カテゴリーを選択してください

  • 家のリフォーム
  • 家の掃除
  • 家の修理
  • お庭
  • 外壁・屋根
  • 鍵の修理・防犯
  • 窓・ドアの修理・防犯
  • その他防犯
  • 防災
  • 家電の修理
  • 家具・雑貨修理
  • 買取・鑑定サービス
  • 各種電気工事
  • 運送・配送
  • 便利屋・代行サービス
  • パソコン&周辺機器
  • 害虫駆除
  • 害獣駆除
  • ペット
  • 各種調査
  • 法人向け
  • iPhone修理
  • その他
  • 介護施設

←カテゴリーから選びなおす

芝張り(7ページ目)

検索結果:319

生活110番おすすめサービス
生活110番おすすめサービス
お客様の立場に立ったサービスをお届けします

芝生の手入れや芝張りなら、べた張り、目地張り、市松張りなど豊富な実績を持つ弊社にお任せください!まずは無料見積り致します。

  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
  • 女性対応可能
  • 作業外注一切なし

芝張り

平米 2,500円(税抜)~

対応エリア

全国

アピールポイント

  • 今よりもっとお庭をきれいにしたい!お庭の芝生の手入れならプロにお任せ!
  • 芝張りのおすすめ価格は1㎡あたり2,500円から。まずは無料見積りで費用を確認!
  • 初めて芝生を張るけれど、なんだか不安…そんな悩みもプロにおまかせください!
  • エアレーション・根切り・芝刈りなど、時期ごとの芝生に関するサポートも対応いたします!
生活110番おすすめサービス
生活110番おすすめサービス
お客様の立場に立ったサービスをお届けします

芝生の手入れや芝張りなら、べた張り、目地張り、市松張りなど豊富な実績を持つ弊社にお任せください!まずは無料見積り致します。

  • 低価格で丁寧な仕事
  • 365日24時間対応
  • サポート万全
  • 経験豊富
  • ご好評・高いリピート率
  • 無料現地調査実施
  • スピーディーな対応
  • 見積り後追加料金無し
  • キャンセル料なし
  • 安心の保証付
  • 女性対応可能
  • 作業外注一切なし

芝張り

平米 2,500円(税抜)~

対応エリア

全国

アピールポイント

  • 今よりもっとお庭をきれいにしたい!お庭の芝生の手入れならプロにお任せ!
  • 芝張りのおすすめ価格は1㎡あたり2,500円から。まずは無料見積りで費用を確認!
  • 初めて芝生を張るけれど、なんだか不安…そんな悩みもプロにおまかせください!
  • エアレーション・根切り・芝刈りなど、時期ごとの芝生に関するサポートも対応いたします!

芝張りの 相場

平均費用相場

0万円

※2019年11月更新。過去3年のご利用料金に基づいて算出しています。
ご利用の際の料金を保証するものではありませんのでご注意ください。

相談件数(件)

費用(円)

最新記事

カテゴリーで探す

エリアで探す

芝張りについて

  • 天然芝・人工芝のメリットデメリット

    芝草を敷き詰めて植えたものを芝生と言います。和風の庭にはありませんが、洋風の庭に作るととても映える絵になるのです。そういった庭に憧れて家の庭に芝を張ろうと場合、どの芝を使うのか考えないといけません。芝には大きく2種類あります。1つは天然芝です。文字通り、生きた芝草を使った芝生になります。そしてもう1つは人工芝です。こちらも文字通り、実際の植物を使うのではなく、人口の素材を用いています。文字面だけを見ると天然の方が高くて良さそうな気がしますが、もし選択するのならどちらの芝を利用した方が良いのでしょうか。天然芝と人工芝のそれぞれメリット、デメリットを挙げていこうと思います。まずは天然芝のメリットです。天然のものであるために、自然の感触をそのまま味わうことができます。また経年劣化をすることがなく、しっかり手入れをしてあげれば傷付いても再生するので傷も回復してしまうのです。また自然のものなので地温の上昇を防ぐこともでき、夏場に天然芝の上に寝転んでも地面がそこまで暑くないことかと思います。こうした能力がありながら、実は人工芝より料金が安い点も魅力でしょうか。しかし良いことばかりではありません。芝を維持するためには水やりや肥料やりなどの世話が必要ですし、時々刈ってあげないと不必要に伸びてしまいます。こうしたお世話をしないと、疎らに伸びている雑草地帯のようになってしまうのです。このお世話の面倒をやっても良いのなら、天然芝のメリットを得た方が良いと思われます。対して人工芝のメリットは、植物ではないので生長しない点です。天然芝と違って刈り込みをする必要もないので管理は非常に楽になります。また同じ理由で設置する場所を選ばないこともメリットと言えます。天然芝は植物であるために日向に出さないといけませんが、人工芝は太陽が当たらなくても何の問題もないために、日陰であってもしっかり芝を敷くことができるのです。1年中青々としているのもメリットと言えばメリットかもしれません。これは1年の景色が変わらないために嫌う人もいますが、1年間同じ光景を見せてくれるために好んでいる人も多いそうです。対してデメリットは、設置料金が天然芝よりも高いことでしょう。また太陽光や人が上を歩くことによって経年劣化するために、10年に1回は交換をしないといけないようです。植物ではないために夏の日には地熱をそのまま体に伝えてしまうので、夏場に寝転ぶとかなり熱くなってしまいます。どちらにもメリット・デメリットがあるので、どちらが優れているという訳ではありません。最も重要なことは皆さまに合った芝を利用されるのが1番だということです。天然芝か人工芝か、どちらが自分に合っているのかをよく見極まえて選びましょう。

