遺品整理

遺品整理業者比較

検索結果
80社のうち61 - 70件を表示

▼特徴で絞り込む

有限会社琉球リサイクルセンター

何か困りごとがありましたら有限会社琉球リサイクルセンターにご連絡を!

私たち有限会社琉球リサイクルセンターは皆さまの困りごとに真摯に向き合う企業であり、これまで多くの方の役に立ってきました。皆さまのお役に立てるためにも多種多様な作業を取り扱っております。何か困りごとがありましたら、まずは私たちにご相談下さい。皆さまの力になれるだけの能力が弊社にはあります。その期待に応えることができるでしょう。 【遺品整理もおま... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
不用品回収・リサイクル
原状回復

アーク産業

遺品と気持ちの整理のために私たちの力を頼ってください

人は遅かれ早かれ、例外なくこの世を去ります。それは避けようのない事実ですが、実際に受け止めるのは非常に辛い出来事です。しかし、悲しんでばかりはいられません。人が亡くなるということは、その人の持ち物だった遺品を整理しなければならないということです。人が亡くなった後のあわただしい中で、満足のいく遺品整理を行うのは難しいのです。事前の準備も重要ですが... 続きを読む

関連リンク
遺品整理

池内興業合同会社

遺品整理のことなら私達池内興業合同会社にお任せください!

【和歌山から皆様の元へ駆けつけます】 当社池内興業合同会社は、故人のお部屋のお片づけのお手伝いをさせて頂く会社です。遺品整理を外部に頼むのは、ご遺族にとっても複雑な心境があると思います。しかし現実として、中々故人の遺品を、ゆっくりと片付けていられない方々がいるのも事実です。私達はそんな方々のお力になるべく、和歌山県、奈良県、大阪府、そして兵庫県... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
特殊清掃

アールイープラン仙台

真心を込めることが何より大事だと思っております!

【お客様に優しい業者です】 遺品整理をお願いしたい方は、是非アールイープラン仙台までご用命ください。当社は、真心込めて遺品整理を行います。 故人様が安らかに眠れる為に、そして、ご遺族の方の気持ちが前向きになる為に、遺品整理を行わなければいけません。しかし、大切な方を亡くしたばかりなので、お客様はとても悲しい気持ちを持っていると思います。そんな時... 続きを読む

関連リンク
遺品整理

わかばリサイクルサービス

遺品整理に関わる全てのことを私たちがお手伝いいたします

【遺品整理の専門家】 少子高齢化、核家族化、単独世帯数の増加……このような言葉に代表されるように、日本人のライフスタイルは変化を迎えています。このような社会で、業者による遺品整理のサービスが注目を集めるようになりました。昔は世帯当たりの人数が多かったため、家族の誰かが亡くなっても、作業を分担することで遺族一人一人の負担は小さくなっていました。しか... 続きを読む

関連リンク
遺品整理

楽園ファーム

遺品整理をさせていただきます楽園ファームです

人が亡くなると、必ず遺品は出てきます。遺品整理はその品を遺族の間で分ける形見、リサイクル品、不用品に分ける作業のことです。しかし、遺品は故人が亡くなるまでの生活で使っていた全てのものになります。これらの整理には多くの時間が必要ですし、手間もかかるでしょう。それでも遺品の整理は必要なことです。その際は私たちにご連絡下さい。楽園ファームは皆さまの暮... 続きを読む

関連リンク
遺品整理

アイエイ塗装

創業32年!実績多数!何も悩まずお任せください!

【生前・遺品整理ならお任せください!】 生前、生後の片づけ整理にお困りの方ぜひ当社にお任せください!遺品といえども結構たくさんのものがあり、身内親族の方々の力ではなかなか手に負えず、役所の指定する場所に持っていこうと思っても運搬車両や人手の問題でなかなか処理できず困っているという方も多くみえます。そこでいつもそういった問題に着手している当社にお... 続きを読む

関連リンク
遺品整理

ダイテクノサービス株式会社

ダイテクノサービスは突然の遺品整理にも誠心誠意対応させていただきます

もしかしたら、突然に遺品整理が必要になって、とてもお悩みかもしれません。ダイテクノサービスは、深くお悩みのお客様の立場にたった遺品整理サービスを、誠心誠意ご提供いたします。 「本当にありがとう」「ホッと一安心しました」こんなお言葉をおかけいただけることが、私どもにとって何よりの幸せです。お客様のお力になれるよう、責任を持ちお仕事させていただきま... 続きを読む

関連リンク
遺品整理

リサイクル宮殿

真心込めたサービスで皆様の大切な遺品を整理いたします

いつかは訪れるご家族やご親族の最期。その時には残されたご遺族の方々には様々な仕事があります。お葬式はもちろんのことですが、故人の生活していた場所の片付けもまた、その一つです。遺品整理は、故人の生活に触れ、自分の中の思い出と向き合い、心の整理をすることにもつながっていますが、忙しい現代社会。中々これらを落ち着いて対応できないという方も多いようです... 続きを読む

