ペット火葬・葬儀

ペット火葬・葬儀業者比較 目安料金について 体重3kgほどの猫ちゃんの火葬を個別火葬(お立ち会いあり)をご依頼いただく時の目安料金となります。

検索結果
1,639社のうち1621 - 1639件を表示

▼特徴で絞り込む

生活110番おすすめサービス

ペット火葬・葬儀:
8,500円~
対応エリア:
全国
当サイト
最安値
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
アピールポイント
  • 生活110番のペット火葬・葬儀では、ペットの個別火葬・合同火葬のどちらも承っております。ご遺体の体重によって価格設定しており、追加料金の発生もないため、ご安心してご依頼いただけます。
  • ペット火葬・葬儀に関するご相談を24時間365日いつでも受け付けております。早朝・深夜に火葬をしたいという方も気兼ねなくご相談ください。
  • 北海道から沖縄までの、日本全国どこへでも受付対応できる加盟店を整えております。どの地域にお住いの方もまずはお問合せくださいませ。
  • ペット用のお墓をご用意することが可能です。ご希望のお客様へは生活110番のペット火葬・葬儀が提携する霊園をご案内させていただきます。

大切なペットを丁寧にお見送りします。

ペットのお引取りから個別火葬までお任せください。専用車にてご自宅、または指定の場所にお伺いし、火葬後骨壺をご自宅へお届け致します。

有限会社山本石材店/大津店(大津市)

所在地:
滋賀県大津市湖城が丘2-1

有限会社山本石材店/墓石センター(京都市山科区)

所在地:
京都府京都市山科区勧修寺瀬戸河原町1

浜屋株式会社明石店(神戸市西区)

所在地:
兵庫県神戸市西区曙町27

宝塚動物霊園奈良分院(葛城市)

所在地:
奈良県葛城市竹内1142

無量寺霊園(苫田郡鏡野町)

所在地:
岡山県苫田郡鏡野町入1002

夢眠園(四国中央市)

所在地:
愛媛県四国中央市土居町津根636

福岡動物敬愛舎(八女郡広川町)

所在地:
福岡県八女郡広川町大字藤田47

有限会社総合葬祭おかべ(石川郡浅川町)

所在地:
福島県石川郡浅川町大字滝輪字蔵石80

蓮昭寺(平塚市)

所在地:
神奈川県平塚市寺田縄1277

有限会社島菊花堂/かざこしホール(飯田市)

所在地:
長野県飯田市上郷黒田6493

蓼科ペットセレモどうぶつの森(茅野市)

所在地:
長野県茅野市北山6492

有限会社富士メモリアルパーク(御殿場市)

所在地:
静岡県御殿場市古沢343

眞如院名古屋ペットセレモニー(名古屋市瑞穂区)

所在地:
愛知県名古屋市瑞穂区陽明町2丁目15

和歌山動物霊園(有田郡広川町)

所在地:
和歌山県有田郡広川町大字下津木962

有限会社内田石材店(久米郡美咲町)

所在地:
岡山県久米郡美咲町打穴上2714

さんだ動物霊園(三田市)

所在地:
兵庫県三田市永沢寺211

ペットメモリー虹の橋(竹原市)

所在地:
広島県竹原市小梨町9303

ペット葬祭天使の森(小松島市)

所在地:
徳島県小松島市小松島町字領田20

ペットフレンドおおいた/西大分霊地(大分市)

所在地:
大分県大分市大字八幡下八幡3

生活110番おすすめサービス

ペット火葬・葬儀:
8,500円~
対応エリア:
全国
当サイト
最安値
  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
アピールポイント
  • 生活110番のペット火葬・葬儀では、ペットの個別火葬・合同火葬のどちらも承っております。ご遺体の体重によって価格設定しており、追加料金の発生もないため、ご安心してご依頼いただけます。
  • ペット火葬・葬儀に関するご相談を24時間365日いつでも受け付けております。早朝・深夜に火葬をしたいという方も気兼ねなくご相談ください。
  • 北海道から沖縄までの、日本全国どこへでも受付対応できる加盟店を整えております。どの地域にお住いの方もまずはお問合せくださいませ。
  • ペット用のお墓をご用意することが可能です。ご希望のお客様へは生活110番のペット火葬・葬儀が提携する霊園をご案内させていただきます。