  • 天然芝の育て方

    芝生には2種類あり、天然芝と人工芝のどちらかを選んで庭に敷きます。人工芝の場合は人工の繊維などを利用して作っているために世話をする必要がないのですが、実際の芝を利用して作られている天然芝はちゃんと世話をしないと綺麗な芝生にはなりません。天然芝には高麗芝や野芝、西洋芝がありますが、最も芝張りに使われているのは高麗芝です。丈夫で育てやすいのが特徴でしょう。野芝は雑草のようなので芝張りをしても庭の美観には良くないです。西洋芝は1年中緑色を保っていて、きめ細かい芝生になります。どの芝で芝張りをするかは庭の様子に合わせて選びましょう。作業はまだ終わりません。選んだ芝を芝生にしたい場所に置けば、そのうち芝生になるという訳では決してないからです。もし選んだ芝をちゃんと庭に張らせるのであれば、しっかりと条件を守って芝張りをし、根を張らせて育たせないといけないのです。まずどの時期に芝を張るべきなのかと言うと、3月から6月の間にやるべきでしょう。この時期は根が伸びやすく、また気温も高くなって芝生の生長を助けてくれます。植物にとってはより生長するための大切な時期です。こうした条件がある中で、日当たりが良い場所や水はけが良いところでないといけないのも条件になっています。そうでないと水が溜まって根腐れを起こしてしまいますし、太陽光が差さないのであれば生長することもできません。どう張れば良いのかと言えば、まず水はけの良い土を作るために下地を整えます。水はけが良い砂や山土の層を作り、その上に培養土を敷いて芝生を張るのです。この2種類の下地の上に芝を置いていきます。ちゃんとした芝生になるには3ヶ月ほど必要です。また週に1回はたっぷり水を与えるようにしないといけません。乾いてしまって根が伸びないというのはいけないので、水は芝生の根まで全て行き渡るようにしっかりと撒いておくと良いでしょう。肥料は芝の緑色が強くなった頃と2ヶ月に1回ずつ与えるようにしましょう。5月と6月に1回、7月と8月に肥料を1回与えます。こうした徹底した管理によって綺麗な芝生が完成されるのです。月に数回、芝が不必要に伸びてきた場合は刈り込んで手入れをしてあげましょう。伸ばしっぱなしにしても外観が悪くなってしまうので2センチほどの高さに刈り込みます。芝生を定着させる最初の作業からその後の芝生の手入れまで様々ありますが、これらを守るだけで天然芝が手に入るのであれば、しっかり守って庭に良い天然の芝張りをさせましょう。