関連リンク
遺品整理

有限会社アースクリーン・ネットワーク

故人やご遺族のご意思を尊重した丁寧な作業を心がけております

故人のお部屋を片付けるといっても、亡くなるまでの生活道具の全てを整理しないといけないので、時間や人手が多く必要です。それをご遺族だけで行うのはとても難しいことかと思います。また亡くなった事実に心の整理ができていない時もあるでしょう。しかし、それでも遺品の整理はやらないといけません。そんな時は遺品整理業者にご依頼下さい。ご遺族に代わって遺品整理を... 続きを読む

関連リンク
遺品整理

遺品整理業者をエリアから探す

遺品整理について

  • 遺品整理を業者に依頼するメリット

    近年になって「遺品整理」という言葉がよく聞かれるようになりました。以前であれば「形見分け」というような言葉が使われることが一般的でしたが、遺品整理は形見分け以上に様々な意味が含まれているものです。遺品整理というのは亡くなられた方の持ち物を整理するということで、その中には掃除・片付け・不用品処分なども含まれています。

    遺品整理という言葉が頻繁に聞かれるようになった背景に核家族化や高齢化などの複雑な社会の構図が絡み合っているということが窺えます。核家族化が進んだことで人手が不足し、さらに遺品を整理しなければならない人もご高齢で、作業をするのもやっとという方が近年日本全体にいらっしゃいます。深刻な方になると、身寄りがなく孤独死してしまい、遺品を整理してくれる家族さえもいないという方もいらっしゃいます。大切な方を亡くされて辛い思いをされている方を支えるため、故人が気持よくあの世に旅立てるように、全国に多くの遺品整理業者が存在し、民間の「遺品整理士」という資格もどんどんと広がっています。

    遺品整理と一口で言っても作業の大変さは故人によって全く異なります。普段から部屋の整理をよく行っていた方や、狭い部屋でお暮らしの方であれば整理をしなければならない面積も小さくなりますので作業はスムーズですが、あまり整理をされていない広いご自宅であれば整理するだけでも一苦労です。特に整理しなければならない部屋が賃貸物件で急いで引き払わなければならない物件あったりすると、少ない人数、限られた日にちで全ての遺品を整理するのは現実的ではありません。

    どうしても遺品整理を急いで行いたい、人手が足りないという時に頼りになるのが遺品整理業者です。遺品整理業者の中には不用品処分はもちろんのこと、詳細な形見分けなども短時間で丁寧に行ってくれるところがあります。また、1人で静かに息を引き取られた方のためにもお焚き上げや供養などを行ってくれたり、あるいは一緒に特殊清掃を必要とされる方に対応した業者もあります。人手が足りないだけでなく、十分な供養が出来ずに故人に対して申し訳ないと思われている方にとっても、遺品整理業者が力になってくれるかもしれません。

    ただ荷物を整理するだけでなく、心のこもった整理をするのが遺品整理業者です。整理しなければならないものが多すぎて困っている、自分ではとても整理出来ないような遺品でお困りの際は一度ご相談されてはいかがでしょうか。

  • 生前整理について

    「生前整理」という言葉を聞いたことはありますか?これは近年、「終活」という言葉とセットでメディアなどでもよく見かける言葉となってきました。生前整理というのは、人生の最後に自分の持ち物を整理したり、家族にメッセージを遺したりすることです。

    核家族化や高齢化が進むにつれて、自分のことは出来るだけ元気なうちに自分で行なう事が大切になっています。生前整理と共に遺品整理という言葉もよく聞かれますが、遺品整理は時に家中のものを家族だけの力で整理しなければならないこともあるため、遺された家族に大きな負担をかけてしまうことがあります。そうならないためにも、自分が生きているうちに家のものを整理して、遺された家族の負担を減らすことが生前整理の目的でもあります。しかし生前整理といってもどのようなことを行えば良いのでしょうか?

    1つは不用品回収を行なうことです。これが生前整理の1番のネックになると言っても過言ではありません。要るものとそうでないものを分別していると、要らないものの中にも売ったり、人に譲ったりできそうなものもあります。誰がどの物を引き取るかということで嫌な揉めごとになるのを防ぐためにも、自分が元気なうち先に引き取る人を決めておいた方が良いかもしれません。また、不用品処分を行っておけば、最も大変な遺品の処分を遺された家族が行なわなくて済みますし、邪魔なものに囲まれて生活することも無く、広く部屋が使えますので、生前整理を行なうならまず不用品回収から始めると良いでしょう。

    もう1つはエンディングノートの作成です。お葬式などをしなくてはならなくなった時、どのような人をお葬式に招くのか、どのような葬儀にしてほしいのかなどの段取りを書いたり、整理した遺品をどのようにしてほしいのか、家族にどのようなメッセージを送れば良いのかをノートに書き記しておきましょう。

    こうした作業は元気なうちに行えるのが理想なのですが、ご高齢で体を壊していたり、整理しなければならないものが多すぎて、作業がはかどらない場合は、一度生前整理を行っている業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

    生前整理の業者は主に遺品整理なども行っていることも多く、いなくなった後のことも考えながら、自分が大切にしているものも丁寧に扱い、素早く作業を行ってくれるかもしれません。家族の遺品整理の負担を減らすためにも、是非一度生前整理を行ってはいかがでしょうか?

