雨漏り修理

雨漏り修理業者比較 目安料金について 瓦屋根の雨漏りを修理した時にかかる、1箇所あたりの目安料金となります。

検索結果
3,774社のうち3751 - 3774件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

雨漏り修理:
25,000円~
対応エリア:
全国
当サイト
最安値
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
アピールポイント
  • 生活110番の雨漏り修理では部分修理に対応しております。そのため、必要最低限の修理代金で済むので大変経済的です。
  • 長年培われた経験とノウハウによってどんな雨漏りでも対応することができます。雨漏りで困ったらまずは弊社にご相談ください。
  • 一部離島を除く日本全国どこでも対応可能です。24時間365日受付ていますのでご都合の良い時間にまずはご相談ください。
  • 生活110番の雨漏り修理では多くの修理実績を残しており、屋根や外壁、サッシからの雨漏りなど幅広い種類の雨漏りに対応しております。

部分修理で低価格!様々な種類の屋根の修理や防水工事に対応しています。

豊富な修理技術を駆使して雨漏りを素早く、丁寧に修理します!瓦屋根やカラーベスト屋根など様々な種類の屋根に対応していますので、雨漏りの際はお気軽にご相談ください。

有限会社西本地所リフォーム事業部(府中市)

所在地:
広島県府中市鵜飼町702-1

有限会社丹波木工建設(三次市)

所在地:
広島県三次市十日市西5丁目13-37

有限会社日本住宅サービス(防府市)

所在地:
山口県防府市伊佐江町3-1-1

有限会社迫田工務店/不動産事業部(山陽小野田市)

所在地:
山口県山陽小野田市大字有帆1647-1

有限会社池田工務店(宇和島市)

所在地:
愛媛県宇和島市吉田町立間2-2580

有限会社平成瓦(高知市)

所在地:
高知県高知市一宮南町2丁目8-22

有限会社神渡塗装(北九州市小倉南区)

所在地:
福岡県北九州市小倉南区長野本町4丁目9-1

有限会社水時防水工業(北九州市小倉北区)

所在地:
福岡県北九州市小倉北区熊本4丁目2-19

有限会社中村防水工事(福岡市城南区)

所在地:
福岡県福岡市城南区片江2丁目11-9

有限会社福原瓦産業(佐伯市)

所在地:
大分県佐伯市大字木立西の平924-3

有限会社瀬戸口塗装(薩摩川内市)

所在地:
鹿児島県薩摩川内市東向田町10-7

有限会社池田塗装(姶良市)

所在地:
鹿児島県姶良市西餅田1173-3

有限会社総合シークレット(宮古島市)

所在地:
沖縄県宮古島市伊良部字伊良部1433

有限会社当銘ペイント商会(豊見城市)

所在地:
沖縄県豊見城市字高安319-1

サンケイ建設(津山市)

所在地:
岡山県津山市二宮828

ナカタニホーム設備(光市)

所在地:
山口県光市大字三輪1409

ペイント久(下関市)

所在地:
山口県下関市彦島向井町2丁目10-1

シンヤア住建有限会社(さぬき市)

所在地:
香川県さぬき市志度1263-4

ハウスケア創美(丸亀市)

所在地:
香川県丸亀市土器町東6丁目1

タクミ住建(北九州市八幡西区)

所在地:
福岡県北九州市八幡西区御開1丁目13-9

ハコダ工業株式会社(筑紫野市)

所在地:
福岡県筑紫野市大字吉木1068

ブリッジ・カンパニー(春日市)

所在地:
福岡県春日市須玖南5丁目19

はら瓦商店(鳥栖市)

所在地:
佐賀県鳥栖市立石町12-251

ニチレキ株式会社熊本営業所(宇城市)

