青森県 遺品整理

青森県の遺品整理業者比較

検索結果
2社のうち1 - 2件を表示

▼特徴で絞り込む

イー・アンド・シー 「何なり屋」

遺品整理は株式会社イー・アンド・シーライフケア事業部「何なり屋」へ!

遺品整理といえば昔は遺族の方で行われるのが一般的でしたが、現在では遺品整理を専門に行う仕事があります。日本は急激な高齢化社会により、忙しい現代人のライフスタイルでは、遺族だけで遺品整理をするのは難しいため需要が高まっています。そのため、遺品整理を取り扱う事業者も年々増加していますが、現時点では遺品整理業に関する法整備が整っていないのが現実です。... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
不用品回収・リサイクル
雪かき、除雪
家事代行サービス

便利屋しあわせや/とみた運送

突然の遺品整理は遺品整理士が在籍している当社にお任せください

【遺品整理でお困りのお客様へ】 便利屋しあわせやは、遺品整理士が在籍しておりますので、故人の想いを汲みご遺族様にご納得いただけるよう、お片づけさせていただきます。急な遺品整理でどうしたらいいのか分からない、通帳や書類が見つからずに困っているなど状況に応じて対応させていただきます。また、遺品整理に伴う、不用品の回収や粗大ごみの回収だけでも承ってお... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
不用品回収・リサイクル
生前整理・老前整理
特殊清掃

条件に近いサービス

炭山装飾

炭山装飾は三河地方で原状回復をしています!

炭山装飾は、愛知県の岡崎市に本社を置き、原状回復に力を入れて取り組んでいる会社です。年中無休で営業しているため、皆さんのご都合に合わせて、柔軟に作業をすることが可能です。また味噌の生産地として有名な岡崎市はもちろん、三河地方のさまざまな市町村へと出張することができます。 【原状回復は欠かせません】 賃貸物件を引き払う際によく行われる作業に、原... 続きを読む

関連リンク
原状回復

有限会社J・Wハウス倶楽部

お部屋のことで困ったことは有限会社J・Wハウス倶楽部にご連絡ください!

借りた部屋を引き払う際には原状回復が必要になります。それは皆さまが住まわれる住宅だけでなく、店舗やオフィスに関しても同じです。住宅は、自然劣化以外の損傷を原状回復で修繕し、店舗やオフィスは全てを原状回復によって元に戻す必要性があります。皆さまがよりお部屋を装飾していれば、より原状回復をする場所も多くなるでしょう。この作業は皆さまが独力でやること... 続きを読む

関連リンク
原状回復

株式会社アクティブ

埼玉県の原状回復なら株式会社アクティブにおまかせください!

株式会社アクティブは、埼玉県の県庁所在地であるさいたま市に本社を置き、原状回復を行なっている会社です。サッカーで有名なさいたま市を含めた埼玉県内はもちろん、東京都の一部の区までも駆けつけることができます。また年中無休で営業しているので、皆さんのさまざまなライフスタイルに対応しながら作業日程を決められます。 【原状回復は大切です】 賃貸物件のお... 続きを読む

関連リンク
原状回復

便利屋しあわせや/とみた運送

突然の遺品整理は事件現場特殊清掃士・遺品整理士在中の当社にお任せください

便利屋しあわせやではお亡くなりになられた方の部屋のかたずけを行い、不用品の処分、粗大ごみの処分、特殊清掃(除菌や消臭、お炊き上げ供養等)や遺品の配達や引越など運送を致します。便利屋と運送業の当社ならではのサービス体制で突然の遺品整理等でお困りのお客様のサポートをさせていただきます。また、遺品整理だけではなく沢山のゴミの処理や重たくてどうにもなら... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
不用品回収・リサイクル
生前整理・老前整理
特殊清掃

三洋トータルサービス

三洋トータルサービスが特殊清掃をお引き受けします

【突然訪れる死】 人は生きている以上必ず死が訪れてしまうのですが、全ての人が清潔感溢れる病院でご遺族に見送られながら息絶えるわけではありません。少子高齢化と言われている日本では、近年孤独死が増えてきており、急な病気に襲われてしまって誰にも助けを呼べないまま命を落としてしまう方が多く居られます。また自殺者数も日本国内に多く、1日に100人以上が自ら命... 続きを読む

関連リンク
遺品整理
特殊清掃

近いジャンルで選びなおす

青森県の遺品整理業者を市区町村から探す

現在の日本では遺品整理にとても注目が集まっています。遺品整理とは、故人が生前使っていた家具や家電製品、衣類などを片付け、掃除を行ったりすることを言います。遺品整理と聞くと親族が故人の身の回りのものを片付け、掃除をするというのが当たり前のことでした。ですが現在ではそのことが難しくなりつつあります。その原因の一つに少子高齢化問題があります。特に地方都市では働き盛りの年齢の方達は仕事のために県外へと出ていってしまう傾向がありあす。このようなことも要因となり地方都市では高齢者が1人で生活していることも多くあります。青森県でも少子高齢化などが原因で高齢者の割合が増え、県全体の人口までも減少しつつあります。高齢者が増えることで問題視されているのが孤独死です。日本でも問題となっていますが青森県内でも年々孤独死の件数が増えつつあります。この孤独死も遺品整理の需要を高めている理由です。一人暮らしをしている高齢者の方のほどんどが頼れる身内がいない場合が多いと言われています。そのため遺品整理を専門に行っている業者が代わりに故人の身の回りのものを整理するということです。本来ならば親族が遺品整理を行うことが1番いいのですが、孤独死の場合親族を探すことも難しいとされているため、遺品整理業者が代わりに作業をすることが多くなっています。また、この案件の他に遺品整理を利用する方は多くいます。それは気持の整理をしたいときです。大切な方が亡くなると遺品整理までできないということがあります。故人のもの見ると余計に辛い気持ちが募っていくためです。そのような場合に第三者である遺品整理業者の方に入ってもらうことで、身の回りのものを整理するのと同時に気持ちの整理もすることができます。このように遺品整理を利用する理由はさまざまなです。今後も遺品整理への注目は高くなっていくことでしょう。