  • 整理後の遺品について

    近年ますます注目を集めている遺品整理。高齢化社会や核家族化が進む中、ますます遺品整理は必要性を増しています。遺品整理をすると大きく分けて2つのものが現れます。1つは要るもの、もう1つは要らないものです。必要なものは家族で分けあったりすれば良いのですが、不要なものとはいえ、故人が大切に使っていた遺品達は一体何処へ消えてゆくのでしょうか?

    遺品整理をしていると多くの人がぶち当たる壁が、遺品の扱い方が分からず、故人に悪い気がしてどうしても捨てられないという問題です。もちろん物は故人そのものや故人の思い出ではなくあくまでものは物ですので、感謝の気持ちを込めて潔く捨ててしまったほうが良いと言えるでしょう。生きている人がいなくなってしまった人のものに生活スペースを圧迫され、暮らしにくいと思っていることをきっと故人も喜んではくれないはずです。しかし回収されてしまったものは全て無残に捨てられてしまうのでしょうか?

    遺品整理業者にも様々なところがありますので、ひとくくりに「こういう方法で遺品は処分されます」とは言えませんが、業者の中には古着などをリユースセンターに持ち込んでいるところもあります。このリユースセンターに集められた古着は海外で着るものも満足に購入できず、困っている人の元へ届けられます。また、家電リサイクル法に基づいて、要らない家電はリサイクルされ、この法律にも適さない家電製品であれば、マテリアルリサイクルセンターなどに回されます。この他にも古い紙、鉄くずなどもリサイクルセンターに回され、あますところなく再利用される場合もあります。

    いくら不要品であるからといって、故人の遺品に敬意を払い、使えるものはありがたく再利用するという姿勢を持つことで、お客様に安心して遺品整理を任せてもらおうという業者も存在していますし、中にはお焚き上げサービスをしてくれる業者もいますので、故人のものを捨ててしまったからといって罪悪感を覚える必要もありません。

    もしも遺品整理を自分達だけの力で行おうと思うと、家電製品の搬出をするだけで大変な苦労をしますし、細かなものの整理をするだけでも目の回るような作業になります。遺品整理業者の中には知識や経験を活かして、遺品整理をスムーズに行ってくれる業者もありますので、体に負担がかかって遺品整理がはかどらないという方や、遺品整理が初めてで何から手を付けて良いかわからないといった方は一度遺品整理の相談をしてみると良いでしょう。

  • 捨てるか捨てないかの見極めについて

    遺品整理にはたくさんの壁がありますが、最も大きな壁というのは、故人が大切に使ってきたものをどの程度残すかという境界線を決めることではないでしょうか?
    遺品には思い出が沢山詰まっていますので、故人の魂がそこにまだあるような気持ちがして、なかなか片付けが進まず、結局何も捨てられなくなってしまうという状況に陥ってしまいやすいものです。

    実際に遺品整理を進めていくと、衣類・手紙や書類といったものがどうしても捨てられないという方も多いのですが、この衣類や手紙などが、整理しなければならない遺品の大きな割合を占めていることもあります。衣類は故人の姿をなんとなく思い出させてしまうものですし、手紙には誰かが故人に宛てた思いなどが綴られているため、捨てることがますます難しくなってしまいます。

    遺品整理をよりスムーズに進めていくために、まずやっておかなければならないことは心構えです。自分が家に持って帰っても使うことが出来ないようなものは思い切って捨ててしまう、どうしても思い出としてとっておきたいものは絶対に大切にしまっておく、これが捨てることに罪悪感を持たずに遺品整理をスムーズに行なうポイントではないでしょうか?故人もいつまでも自分の思い出に部屋をいっぱいにしながら窮屈そうに家族が暮らすことを望んでいないでしょう。

    心構えが出来たら次に行なうことは、遺品の分別です。遺品整理の分け方は人によってそれぞれやり方がありますが、実際に遺品整理を進めていく際に、「要るもの」「要らないもの」「どちらか迷っているもの」と3種類に分別する方法はおすすめです。衣類であれば、自分が着れない物や趣味に合わないものは捨てて、着られるもの、売れるものは取っておくというのも良いでしょう。特に捨てがたい手紙や書類ですが、家族に宛てたものや思い出の深いものでなければ思い切って捨ててしまうことが賢明です。捨てるのはどうしても心苦しいという場合はお焚き上げという方法をおすすめします。お焚き上げは魂を天に送るという意味もあり、読経や魂抜きなどの宗教的な儀式を行ってから焼いたり、焼却出来ないものは処分したり出来ます。

    遺品整理をするのは、辛い作業にもなりますが、同時に遺品整理は残された家族が故人に行える最後の恩返しとも言えるでしょう。あまりにも作業しなければならないものが膨大であったり、重いものを搬出したりするのには人手が足りないという場合は、遺品整理業者を利用するという手もあります。経験の多い業者であれば遺品を1つずつ丁寧に扱ってくれるでしょう。