見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

条件に近いサービス

炭山装飾

炭山装飾は三河地方で原状回復をしています!

炭山装飾は、愛知県の岡崎市に本社を置き、原状回復に力を入れて取り組んでいる会社です。年中無休で営業しているため、皆さんのご都合に合わせて、柔軟に作業をすることが可能です。また味噌の生産地として有名な岡崎市はもちろん、三河地方のさまざまな市町村へと出張することができます。 【原状回復は欠かせません】 賃貸物件を引き払う際によく行われる作業に、原... 続きを読む

関連リンク
原状回復

有限会社J・Wハウス倶楽部

お部屋のことで困ったことは有限会社J・Wハウス倶楽部にご連絡ください!

借りた部屋を引き払う際には原状回復が必要になります。それは皆さまが住まわれる住宅だけでなく、店舗やオフィスに関しても同じです。住宅は、自然劣化以外の損傷を原状回復で修繕し、店舗やオフィスは全てを原状回復によって元に戻す必要性があります。皆さまがよりお部屋を装飾していれば、より原状回復をする場所も多くなるでしょう。この作業は皆さまが独力でやること... 続きを読む

関連リンク
原状回復

株式会社アクティブ

埼玉県の原状回復なら株式会社アクティブにおまかせください!

株式会社アクティブは、埼玉県の県庁所在地であるさいたま市に本社を置き、原状回復を行なっている会社です。サッカーで有名なさいたま市を含めた埼玉県内はもちろん、東京都の一部の区までも駆けつけることができます。また年中無休で営業しているので、皆さんのさまざまなライフスタイルに対応しながら作業日程を決められます。 【原状回復は大切です】 賃貸物件のお... 続きを読む

関連リンク
原状回復

便利屋しあわせや/とみた運送

突然の遺品整理は事件現場特殊清掃士・遺品整理士在中の当社にお任せください

便利屋しあわせやではお亡くなりになられた方の部屋のかたずけを行い、不用品の処分、粗大ごみの処分、特殊清掃(除菌や消臭、お炊き上げ供養等)や遺品の配達や引越など運送を致します。便利屋と運送業の当社ならではのサービス体制で突然の遺品整理等でお困りのお客様のサポートをさせていただきます。また、遺品整理だけではなく沢山のゴミの処理や重たくてどうにもなら... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
不用品回収・リサイクル
生前整理・老前整理
特殊清掃

三洋トータルサービス

三洋トータルサービスが特殊清掃をお引き受けします

【突然訪れる死】 人は生きている以上必ず死が訪れてしまうのですが、全ての人が清潔感溢れる病院でご遺族に見送られながら息絶えるわけではありません。少子高齢化と言われている日本では、近年孤独死が増えてきており、急な病気に襲われてしまって誰にも助けを呼べないまま命を落としてしまう方が多く居られます。また自殺者数も日本国内に多く、1日に100人以上が自ら命... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
特殊清掃

近いジャンルで選びなおす

近しい人が亡くなった時に、残された親族は葬儀、関係各位への連絡、様々な手続きなどに追われることになり、想像以上に慌ただしい時間を過ごすことも珍しくありません。そのため、遺品整理は親族以外の人に迷惑をかけることも少ないことから後回しになってしまうこともあるようです。しかし、故人が残した多くの遺品の中には、時に財産価値の高い品や権利や個人情報に関する書類など、重要なものが含まれていることもあります。そうした遺品は早めに適切な整理を行わなければ、後で大きなトラブルに繋がることがあるため、近年では遺品整理が業者に依頼されることも増えてきました。富山県もそんな業者による遺品整理が増えている地域の一つと考えられていて、その理由は富山県の持つ歴史的な特徴にあると言われています。富山県は古くから、水資源が豊富であったことから米の生産で発展してきましたが、明治から昭和の時代に同じく水資源の利用で水力発電の開発が進められ、現在では日本海側最大の工業地帯を有しています。こうしたことから県内には現在も続く米をはじめとした農業地帯と、製造業に関わる企業が集中している工業地帯が両立している状態となっています。このため県内でも従事する仕事の都合で、親子の世帯が離れて生活することが目立っており、葬儀や遺品整理の際は親族が帰省して作業にあたるため、時間が限られることや、故人の遺品がある生活環境を把握しきれないことが問題となる場面が増えているようです。富山県の遺品整理業者ではそうした依頼者の希望に応えるサービスを充実させているところもあり、中には依頼者の立会を必要とせず、遠方から写真確認などを通して遺品整理を依頼できる業者も見られています。また、富山県では先述のような工業開発にあたって移住してきた人口が極端に多いため、今後は人口の中で高齢者の割合が急激に増えるとされているので、遺品整理の需要もそれにともなって増加すると見られています。