愛媛県 遺品整理

愛媛県の遺品整理業者比較

検索結果
1社のうち1 - 1件を表示

▼特徴で絞り込む

株式会社サークルライン

株式会社サークルラインが心を込めて整理いたします

遺品整理は故人との思い出を整理する大切なことです。しかし、同時に重労働でもあります。人が生きるために使っていたものの全てを整理しないといけないため、整理をする量は膨大です。1つ1つ思い出に浸りながら整理をするべきことなのですが、実際にはそうもいきません。遺品整理をしないといけない期限があるからです。賃貸の場合は特にそうであり、部屋を管理人に返さな... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
不用品回収・リサイクル
原状回復
生前整理・老前整理
家具組立・移動

条件に近いサービス

炭山装飾

炭山装飾は三河地方で原状回復をしています!

炭山装飾は、愛知県の岡崎市に本社を置き、原状回復に力を入れて取り組んでいる会社です。年中無休で営業しているため、皆さんのご都合に合わせて、柔軟に作業をすることが可能です。また味噌の生産地として有名な岡崎市はもちろん、三河地方のさまざまな市町村へと出張することができます。 【原状回復は欠かせません】 賃貸物件を引き払う際によく行われる作業に、原... 続きを読む

関連リンク
原状回復

有限会社J・Wハウス倶楽部

お部屋のことで困ったことは有限会社J・Wハウス倶楽部にご連絡ください!

借りた部屋を引き払う際には原状回復が必要になります。それは皆さまが住まわれる住宅だけでなく、店舗やオフィスに関しても同じです。住宅は、自然劣化以外の損傷を原状回復で修繕し、店舗やオフィスは全てを原状回復によって元に戻す必要性があります。皆さまがよりお部屋を装飾していれば、より原状回復をする場所も多くなるでしょう。この作業は皆さまが独力でやること... 続きを読む

関連リンク
原状回復

株式会社アクティブ

埼玉県の原状回復なら株式会社アクティブにおまかせください!

株式会社アクティブは、埼玉県の県庁所在地であるさいたま市に本社を置き、原状回復を行なっている会社です。サッカーで有名なさいたま市を含めた埼玉県内はもちろん、東京都の一部の区までも駆けつけることができます。また年中無休で営業しているので、皆さんのさまざまなライフスタイルに対応しながら作業日程を決められます。 【原状回復は大切です】 賃貸物件のお... 続きを読む

関連リンク
原状回復

便利屋しあわせや/とみた運送

突然の遺品整理は事件現場特殊清掃士・遺品整理士在中の当社にお任せください

便利屋しあわせやではお亡くなりになられた方の部屋のかたずけを行い、不用品の処分、粗大ごみの処分、特殊清掃(除菌や消臭、お炊き上げ供養等)や遺品の配達や引越など運送を致します。便利屋と運送業の当社ならではのサービス体制で突然の遺品整理等でお困りのお客様のサポートをさせていただきます。また、遺品整理だけではなく沢山のゴミの処理や重たくてどうにもなら... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
不用品回収・リサイクル
生前整理・老前整理
特殊清掃

三洋トータルサービス

三洋トータルサービスが特殊清掃をお引き受けします

【突然訪れる死】 人は生きている以上必ず死が訪れてしまうのですが、全ての人が清潔感溢れる病院でご遺族に見送られながら息絶えるわけではありません。少子高齢化と言われている日本では、近年孤独死が増えてきており、急な病気に襲われてしまって誰にも助けを呼べないまま命を落としてしまう方が多く居られます。また自殺者数も日本国内に多く、1日に100人以上が自ら命... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
特殊清掃

近いジャンルで選びなおす

愛媛県の遺品整理業者を市区町村から探す

愛媛県では、現在県民の4人に1人が65歳以上の高齢者となっています。今後も高齢者の人口が増加すると見込まれており、ピークを迎える平成32年には、高齢化率は33.2%、県民の3人に1人が高齢者になると予想されています。日本全体でみても高齢化は進んでいますが、愛媛県の高齢化率は全国平均を上回っていて、高齢者向け住宅や福祉・介護サービスに対する需要が高まっています。また、高齢単身・夫婦のみの世帯も増加傾向にあります。さらに、一人暮らしをされている高齢者の場合、近所に子ども世帯や親族の世帯数が1世帯もない方が15.4%、別居の子どもや親戚との交流の頻度が全くないが3.8%となっています。近所に頼れる家族がおらず、年齢が高くなるにつれて生活基盤の脆弱化、社会的孤立というリスクが懸念されています。更に、高齢者の方が亡くなった後には、故人が所有していた財産や荷物を整理、処分する遺品整理についても問題やトラブルが生じます。近所に親族が住んでいなければ、集まる機会が限られて形見分けの相談や、荷物の処分方法などの話し合いが十分に行われず、特定の人だけで遺品整理をして不満や文句が出ることがあります。また、故人との関係性が不明瞭な相手、縁が薄い相手から換金性の高い物を要求されるというトラブルも発生しています。一緒に生活をしていれば、故人が生きていた時の人間関係を把握することができますが、単身者や親族との交流が薄い方の場合は難しいため、このようなトラブルが発生してしまうのです。トラブルを最小限にするためには、遺品整理に関して知識が豊富な遺品整理士に相談をするのもいいでしょう。また、人手が足りなくて遺品の仕分けや処分が進まないといった時には、遺品整理業者に委託するという方法がとられ、需要が高くなっています。高齢者が増加傾向にある愛媛県では、いつかくるであろう遺品整理に備えて、トラブル回避の知識や整理のコツを覚えておくことも大切です。