所在地:
熊本県宇城市松橋町久具1248

生活110番おすすめサービス

雨漏り修理:
25,000円~
対応エリア:
全国
当サイト
最安値
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
アピールポイント
  • 生活110番の雨漏り修理では部分修理に対応しております。そのため、必要最低限の修理代金で済むので大変経済的です。
  • 長年培われた経験とノウハウによってどんな雨漏りでも対応することができます。雨漏りで困ったらまずは弊社にご相談ください。
  • 一部離島を除く日本全国どこでも対応可能です。24時間365日受付ていますのでご都合の良い時間にまずはご相談ください。
  • 生活110番の雨漏り修理では多くの修理実績を残しており、屋根や外壁、サッシからの雨漏りなど幅広い種類の雨漏りに対応しております。

部分修理で低価格!様々な種類の屋根の修理や防水工事に対応しています。

豊富な修理技術を駆使して雨漏りを素早く、丁寧に修理します!瓦屋根やカラーベスト屋根など様々な種類の屋根に対応していますので、雨漏りの際はお気軽にご相談ください。

※一部業者情報は公開されている情報から当社独自に収集したもののため、正確性を担保するものではございません。

雨漏り修理の一括見積り・お問合せはこちら

あなたの街の雨漏り修理業者から、まとめて一括見積りを取ることができます!

お名前必須
メールアドレス任意
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容 必須
※一括見積りを取りたい内容をなるべく具体的に記載ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

※地域によって複数社のご案内ができない場合がございます。

雨漏り修理業者をエリアから探す

雨漏り修理に関する、みんなの暮らしの知恵袋

雨漏り修理について

  • 雨漏りが起こる原因

    雨漏りはその特性上、原因の解明が難しい現象です。原因が明らかになっていない状況での修理は再発のリスクを多分に含みます。それを防ぐためにも、できる範囲での点検を行ってみるといいかもしれませんね。雨は通常重力によって点から降ってくる、つまり上から下というベクトルでやってきますから、まずは屋根の点検を行うことが推奨されます。その中でも多く当てはまるのが直接原因と呼ばれる種類の雨漏りで、棟板金が浮いている、スレートがひび割れている・浮いている、漆喰が崩れてしまっている、コーキングが剥がれてしまっている、谷桶の雨仕舞いに不都合が生じてしまっている、というこれらの問題が代表的です。屋根という性質上、普段は確認することも少ないはずですから、一度の点検でまとめておこなえるといいですね。また、これらとは別に突風や強風を起因とする間接原因と呼ばれる種類の雨漏りも存在し、この雨漏り修理の際には火災保険を適用することが可能なことがあります。非常にお得な工事が可能となりますから、雨漏りを確認した際にはこれを利用できないかを考えてみるといいでしょう。築年数が20年以上で、点検も行っていなかった場合に発生する雨漏りは経年劣化によるものが理由として考えられます。屋根としての機能を失ってしまっている可能性がありますから、早急な対処をお勧めします。錆びや塗装の剥がれが確認できた場合はこれであることが多いです。パッと見で判断できるので、マメに見ておくといいでしょう。地震後に雨漏りが発生するようになった場合は地震による関節原因での雨漏りが考えられます。地震保険を適応しての雨漏り修理ができるかもしれませんから、ぜひ利用しましょう。地震保険に加入しているということは火災保険にも加入しているということになりますから、同時申請をすると円滑な手続きが行えます。別の保険だから分けて行ったほうがいいのかなと思いがちですが、実際はその真逆ですので同時に申請するようにするといいでしょう。新築なのに雨漏りが発生している場合は施行不良が原因だと考えられます。購入先の業者に連絡することで対応してもらえるはずですから、この場合は雨漏り修理に出すよりもそちらを優先させたほうがいいでしょう。築10年未満は住宅瑕疵担保責任制度によって施行・販売元の業者が無償修理をしなくてはならないと定められているからです。お客様が少しでも満足のいく雨漏り修理が望ましいですから、このような際にはそちらへ連絡することを推奨します。以上のように、雨漏り修理には利用できる制度や保険が多く存在します。雨漏りの原因によってそれは異なってきますから、定期的なメンテナンスによって原因の透明化を目指しましょう。

