石川瓦工業株式会社の知恵袋

石川瓦工業株式会社のトップへ戻る

  • 回答した知恵袋:2
  • 役に立った:0

石川瓦工業株式会社が回答した知恵袋

雨漏り修理

雨が降った時に自室の天井に雨漏りが起きます。そんなに重症にも思えないので、自分で直せるなら直してしまいたいのですが、業者にお願いした方がいいでしょうか。周囲の人に相談すると、そのくらいなら自分で直した方がいいという意見と、些細に見えても見えないところが壊れているかもしれないから業者を頼るべきという意見に分かれていて悩んでいます。雨漏り修理って軽いものでも業者にお願いした方がいいのでしょうか。

回答
回答日:2016/07/10
雨漏りの原因は様々あります。単に瓦が割れてその部分から雨水が浸入している程度であれば、交換することで簡単に問題を解決できます。しかし、その雨漏りが長年放置されていると、内部の防水紙が劣化して野地板や垂木が腐ったりしてしまいます。そのような状況であれば、業者に依頼された方が賢明と言えるでしょう。調査を依頼することで雨漏り部分の問題だけではなく、屋根全体の状況を診断してもらうことができます。普段は近くで見ることができませんが、とても重要な部分となるので、このような機会に屋根の点検もして頂いてみてはいかがでしょうか。

役に立った40

雨漏り修理

祖父母から受け継いだ古い住宅なので雨漏りが本当にひどいです。何度か修理も考えたのですが、雨漏りのひどさから費用がかさむのではないかと不安で結局放置を続けていました。でも、やはり修理した方が後々安全だと思うので、可能な一部だけ自分で修理をして、残りを業者に任せようと思っています。そこで、自分でできる雨漏り修理と、業者に頼るべき雨漏り修理を教えて頂きたいと思いました。また、雨漏り対策についても教えてもらえるとありがたいです。

回答
回答日:2016/07/09
まず、誰でも行える応急処置の方法としましてはシリコンを充てんする手法があります。割れた瓦や、雨水が浸入しそうな箇所にシリコンを充てんするように行います。しかしながら、このような修理を行った場所を後々業者の方が修理するような状況となってしまった際には、余分な経費がかかってしまいます。また、建物の状況によっても修理の選択肢はいくつかあります。既存の瓦を再工事する方法や、表面の瓦を新しい瓦に交換してしまう方法、重さが既存の半分以下となる最新の軽量瓦に交換する方法などがあります。また、部分的な修理ではなく、屋根全体の修理を行えば10年間の雨漏り保証対象となる場合もあります。

役に立った45

お問い合わせ

0276-31-4644

受付時間:8時~17時

  • ※お電話で状況お伝えいただけましたら、概算見積りをお伝えできる場合がございます
  • ※お電話の際には生活110番を見たとお伝えください