見つかりませんでした

該当するエリアの対応業者は見つかりませんでした。

近いジャンルで選びなおす

香川県の業者を市区町村から探す

香川県は海に隣接しており、とても温暖な気候で夏場は30度を超える猛暑となりがちな地域になります。年間を通しての平均気温も全国ランキング第14位となる16.3度を記録しています。また、豊かな自然が生活環境と調和している地域でもあります。そして、日本一小さな面積とされており、人口が全国で第39位なのに対して人口密度の方は第11位ととても密度が高い事が見受けられます。実はこれらの環境は、とても恐ろしい事態を呼び寄せてしまう可能性があるのです。それは、シロアリによる家の食害です。様々な種類が存在するシロアリですが、代表的な「ヤマトシロアリ」は比較的大人しい方であり、巣に住まうアリの数自体も2万~3万とそこまで多くはありません。しかしながら、香川県に生息しているのは「イエシロアリ」と呼ばれる種類のものもいます。こちらは世界中のシロアリと比べても、とてつもなく凶暴で、巣に集まるアリの数は多くて100万匹にも及ぶとされています。底の知れない食欲とそれによる驚異的な繁殖スピードにより、個体だけの能力だけでも脅威であるのにとんでもない数でその被害を拡大させていきます。「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」を戦わせた場合、間違いなく「イエシロアリ」が勝つだろうとされているほど。更には、「イエシロアリ」の中でも特に西日本に生息するものはより凶悪化していると言います。この様な厄介な生態を持つ種類のシロアリが、香川県全域で生息が確認されているのです。さらに香川県ならではの懸念される被害は、土地の面積が小さい事からの人口密度の高さです。密度が高ければ高い分、「イエシロアリ」は土から蟻道を介して次の住宅へ侵入する特性を活かして、次から次へと渡って簡単に被害が拡大するのが予想されます。温度、土地の環境、多くの自然、繁殖を促進させてしまう状況などから、その被害と数は増加の一途を辿ることになる可能性が高くあります。一度巣を作られてしまえば、「イエシロアリ」の巣の大きさとその数は他のシロアリとは比較にもなりません。逃げる知識に関しても優秀とされている為、対処がとても困難な生物と言われています。シロアリの被害を未然に防ぐ為には、日ごろからの積極的なシロアリへの対策が必要となります。「イエシロアリ」は主に6月~7月を活動期間としている為、活動が始まる前から活動後の8月辺りまでは特に気を付けて気を配る事が大切なのです。