  • 雨漏りを引き起こす現象

    雨漏りは様々な要因から誘発して発生することが多い現象です。天井の雨漏りなのに原因は壁からであったり、結露が原因であったりとその特定は困難を極めます。「すがもれ」と呼ばれる雪による起因も考えられ、定期的なメンテナンスによってそれらをカバーしておくことが推奨されます。雨漏りはその被害が内部で進行するため、被害が視覚化した際にはその外見以上にダメージを負っていることが考えられるからです。原因が特定しづらいということは簡単に問題解決にならないということも意味しますから、早めに着手しないとズルズル引きずったまま生活を送る羽目になってしまうかもしれません。雨漏りは影響力が大きく多くの二次被害を誘発しますから、修理というより予防の動きを心がけるといいでしょう。雨漏りを引き起こす現象としては、屋根の雑草などの植物的な要因も存在します。雑草は根で水分を吸収し、それが山であるのなら貯水効果を見込むことができるのですが、屋根の場合は素通りして雨漏りの要因となってしまいます。瓦をすり抜ける媒介として機能することになるので、発見の際には速やかに抜いてください。また、植物関連でいえば積もった枯葉も雨漏りを引き起こします。落ち葉は薄いため、瓦の間に挟まる・裏に引き込まれることで水を通してしまうのです。松葉一枚での雨漏りも確認されているようですから、軽視しないようにしましょう。また、落ち葉と合わせて埃などが付着し続けることで金属製屋根材をさび付かせる原因となってしまうこともあります。さらに埃はその細かさから瓦間の隙間を埋めてしまうことがあり、逆流して吸い上げられた雨水は毛細管現象を引き起こします。多くのデメリットを持ちますから、屋根に何か異物を確認した場合にはそれの除去を考えるといいでしょう。瓦だけでなく、野地板の腐敗によってその下の軒がたわむことでも雨漏りは発生します。この場合はパッと見で判断することが難しいので、その他の屋根関係の点検と兼ねて一度にまとめて行うといいでしょう。屋根はその構造に様々な機能をもち、私たちに快適な居住空間を与えてくれています。多岐にわたる外的要因に常にさらされているわけですから、不具合の可能性も決して少なくはないでしょう。特に近年では異常気象が続き、想定外の事態が多発していますから可能性はさらに飛躍します。それに少しでも対応するために、定期的なメンテナンスで瞬時に不備を察知できるといいですね。お住まいの地域の特性に合わせた雨漏り対策をお考え下さい。

  • 雨漏りの応急処置について

    雨漏りは事態の進行によって幅広い二次被害を引き起こすという特徴を持っているので、発見した際には早急な対応が求められます。業者が来てくれるのを待っている間にも着実に事態は進行し、やっと来てくれたと思った時にはすでに雨漏りだけの被害では済まなくなっていたということも十分に考えられます。ですから、業者を待っている間にも自分で応急処置が行えるようになれるといいですね。起因が多数存在する雨漏りですが、その分個人でケアすることが可能な箇所も多数存在します。きちんとやり方を理解したうえで、正しい応急処置をマスターしましょう。まず施行箇所ですが、外気に晒されている面、つまり屋根の上を見ることが望ましいです。天井や屋根裏からのチェックは効果が薄く、被害状況を確認するだけで終わってしまうことがあるようです。やはり最大の防御壁となってくれている表面をみることが重要ですから、まずは屋根に上るところから始めましょう。屋根に上るのには当然危険が伴いますので、雨漏り対策と同時に屋根の上り方についても学びましょう。まずは梯子を用意してください。これと雨どいの支持金具を接地面とし、紐で縛れば安定感を得ることができます。ぐらついた状態で上るのはとても危険ですから、なるべく避けるようにしてください。屋根との接地面だけでなく、地面との接地面も重要になってきますから固定を徹底しましょう。第三者に協力を仰いで持っていてもらうか、紐で括るかをしておくことが理想です。また、掛ける際には角度も重要で、75度が理想的と言われています。側面にガイドラインが記載されている梯子が多いですが、それがない場合にはその他の手段で角度調整を行うようにしましょう。そして屋根に上った後の応急処置ですが、大き目のブルーシートを被せてあげるなど、屋根の表面を覆ってあげることが対策となります。被せる範囲は浸水箇所の上部がいいですが、それ以上にできるだけ広範囲に被せることができるといいです。雨漏りの浸水箇所は多岐にわたりますから、可能性を少しでも多く潰すことが目的です。また、埃や枯葉・雑草などの異物を取り除いてあげるのも有効です。排水構造を狂わせる原因にもなりえますし、それを媒介して浸水している可能性も考えられます。できる範囲でなるべく多くの掃除を行いましょう。このように、応急処置は軽く行うくらいがちょうどいいとされています。なぜなら、屋根上での作業にはやってはならない行為がいくつか存在し、それを犯してしまうと症状が悪化する原因となるからです。あくまで応急処置ですから、踏み込みすぎた作業は行わないようにしましょう。防水面、安全面ともに危険ですから、本格的な作業は業者の到着を待つことが推奨されます。