大切なペットを丁寧にお見送りします。

ペットのお引取りから個別火葬までお任せください。専用車にてご自宅、または指定の場所にお伺いし、火葬後骨壺をご自宅へお届け致します。

※一部業者情報は公開されている情報から当社独自に収集したもののため、正確性を担保するものではございません。

ペット火葬・葬儀業者をエリアから探す

ペット火葬・葬儀に関する、みんなの暮らしの知恵袋

ペット火葬・葬儀について

  • 葬儀の種類について

    ペットと言いますと、人によっては自分の子どものような、家族の一員とおもって、とても愛情をかけられ、あたたかい絆を築いてきた存在なのではないでしょうか。そんな大切な存在が寿命を迎えたとき、供養してあげたいと望む方が多いのは当然のことかと思います。今回はそんなペット火葬・葬儀について、すこしご紹介させていただきます。葬儀と言いますと火葬と供養、骨壺のイメージかと思いますが、ペット火葬・葬儀には様々な形があります。まず、合同火葬、こちらは他家のペットと一緒に火葬され、火葬後、遺骨はすべて一緒に埋葬され納骨される場合が多く、返骨はできないことが多いようです。立ち会うことはほぼできませんので、火葬後の遺骨はどこに埋葬され、お参りはできるのかなど、しっかりと確認をとったほうが良いでしょう。次に一任個別火葬があります。ペットの火葬から納骨までを業者が一任される形で行う葬儀です。時間を拘束されませんが、対応は業者により異なります。合同火葬と同じく、火葬、納骨まで業者にお願いする形になるので、今後のお参りができるのか、どこに埋葬するのかなどの確認が必要です。立会個別火葬は、人の火葬とほとんど変わらない形での火葬ができます。火葬から納骨、埋葬場所まで見ながらできますので、一番安心ですが、その分料金も一番高い設定となっていることが多いようです。最後に、訪問火葬車での火葬です。出張火葬とも言われ、ご自宅近辺での火葬から納骨までが可能になっているものです。このタイプが近年増えているようですが、豪華さや金額は業者により幅がありますので、きちんと確認していくことが大切でしょう。以上4つがペット火葬・葬儀の主な種類です。火葬の後は、返骨、納骨施設、ペット霊園などの埋葬方法がありますが、お参りできるのかどういった形での埋葬になるのか、葬儀は総額がいくらか、きちんと業者に確認することが望ましいでしょう。家族との別れがつらいように、ペットとの別れもとても辛いものです。ペットがいなくなり、ペットロスという、ペットがいなくなった喪失感により大きく心に傷を負ってしまう方もいます。そういった傷や心残りがないようにしていくことが大切です。ペット火葬・葬儀をしっかりとし、供養してあげればきっと悲しみは癒され、一緒にいた思い出や絆を失うことなく、前を向いて生きていけるのではないでしょうか。そのためにもご家族が納得できる葬儀方法や供養の仕方を選ぶことが大切と言えるはずです。

  • 自宅での遺体の安置方法

    大切なペットが死んでしまった時、うまく受け入れられず、まだそこにいるような気持になってしまう方も多いのではないかと思います。そんな大切なペットとお別れをするための期間、ご自宅にペットの遺体を安置する方法をご紹介させていただきます。用意するものはご自宅のワンちゃんや猫ちゃんが入る大きさの箱と、タオル、バスタオルか毛布、ペットシート、保冷材です。まず、ご遺体を綺麗にしてあげましょう。ブラッシングをして毛並みを整え、タオルで口元や肛門周りを清潔にします。次に体液などの対策のために、ペットシートを床に敷き、その上に箱を置きます。そしてバスタオルや毛布を置き、綺麗にしたご遺体をいれてあげてください。最後に保冷剤や氷をタオルに入れ、頭とお腹に重点的に置き、しっかりと冷やします。夏場の場合は、エアコンなどで、低めの温度を保つことがお勧めです。ペットは大切な家族です。そんな存在を亡くした時、人は必ず心の傷を負ってしまいます。それにより、ペットロスというペットのいなくなった喪失感に耐えられずふさぎ込んでしまう人もいるのです。お別れをする期間というのは心の整理の時間でもあります。しっかりと顔を見て、今まで一緒にいてくれてありがとう、と感謝を送るのが大切なのではないでしょうか。ペットを飼うと様々なことがあるかと思います。本当に腹の立つことであったり、面白いことであったり、しかし共通して言えることは、あなたが渡した信頼の分、もしくはそれ以上の信頼をペットは返してくれます。それに報いるためにも、しっかりとお別れをし、供養してあげることが今後してあげることができる唯一のことではないでしょうか。葬儀が終わり、供養の段階になって、写真を飾ってお話したり、返骨してもらい経をあげたりと、ペットとお別れした後にもペットと一緒にいることもできるのです。さらにペット火葬・葬儀にも様々な方法があり、きっとご家族もペットも満足のいく方法がある事でしょう。悲しみにとらわれるのではなく、亡くなってしまったときは、しっかりと悲しんで、今までの感謝と思い出をもって葬儀を行い、供養していってあげることが、ペットのご家族にも大切なことではないでしょうか。そのためのお別れはとても重要です。安置の際はしっかりと顔を目に焼き付け、お別れをしましょう。大切な存在が亡くなるのはつらいです。しかし、少しでも早く、穏やかな気持ちで思い出してあげることが望ましいのではないでしょうか。