  • マット芝の張り方について

    天然芝の芝張りをする場合には2つの方法で張ることができます。種を目的の場所に撒いて育てるか、または長方形の芝生であるマット芝を敷いて作るのです。種から育てるのは発芽から生長まで待たないとといけないのですが、マット芝は既に発芽して生長もある程度した芝であり、楽をしたい場合にはこのマット芝を芝張りに選ぶことが多いようです。下地の地面を作った後、敷いていくだけなので芝張りとしては楽と言えばそうかもしれません。基本的に日本の芝はマット芝か種から育てるかのどちらかであり、マット芝の場合には幾つか芝の張り方があります。ただ地面に置いていくだけではいけないのです。今回はマット芝の敷き方を説明しようかと思います。既に緑色の芝が生えているマット芝生を芝張りに利用するにも、ちゃんとやり方がありことを覚えておきましょう。張り方で一番怖いのは水はけです。もし芝生と芝生の間にある地面が十文字の状態になっていたら、その十文字の垂直に交わった線に雨水が流れてしまい、土が流れてしまいます。また根付いた芝生を剥がす原因でもあるので気を付けましょう。1番簡単なのはべた張りと呼ばれる技法です。隙間なくマット芝生を敷きますが、段を移動するたびにマット芝生も半分ずれた位置にします。マットとマットの間が十字にならないことだけは避けないといけないでしょう。他には目地張りと言い、ベタ張りの間を広くしたような芝生の設置方法ですが、こちらもベタ張り同様に、芝と芝の間が十字路にならないことだけを気を付けないといけません。こうした隙間は芝生が生長すると埋まっていくのですが、更にその埋まった状況を望む人もいます。それが市松張りと呼ばれていて、市松模様に似ているからそう言われるのかもしれません。この市松張りは1つおきに空白を入れていくタイプの芝張りであり、目地張りやベタ張りに比べるとマット芝の数がおおよそ半分になっています。ただしそれだけ芝生が育つのに時間が必要になってしまいます。空いた部分にまで生長するまでどれくらいの時期が必要なのでしょうか。空いた空間に雑草が生えてしまうかもしれないので、その点も注意しないといけません。基本的にマット芝は地面に置くことによって生長させます。置き方に種類がありますが、どれも良い方法ではないでしょうか。もし芝生マットを多く使いたくない人にとっては市松張りが人気のようですが、作業が面倒だと考える方には、ただ敷き詰めるだけというベタ張りが人気になっています。どの育て方を選ぶのは、皆さまの生活に合ったマット芝生にしましょう。

  • 人工芝の種類について

    人工芝は天然芝と比べて、管理をほとんどしなくても良いという点が非常に大きなメリットです。水や肥料を与える必要性はありませんし、光合成のために日光について考える必要性もありません。また天然芝と比べて設置が楽という違いがあります。人工芝張りをするには、まず地面の砂やホコリなどを取り除き、なるべく平らな地面にすることが肝心です。その後にどう人工芝を張っていくのかを考え、人工芝を切って形を整え、仮の状態としたら、まず一度人工芝を敷いてみましょう。しっかり敷けているかを確認し、次は接着剤で人工芝を互いに動かないようにするのです。人工芝を敷いた後は、隈なくシワやたるみなどを探します。もし途中でたわんでいる部分などがあったら、非常に見苦しい状態になってしまうのでしっかり探しましょう。何かシワがある場合はそれを正さなければなりません。これは最後に形を整える補修をするためにも重要です。こうした過程を経て、人工芝は張られます。では人工芝にはどのようなものがあるのでしょうか。人工芝はまず3つの大きな種類によって分けられます。ロングパイル人工芝、砂入り人工芝、ノンサンド人工芝の3種類です。合成繊維の人工芝が長く、クッションの役目を果たす分厚いゴムチップなどを隠しています。耐久性も強く、どのような場所であってもしっかり置けるような人工芝です。スポーツの場面で使われることが多くなっています。砂入り人工芝は表面の摩擦を弱くするための芝生です。砂が表面から内部までしっかり入っていて、この砂による摩擦で左右の移動の際に動きやすくしているのでしょう。テニスコートで多く芝張りに使われているために、人工芝は左右に移動し続ける競技には合っているようです。対して、何のクッションも置いていないのがノンサンド人工芝です。よりリアリティを追求し、本物の草のように見えることも多々あります。色々な種類の形があり、用途によって使い分けているようです。色々な使われ方をしていますが、主に景観用として扱われていて、家のベランダなどに置いてあることが多いそうです。少しでも自然を味わいたいという気持ちが働いていると窺えます。繊維の人工芝によって、もしベランダなどで遊んでいる時に倒れても、直接床や地面に倒れ込まないようにしてくれるという役目もあり、外観だけでなく実用的にも使えるのが人工芝です。主にある3種類の中で、どの人工芝を芝張りするのかを考え、人工芝を設置する場所を考えて芝張りを依頼しましょう。