  • 新築住宅の雨漏りについて

    皆様は住居と聞いて、何を重視するでしょうか。様々な意見が予想されますが、一般的には風雨をしのぎ、安全な空間で生活をするために建設されると考えられます。ですから、それを脅かす雨漏りは本来起こってはならない事象で、設計の段階においてはそれをケアしたものが作成されています。それでも雨漏りがなくならないというのは紛れもない事実で、いかに浸水を防ぐことが困難であるかがお分かりいただけるかと思います。ただ、近年においてはそれがある要因によって引き起こされているという情報もあって、その理由の一つが新築時のトラブルです。近年の住宅は複雑で、デザイン性に重きを置いたものが増加傾向にあります。視覚的には素晴らしいかもしれませんが、それによって降雨の被弾箇所が拡大してしまうことがあるのです。水にぬれる面積が増えるということは雨漏りの分母が増えるということですから、それに伴って雨漏りが増えることはとても自然なことと言えるでしょう。また、それは雨水の処理方法にも影響していて、複雑なデザインは上から来た水をそのまま下の地面へと流すシステムに不利である場合があります。これも雨水を防ぐ機構の減少を意味しますから、それに伴ってリスクは上昇することでしょう。ただ、複雑な構造には高度な技術が詰め込まれ、うまく運用することができれば素晴らしいパフォーマンスが発揮できるというのも確かです。ですが、残念ながらそれは叶っていなく、建築コストの減少と熟練工の減少が相まって満足な建設はできていないと言う声も上がっています。そもそも建築業界は人手不足に悩まされているようで、高度な建築技術に比例した施行技術が求められているようです。コストの節約によってその現場にはどうしても相応の熟練度の足りていない職人が集まり、そのような繰り返しによって積まれた経験値は根本的な業者の技術力向上に繋がりませんから、新しい知能と技術を学べていない状態は続いていくことになります。特に雨漏りに関しての知識が不足しているのが致命的で、いくら設計上で素晴らしい構造を考えたとしても、試行段階でなんの知識も持たない業者が施行することによって発生するミスは致命的である可能性が高いです。もし不安を感じた場合は、別の業者の意見も聞いてみるといいかもしれませんね。雨漏りは発生しやすい事例で、それを防ぐために様々な構造が駆使されています。あまりにも大きな暴風雨に見舞われた場合は仕方ないかもしれませんが、そうでなくて、しかも建築して間もない時期であるのなら、その構造上になんらかの不都合が生じている可能性があります。そのようなケースで、築後10年以内であるのなら品確法によって保証がされていますから、雨漏り修理ではなく販売元の建築会社へと問い合わせてみるといいでしょう。このような事例は過去にも報告されていますから、一度目を通して参考にしてみるのもいいかもしれませんね。