて組立て作業を途中で諦めてしまったというかたもいらっしゃいます。ベッドやソファなどは家具の組立てに慣れているスタッフに任せるのが安心です。また今置いてある家具を移動して、理想的は位置に家具を移動させて、部屋のコーディネートを改善することができます。家具組立てサービスは、家具の組立てが苦手な方から、女性や高齢者の方で重い家具の運搬が難しい方が利用されています。引っ越しやオフィス移転のタイミングでインターネットの通販で購入してみたものの、自分で組立てようとしたらできなかったという状況での利用者もいます。オフィスでは、業務用のオフィスチェアを60脚購入したので、まとめて組立てをしてほしいといったご依頼もあります。業務の効率を上げるために、家具組立てサービスを利用しているのです。重い家具の組立てや家具の移動は危険が伴います。慣れない重労働で足を挟んでしまったり、手の爪を剥がしてしまったり、腰を痛めてしまう恐れがあります。作業に慣れている業者に任せるのが得策と言えるでしょう。また業者は家具の組立てを行う際に、ベッドや机の足を保護シートなどでガードし、床や他の家具に傷をつけないように工夫をしてくれます。作業もより素早く完了するので安心です。

  • 組み立て技術に左右される家具の寿命や安全性

    家具をインターネットで購入する方が最近では増えています。しかしいざ自分で家具の組立てを行ってみたら、パーツが複雑で完成させることが出来なかったという方や、組立てには本来二人以上が必要で自分一人では組立てを行うのは無理だったという方がいらっしゃいます。家具の組立は業者へ依頼することをオススメ致しますが、それは組立てが可能かどうかという観点と共に、業者が組立てを行ったほうが、寿命や安全性の観点からメリットがあるからです。家具の組立てをする場合、ネジを締めることが多くなります。ネジを締める力加減には個人差があり、ムラがでる場合があります。家具が歪んで仕上がってしまい、不安定になることもあります。締めきれておらず、ネジが抜けてはいけない場所が抜けてしまったり、逆にネジを締めすぎることで木材を痛めて、ネジ山を潰してしまうことがあります。家具の組立に最近電動ドライバーを利用する方が多くなっております。電動ドライバーは大変便利ですが、やはり使い方に慣れていないと、ねじ山を潰してしまいネジの固定する機能をダメにしてしまうことがあります。家具の組立てにはネジを締める作業が多く発生しますが、作用に慣れている業者を利用するのが、安全のためにもお勧め致します。家具を設置するときに、地震の対策を行いたい方もいると思います。地震のニュースを良く見る日本では、壁への固定は生活の安全を守るためにも重要になっています。日本の家屋では、壁材に石膏ボードがよく使われています。石膏ボードにネジを打ち込んでも取れやすく、地震に対しての強度を保つことは出来ません。家具を壁に固定する際は、間柱を見つけてそこに金具を取り付ける必要があります。家具が歪んで傾いた状態で組立てを行ってしまうと、家具に部分的な負荷がかかって、寿命や安全性を落としてしまいます。水平器などで家具がしっかり組立てられているか、確認しながら家具の組立てを行うことが求められます。家具の組立ては、細かい作業が苦手な人や高齢者などの、重い家具を移動させるのが難しい方が利用しています。ベッドや食器棚、テレビ台など、重量があったり、細かい部品が多く組立てが複雑なものに対する依頼があります。インターネットで購入したものの、途中まで自分で組立てをしようとして、無理なことに気づいたご利用者もいます。慣れない家具の組立てを自分で行うと危険が伴います。重い家具で足を怪我してしまったり、腰を痛めてしまう方もいます。また家具を組立てている作業中に、床に引きずった傷を作ってしまったり、壁に傷をつけてしまうこともあります。家具の組立ては、安全面からも、家具の寿命を長期的にみても、作業に慣れている業者に依頼することをお勧め致します。