  • お骨の供養について

    ペットというと愛犬、愛猫という言葉があるように、より身近に愛情を注ぐ存在になってきているのではないでしょうか。ペットを買うといいますが、それは命に対する責任を持つという行為ですのでペットに対する環境がよりいいものになってきたのは、とても素晴らしいことなのではないでしょうか。しかし大切になった分だけ、死んでしまったときの悲しみや喪失感は大きなものになります。そうした悲しみを少しでも癒し、供養するためにペットの遺体を自宅安置しお別れを済ませて、ペット火葬・葬儀に出すという形をとる人が増えてきています。ペットは家族の一員と言われて、その葬儀の形も人の葬儀に倣ったものになってきているようです。しかし火葬した後、お骨の供養の仕方は少し違います。人の場合、お骨は墓地へと埋葬されますが、ペットのお骨はその後どうするのか、飼い主に選択権があるのです。ペット霊園に預ける、ペット霊園にあずけて少しだけ自宅へ持って帰る(分骨)、すべて自宅へつれていく。主にこの3つの選択肢から選ぶことができます。霊園での供養か、自宅での供養か選ぶことができ、さらに多くのペット霊園は定期的に合同での供養祭などが行われ、ペットを亡くされた方が一堂に集まり、経をお坊さんに挙げてもらう儀式もあるようです。葬儀の方法や霊園を決めるときは、今後の供養の仕方を考えておくことも大切です。ペット霊園と言いますと、名前は知っていてもどんなものか知っている方は多くないのではないでしょうか。霊園と言うからには納骨堂や合同墓地があり、場所によっては動物用の墓地を持っているところもあります。しかし安置法や契約の期間は霊園に異なりますので、依頼の際にしっかりと確認しましょう。次に自宅での供養についてですが、これは一部、もしくはすべてのお骨を返骨してもらい、より身近で供養する方法です。小さな骨壺の入れて祀ってあげたり、ペンダントに入れる方も増えているようです。さらに小さなお墓もあり、そこに埋葬してあげる方法もあります。大切な存在を死後もより身近に感じるために、様々な形の供養の方法があります。それにより、ペットのいなくなった喪失感や悲しみをすこしでも早く癒すことができるのではないでしょうか。それだけペットと飼い主の絆が大きく強くなってきているのでしょう。ですが、その存在が居なくなって、悲しみにとらわれるのではなく、前を向いて感謝をしながら生きていくためにも、納得のいく葬儀や供養を選ぶことが大切なのではないでしょうか。

  • 火葬できない物について

    皆様はペットを飼っているでしょうか。ペットは、古くから私たち人間のパートナーでありました。ペットとしてかわいがるのはもちろん、お互いを支え合うパートナーとして生きてきたペットたちは、古くは縄文時代から供養が行われていたようです。そして現代も、ペットはたくさんのご家庭で飼育されています。今でこそペットブームという言葉が久しく感じますが、それでもペット関連の市場は大きくなっているようです。一番の人気は犬や猫ですが、トカゲや亀といった爬虫類、インコやオウムなどの鳥類も人気を集めていますし、ペットショップにいけば多種多様なペットを見つけることができます。
    しかし、そんなペットたちもいつかは亡くなってしまいます。中には人間と同等以上の寿命を持つペットもいますが、ほとんどのペットは人間より寿命が短いです。例えば犬や猫の場合、人間にペットとして飼育されている場合の平均寿命は約15年と言われています。そのため、飼い主の多くはペットの死に立ち会うことになります。現代では、ペットを家族の一員として認識しているご家庭もあります。それだけに、ペットを亡くした悲しみは計り知れず、時には「ペットロス症候群」に陥ることで心身を病んでしまうこともあるのです。ペットロス症候群はうつ病の一種で、意欲の喪失や虚無感、更には食欲不振や倦怠感などを引き起こします。
    ペットのことを愛するほど、ペットロス症候群を発症する確率は高いと言われています。そこから立ち直るためには、ペットとの死を受け入れることが大切です。そのため、ペット火葬・葬儀が必要なのです。葬儀をあげることは亡くなったペットのためだけでなく、飼い主がペットとの死別の悲しさを乗り越えるためにも必要な儀式なのです。そのために、ペットとの最後の別れは納得できるようにしなければいけません。そこで覚えていただきたいのが、ペットを火葬する際に、その棺に入れるものです。人間の葬儀の場合と同様に、ペット火葬・葬儀でも棺に縁のある品を入れることがあります。基本的には、ペットの写真・ペットの好物の食べ物やおもちゃ・お花などを入れることが多いです。しかし、入れてはいけないものもあるのです。例えば、化学繊維を用いた製品は、黒煙やダイオキシンを発生させる原因になってしまいます。また、プラスチックやガラス、金属製品などを入れますと、変色や付着の原因になってしまいます。これらを入れてしまいますと火葬されたペットのお骨にも悪影響を及ぼしてしまいますので、入れるのは避けるようにしましょう。他にも「これは入れて大丈夫だろうか?」と思うものがありましたら、事前にペット火葬・葬儀のスタッフにご相談されるのがよろしいでしょう。悔いの無いペット火葬・葬儀を実現させてください。