  • 家具移動時に壁紙を傷つけてしまった時の補修方法について

    家具を移動させるのは、重量があるので慣れない方だと重労働になってしまいます。家具で壁紙を傷つけてしまうこともあるのではないでしょうか。もし家具移動時に壁紙に傷をつけてしまった場合は、どのように修復をすれば良いのでしょうか。壁紙にできたネジ穴程度の傷でしたら、チューブ入りの補修材を活用できます。少し盛り上がるぐらいに補修材を注入し、穴を埋めます。ヘラなどを使って表面を整えます。この時壁紙のデザインに馴染むように、修正すると良いでしょう。補修材は硬化後に収縮することがあるので、気になる場合は同じように補修材で埋める作業を行います。家具の移動で出来てしまった壁紙の傷は、小さい穴程度でしたらご自身で修理することができますが、大きい傷になってしまった場合は業者に相談しても良いでしょう。壁紙に傷を作る前に、重い家具の組立てを作業に慣れている業者に依頼するのも賢い選択と言えるでしょう。次に、10センチ四方の壁紙の補修ならご自身で行う方法があります。まず補修に使う壁紙を用意します。白い色で広く使われている量産品の壁紙であれば、ホームセンターで購入することが可能です。修復箇所を覆う大きさに壁紙をカットします。そして修復したい壁の、カッターで切る部分にマスキングテープを貼ります。修復用の壁紙の形に沿って、元の壁紙の下地を切り取ります。壁紙の継ぎ目はカッターで切っているので、後から目立たないように、コーキング剤を塗ります。そしてノリを塗った壁紙を該当箇所に貼り付け、ローラーなどで綺麗に押さえることで完了です。より小さい傷の場合は、コーキング剤を直接壁紙に塗って隠すこともできます。引っ越しや部屋のレイアウト変更をする時に壁紙に傷や穴を開けてしまうこともありますが、家具の組立てを行う際にも壁紙に傷をつけてしまう方もいらっしゃいます。インターネットで家具を購入して、自分一人で組立てを行おうとしてチャレンジしたものの、途中で挫折してしまう方もいらっしゃいます。本棚やベッドなどの大型の家具を組立てているうちに、壁紙に傷をつけてしまったり、床に擦り傷をつけてしまうこともあります。家具の組立ては作業に慣れている業者へ依頼するのが良いでしょう。家具に保護シートをつけてガードし、他の家具や部屋に傷がつかないように作業をしてくれます。家具の移動は、慣れない重労働で手や足に怪我をしてしまったり、腰を痛めてしまったりする恐れがあります。作業自体の時間も、自分で行うより短い時間で終えることができます。

  • 家具の設置方法と地震について

    かつて阪神淡路大震災の時に4万人を超える負傷者が出ましたが、その原因は家の中で家具が倒れてきた、倒れてきた家具に逃げ道を塞がれてしまったから、と言われています。確かに地震が起こった後に撮影した家の中の写真を見ると、棚は倒れて、テーブルの上にあったものは全て落ちるなど、室内にあった家具は殆ど倒れてしまっています。これは非常に大きな問題です。人の上から大きなタンスや棚が倒れこんできたら怪我をしてしまいますし、最悪の場合は下敷きになって逃げられなくなってしまうということもあるでしょう。片足が挟まれただけでも問題です。非常時に逃げ切れなくなってしまうかもしれません。こういったことが起こらないようにも、地震対策として家具の組み立てをどこでやるか考えなければいけません。家具への地震対策の1つとして、家具の固定があります。最近では家具の固定グッズとして耐震マットや突っ張り棒型のものが出ていますが、より確実なのは柱などにネジで留める固定グッズです。壁に取り付けても壁が剥がれてしまうかもしれないので、柱がある部分に取り付けるようにしましょう。しかしこの場合は壁を傷付けてしまうために、賃貸だとやりにくいかと思いますが、賃貸住宅であっても地震の脅威は変わりません。賃貸住宅でも大丈夫なように家具の組立て場所に気を付けることによって地震に対応することも可能になっています。もし家具が倒れたとしても、人がいない場所であったり、逃げ道を塞がないような場所で家具が組立ててあったりすれば誰にも被害を出すことはありません。これを実現するためには家具をどの部屋に、どう配置をして家具の組立てをするか考えておかないといけません。一番怖いのは寝ている間に地震が発生し、そして寝室で被害が出てしまう場合です。もし寝ている時に頭の上から何か家具が落ちてきたら、そのまま動けなくなってしまうか、もしかしたら死んでしまうかもしれません。こうした危険から身を守るためにも、寝室に大きな家具を組立てて置いたり、倒れてきたら逃げ道を塞いだりする家具は組立てて置かないようにしましょう。高さのある家具や重たい家具は寝室には置かない方が懸命です。置くにしても逃げ道を塞ぐような形に家具を組立てて配置をするのは止めましょう。配置に気をつけたら、家具の中身にも気を配ります。重心が上にあるとすぐに倒れてしまうので、重心を下に置くために棚などの場合は重たいものを下に置き、地震が発生しても揺れに強い状態にしておくと安心です。地震が発生した時に、倒れた家具のせいで逃げ遅れることがないように気を付けないといけません。

0120-949-986